COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

生活学科 食物栄養専攻 栄養教育実習Ⅰ

今回は「栄養教育の実演」2回目。各クラス4グループが取り組みました。
今後、栄養士として子どもからお年寄りまで、対象者に応じた栄養の課題に
関わっていくために必要な力をつけることが実演の目的です。

「発表」ではなく「実演」
今回はこの点にもこだわりました。
対象者を前に、なるべく原稿を見ずに
自分の言葉で伝えることを各自が大事にしました。
それぞれのテーマや対象に適した媒体を準備し
各グループ20分の実演に熱が入りました。  
今までの学びを発展させる良い機会になりました。
KO

Happy Wedding Cake

 1月11日(水)の製菓・製パン実習の授業で学生たちはウェディングケーキ作りにチャレンジしました。
昨年9月からパティシエの先生方からご指導受けた成果をケーキに込めることが条件でした。
まず各自がデザインしたケーキをレポートにして持ち寄り、それぞれのアイデアをまとめて班のケーキを考え、最終日の授業で形にしました。
3時間の限られた授業時間内にスポンジケーキを焼き、飾り付けのクッキーやチョコプレートにHappy Weddingの文字を書き、フルーツの飾り切り等々すべて手作りしました。想定通りに段取りできた班、想定外のことが起こり、そこからリカバリーした班など、9班(受講生54名)のそれぞれの想いが込められたケーキです。
仕上がったケーキの前の学生たちの笑顔は、ケーキの華やかさに負けない輝きを放っていました。

児童生活専攻 授業報告「教職実践演習」⑤

ついに、児童生活専攻で製作していたダンボール作品の完成発表会を行いました(12月23日)。

出来上がった作品が保育実践の中でどう生かされるのか、子どもの興味をどう広げることができるのか、安全性は確保できているのか、様々な観点からグループでの話し合いも行われました。

 

おお おおおおおお

おお おおお

 

生活学科 食物栄養専攻 体の構造・機能学実習

体の構造・機能学実習(解剖生理学実験)では、ヒトの体のつくりやはたらきについて、実習を通して学んでいます。

 

今回は、味覚に関する実験を行いました。

まずは一人ひとりの味覚の鋭敏さを調べる実験から。5つの味(甘味・塩味・酸味・苦味・うま味)について、それぞれ濃度の薄い溶液から順に味わい、どの濃度で味を感じるかを明らかにします。とても薄い濃度でも味を感じる人、濃度の高い溶液でももなかなかわからない人、いろいろな学生がいましたね!人ぞれぞれ味に得手・不得手があることを理解しました。

 

ギムネマ茶とミラクルフルーツは、後で食べるものの味を変えてしまうという不思議な作用があります。チョコレートやレモンの味があまりに変わってしまうので、実験室のあちこちから悲鳴のような声が・・・!なぜそのようなことが起こるのか、これから各自調べ、考察をしてレポート作成に臨みます。学生の皆さん、がんばりましょう!! CK

生活学科 食物栄養専攻 食料経済

食生活の変化が急速に進む中、新しい商品が販売され、新しいお店が展開されています。食料経済の授業では毎回学生が、興味や関心のある商品やお店を選び各自プレゼンテーションを行い、消費のしくみやしかけに理解を深めています。

回は「スイーツパラダイス」のラーメンケーキ、天津飯ケーキなどの駅前食堂シリーズを試食。写真はラーメンに見えますが実はケーキ。
そしてもう一店は中目黒の「Potager」野菜ケーキで有名なお店です。一番人気のグリーンショートトマトやゴボーショコラ、ネギシフォンなどなど8種を試食。ケーキもいろいろな切り口があることを実感した機会となりました。ko

_

児童生活専攻 授業「乳児保育Ⅰ」

先日の「乳児保育Ⅰ」では、赤ちゃん人形を使って「おんぶ」の練習をしました。

今回は、「おんぶひも」での練習の他に「さらしおんぶ」にも挑戦です。

5メートルのさらし1本であかちゃんをおぶいます。

一人ではなかなか自分の背中に赤ちゃんを乗せられないこと、中腰にならないと赤ちゃんが落ちてしまうこと、最後にきゅっと締めないとさらしが緩んでしまうことなど、様々な難しさも体験しながら「おんぶ」のコツを学びます。

0歳児クラスの保育者になったことを想像しながら、真剣に取り組む学生たちの姿が見られました。

 

おおおおお おおお

おお おおおおおお

 

専攻科 児童生活専攻 保育実践演習発表会

保育実践演習では、各学生がそれぞれのやりたい保育・教育に関するテーマについて、1年間かけて研究していきます。

12月20日(火)は、その研究の成果を披露する保育実践演習発表会でした。

研究方法は、文献、調査、実践、教材開発など様々です。

各学生は、研究テーマをパワーポイントやプリントにまとめ発表しました。

緊張しながらも一人一人の発表は素晴らしいものでした。

 

【研究テーマの発表】

おおおお

 

【教育学研究室の学生と中央に教員】

 

 

 

 

生活学科 食物栄養専攻 栄養教育実習Ⅰ

今回は「栄養教育の実演」に各クラス3グループが取り組みました。
今後、栄養士として子どもからお年寄りまで、対象者に応じた栄養の課題に
関わっていくために必要な力をつけることが実演の目的です。
小学生を対象にペープサート、紙芝居、寸劇等を準備し
わかりやすい、見やすい教材を活用しながら各グループ20分の
実演に熱心に取り組みました。KO

クリスマス会が開催されました

学友会主催のクリスマス会が、第2カフェテリアで開催されました。
このクリスマス会は、学友会1年生のデビューでもあり、初めて
1年生だけで企画から準備、運営を行いました。

楽しい交流の時間となるよう、悩みつつ準備を進めてきたかいがあって、
ピザやから揚げを味わいつつ、ビンゴゲームで盛り上がりました。

栄養士キャリアアップ講座 プロに学ぶ料理実習⑩

食物栄養専攻の2年生は、12月13日(火) に、ブルーノート東京・丸の内レゾナンスでシェフをされている長澤宜久先生にご指導を受けました。メニューは、『鶏もも肉の香草パン粉焼き、グラタンドフィノワーズ、人参のフォンダン、クラムチャウダー、イチゴのムース』です。鶏肉は表面を焼いてからマスタードを塗り、香草入りのパン粉をのせてグリルでこんがりするまで焼きました。人参のフォンダンは人参をオレンジジュースで煮て香りとつやのいい甘煮にし、イチゴムースは泡立てた生クリームにイチゴのピューレ混ぜて滑らかな食感のデザートに仕上げました。プロならではの食材の下処理や加熱方法を学ぶ実習となりました。

9月から実習が始まり、毎週火曜日にプロ方々にご指導を受け、様々な料理を作ってきましたが今回が最後の実習でした。学生たちは料理する心と技を磨くいい機会となりました。ご指導いただきました先生方ありがとうございました。

ページの先頭へ戻る