取得できる資格 臨床検査学科 取得できる資格

よりエキスパートな臨床検査師として活躍するために

臨床検査学科では、高度な医療技術を基礎から習得することはもちろん、病気に苦しむ患者さんの立場に立てる人格豊かな技師の育成を行います。
一流の講師陣による講義と学内実習、また大学病院等での病院実習により、医療チームの一員として活躍するために必要な臨床検査と医学の知識を学びます。

臨床検査技師Clinical Laboratory Scientist

診断に欠かせない検査を行うスペシャリスト

修得単位数と修業年数

基礎教育分野(18単位以上)
専門基礎分野(25単位以上)
専門分野(64単位) 合計:107単位以上

修得方法と期間

必要単位修得により卒業と同時に国家試験受験資格を取得 ※3年間

将来の活躍の場

病院、保健所、臨床検査センター、製薬会社、研究室・研究所、エンブリオロジスト、治験コーディネーターなど

遺伝子分析科学認定士、心電図検定3級、毒物劇物取扱責任者、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者・統計検定3級、第2種ME技術者といった資格認定取得のサポートも行っております。

臨床検査技師がスキルアップのために取得可能な資格

臨床検査の分野は多岐にわたり、さらに専門的です。
ゆえに認定資格制度が各学会や組織で制定されており技師のスキルアップの証明として利用されています。
これらには臨床検査の現場と直結するものばかりではありませんが、豊富な知識を有する臨床検査技師として活躍の場が広がっております。

一級臨床検査士(各専門分野)/ 二級臨床検査士(各専門分野)/ 緊急臨床検査士 / 認定輸血検査技師 / 認定臨床微生物検査技師 / 認定血液検査技師 / 認定一般検査技師 / 認定心電検査技師 / 認定臨床染色体遺伝子検査技師 / 遺伝子分析科学認定士 / 細胞検査士 / 超音波検査士 / 日本糖尿病療養指導士 / 健康食品管理士 / 治験コーディネーター(CRC)/移植コーディネーター / 臨床細胞遺伝認定士 / 診療情報管理士 / 不妊カウンセラー・体外受精コーディネーター / 認定臨床エンブリオロジスト / 第1種・第2種ME認定実力検定試験 / 臨床ME専門認定士 / 医療情報技師 / 第一種・第二種消化器内視鏡技師 / 核磁気共鳴(MR)専門技術者 / 平衡機能検査技術者 / 聴力測定技術者 / 感染制御ドクター / 血管診療技師 / 健康運動指導士・健康運動実践指導者 / 心臓リハビリテーション指導士 / 認定サイトメトリー技術者 / 一級動物実験技術者 / 認定認定化学者 / 認定マススクリーニング学会認定技術者 /統計検定3級 / 第2種ME技術者 など (※なかには4年制大学を卒業した者にしか取得できない資格もあります。)

資格取得支援

臨床検査学科では、入学時の学びの意欲をのばし、臨床検査技師としての専門性を高めるために、資格取得(民間資格および国家資格)を支援したり、高い就職率を保つ為の就職におけるキャリア支援を導入しております。

遺伝子分析科学認定士 この資格は遺伝子分析科学分野における専門知識および高度な技術に対応できる遺伝子分析科学技術者の育成を目的としており、認定試験は年1回行われ、遺伝子検査学研究室を中心に特別カリキュラムで支援しています。
毒物劇物取扱責任者 臨床検査の検査室によっては毒物や劇物を使用しますが、学内の授業で薬品の危険性や使用方法を学びます。この資格を取ることにより、より確実に危険性を回避する知識を得ることになります。
取得を希望する学生に対して、取得のサポートをしています。
特定化学物質及びアルキル鉛等作業主任者 特定化学物質を扱う現場で、作業者が特定化学物質に汚染されないよう作業環境の改善、作業方法などを指導したり、局所排気装置や除塵装置などの設備の点検、保護区使用の監視などを行う専門家を認定する厚生労働大臣認可国家資格です、それらを特に使用する病理検査室などに数名取得者いる場合があります。
スキルアップ支援 卒業後、上位の検査技術資格を取得したい場合も相談下さい。機器の借出を行っています。働きながら夕方本学に来て認定試験のための実習を受け入れています。
Top