COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

授業が始まりました(食品学実験)

入学式が終わり2日間のオリエンテーションを経て、4月6日より授業が始まりました。

初日ともあって少し緊張した面持ちで、実験室における諸注意や器具の使用方法を学びました。

「大学では自ら課題を見つけて勉学に励むように」と言う教員の言葉を受け、背筋を伸ばして臨んでいる姿がみられました。

立派な栄養士になるための第一歩をみな揃って踏み出すことが出来ましたね。

クラブ報告「中野区民ソフトボール大会」

ソフトボールサークルは、4月2日(日)、中野区ソフトボール大会スローピッチの部に参加しました。

一試合目は引き分け、二試合目は勝利しました。

今後は、さらに練習を重ね、チームを強化していきます。

試合には、顧問の先生も参加し、楽しい時間となりました。

 

おおおおおお

 

新入生歓迎会

 

学友会主催による新入生歓迎会が4月5日に行われました

 

伝統のお弁当と、パウンドケーキ、学友会とサークルに

よる一からの手作りのランチです 朝から作りました

先輩から後輩へ、心からのおもてなしです

 

改めて、新渡戸文化短期大学へようこそ ご入学おめでとう

平成28年度卒業式・修了式

 

平成29年3月10日

光まぶしい、穏やかな春のよき日に

平成28年度卒業式、修了式が執り行われました。

 

2年間、3年間を共に過ごした仲間と、

懐かしい学び舎から旅立ちました。

 

4月からは社会人として、それぞれの分野で、

新たなスタートとなります。

 

おめでとうございます

 

生活学科 食物栄養専攻:栄養教育実習Ⅰ「新渡戸文化小学校 給食見学 その2」

昨日に続き2回目です。

今日の献立は『キャロットライス、野菜入りソーセージ、水菜とごぼうのデリ風サラダ、ABCスープ、カルピスゼリーみかんソース』です。

野菜たっぷりの魅力的なメニューに新渡戸文化小学校の栄養士さんがご指導下さいました。

どのクラス、どの学年でも大変喜ばれました。「栄養士」に一歩近づいたうれしい一日となりました。

KO

生活学科 食物栄養専攻:栄養教育実習Ⅰ「新渡戸文化小学校 給食見学」

食物栄養専攻1年生が栄養教育実習Ⅰの授業で、小学生対象の給食献立を作成しました。

その中から選ばれたメニューが新渡戸文化小学校の給食で今日提供されました。

献立は『ちゃんぽんうどん・ほうれん草のごまあえ・お芋あんの白玉団子・牛乳』です。

鶏ガラから1時間半かけてスープをとり、豆乳、白味噌で仕上げた旬の野菜たっぷりのちゃんぽんうどんは大人気でした。

お芋あんの白玉団子もすべて手作りで1300個丸められました。

給食時の教室訪問では、献立の感想や好きな献立などたくさんお話ができ、

「おいしい」とみなさんが笑顔を返してくれ、うれしい機会になりました。

私たちの仕事の先には喜んで下さる人が待っています。

たくさんの方々に喜んでいただけるよう、さらに力をつけていきたいと思いました。

KO

生活学科 食物栄養専攻 「2年生による校外実習体験報告会」

後期試験も終わり、食物栄養専攻1年生は、いよいよ校外実習に向けての
準備が始まります。
病院、高齢者福祉施設、学校、保育園、心身障がい児療育施設、工場・事業所等々
栄養士の活躍の場は多岐にわたり、実習先もさまざまです。
今回はすでに校外実習を終了した2年生から実習体験を聞き、
校外実習での学びについて考えることが目的でした。
2年生はとても頼もしく、1年生は「自分のこれから」について
考えるよい機会になりました。
ko

Happy Wedding Cake

 1月11日(水)の製菓・製パン実習の授業で学生たちはウェディングケーキ作りにチャレンジしました。
昨年9月からパティシエの先生方からご指導受けた成果をケーキに込めることが条件でした。
まず各自がデザインしたケーキをレポートにして持ち寄り、それぞれのアイデアをまとめて班のケーキを考え、最終日の授業で形にしました。
3時間の限られた授業時間内にスポンジケーキを焼き、飾り付けのクッキーやチョコプレートにHappy Weddingの文字を書き、フルーツの飾り切り等々すべて手作りしました。想定通りに段取りできた班、想定外のことが起こり、そこからリカバリーした班など、9班(受講生54名)のそれぞれの想いが込められたケーキです。
仕上がったケーキの前の学生たちの笑顔は、ケーキの華やかさに負けない輝きを放っていました。

栄養士キャリアアップ講座 プロに学ぶ料理実習⑩

食物栄養専攻の2年生は、12月13日(火) に、ブルーノート東京・丸の内レゾナンスでシェフをされている長澤宜久先生にご指導を受けました。メニューは、『鶏もも肉の香草パン粉焼き、グラタンドフィノワーズ、人参のフォンダン、クラムチャウダー、イチゴのムース』です。鶏肉は表面を焼いてからマスタードを塗り、香草入りのパン粉をのせてグリルでこんがりするまで焼きました。人参のフォンダンは人参をオレンジジュースで煮て香りとつやのいい甘煮にし、イチゴムースは泡立てた生クリームにイチゴのピューレ混ぜて滑らかな食感のデザートに仕上げました。プロならではの食材の下処理や加熱方法を学ぶ実習となりました。

9月から実習が始まり、毎週火曜日にプロ方々にご指導を受け、様々な料理を作ってきましたが今回が最後の実習でした。学生たちは料理する心と技を磨くいい機会となりました。ご指導いただきました先生方ありがとうございました。

栄養士キャリアアップ講座 プロに学ぶ料理実習⑧

 

食物栄養専攻の2年生は、11月29日(火) に szechwan restaurant 陳 の副料理長の井上和豊先生と一緒にランチを作りました。

メニューは、青椒肉絲炒麺(チンジャオロースあんかけ焼きソバ)、焼売(特製シュウマイ)、酸辣湯(スーラータン)、椰香西米露(タピオカ入りココナッツミルク)の4品です。

青椒肉絲炒麺の中華そばは、蒸して、ゆでて流水でぬめりを除いて、直前に焼いて提供し、焼売は300個近くを成形しました。酸味と辛味が絶妙の酸辣湯の調味方法、タピオカのゆで方、ココナッツミルクの扱い方、グレープフルーツの房とりと果肉のほぐし方など多くのことを教わりました。

井上シェフは指導の傍ら学生たちに中国料理の魅力を話してくださり、料理作りに対するシェフの熱意に学生たちは感動していました。

 

 

ページの先頭へ戻る