COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

臨床検査学科:オープンキャンパスレポート!

6月25日 臨床検査学科のオープンキャンパスを開催しました!

たくさんの方においでいただきました。ありがとうございました。

 

今回の体験実習は、血液検査と超音波検査でした。

今日は超音波検査をピックアップしてご紹介します!

 

本学では病院で使っているのと同じ最新機器で体験実習を行います。

教員のレクチャーの後、被験者の方の心臓をエコーで観察しました。

みなさん上手に機械操作をしていて、画面には僧帽弁(そうぼうべん)が動いている様子がきれいに映し出されました。

難しかったけど貴重な体験にみなさん楽しそうでした。

 

また、オープンキャンパスの最後には授業を終えたばかりの在校生が飛び入りし、参加者のみなさんとおしゃべりしました。

みなさん不安に思っている受験勉強のことや、一人暮らしの実体験、授業は大変ですか?などなど、色んなことを質問されていたようでした。

 

次回の臨床検査学科オープンキャンパスは7月23日(土)に開催します。

今回とはまた違う体験実習をご用意してお待ちしています。

【微生物検査】~色々な菌を顕微鏡でみてみよう~
【血液型検査】~ABO式血液型検査法を体験しよう~

 

また、学生スタッフも参加してのキャンパスツアーやトークコーナーを実施します。お楽しみに!    Y.K

 

生活学科:ベジブーケ講習会

今日は「こぶしの木」の並木千明先生に「ベジブーケ」を教えていただきました。ブロッコリー、なす、みょうが、ヤングコーン、ミニニンジン、ししとう、しめじ、エリンギ、じゃがいも、ミニトマト、10種類の野菜を使って花束に♡♡♡

食物栄養専攻、1、2先生と児童生活専攻・専攻科生40名の参加でした。夏のオープンキャンパスで「ベジブーケ」をご紹介しますので、是非、ご参加ください。

K.O

生活学科:食物栄養専攻 栄養士キャリアアップ講座『冨澤農園~商品化に向けて~』

今日は冨澤農園の冨澤先生を学校にお迎えし、農園で収穫される野菜の商品化についてグループワークをしました。5/20(金)、6/24(金)のブログも合わせてご覧ください。

5月と6月に農園に伺わせていただき、たくさんの野菜の話を聞き、勉強をさせていただきました。話の中で収穫した野菜の中には、美味しさは何も変わらないのに、見栄えのみが悪く、店頭に並べられないものも多くあることを教えていただきました。加工のアイデア1つで“0”の価値の野菜を“100”の価値あるものに変えることができるのだということも教えて下さいました。

今日は野菜の商品化に向けてのアイデアを出し合い、話合い、各グループで出されたアイデアをプレゼンし、実際の商品化に向けてスタートしました♪野菜を使ったさまざまなアイデア商品が学生たちから発表されましたが、商品の中身は次回のお楽しみ♪

授業の最後に冨澤先生のご厚意で新鮮な枝豆をいただき、またまた笑顔あふれる学生たちでした。今日も充実した授業となりました♪

M.N

児童生活専攻 基礎ゼミ「エプロンシアター」

児童生活専攻1年生の「基礎ゼミ」では、尾崎先生をお招きして「エプロンシアター・ポケットシアター」の授業を行っていただきました。

お話に出てくるものや登場人物をエプロンに張り付けたりはがしたり、ポケットから何かを出したりひっこめたり・・・

様々な様子に学生の目は釘付けになっていました。

エプロンシアターの演技方法、作り方なども教えていただきました。

学生からは、「おもしろい」「作りたい」「やってみたい」という声が聞こえ、非常に楽しい時間となりました。

 

児童生活専攻 1年生 SLP実技試験!

児童生活専攻1年生の初めてのSLP(Student Life Plan)の試験を実施しました。

対象年齢を想定した題材選び、人前で披露するための練習を繰り返し本番にのぞみました。保育者として子どもに読み聞かせをするその日まで、得意な題材を沢山自分のものにしていきましょう。

(S.K.)

児童生活専攻 基礎ゼミ「絵本の楽しさ」

本日(6/21)児童生活専攻の基礎ゼミ(1年生対象)において、1年生に「絵本の楽しさ」を伝えるため、ポプラ社の堀玲子先生にお越しいただき、絵本についてのお話と読み聞かせをしていただきました。絵本の読み聞かせの時には、本学の非常勤講師をされている村山祐季子先生に絵本にあった曲を弾いていただき、皆、絵本の世界に引き込まれていきました。

笑えるお話から泣けるお話まで多くの読み聞かせをしていただき、堀先生の「おまえうまそうだな」のお話しに合わせて、村山先生が作曲された「おまえうまそうだな」のための曲を聞きながら、多くの学生が涙していました。

楽しいお話で大笑いできる、悲しいお話で大いに泣けることも保育者としてとっても大切なことではないかと感じました。

授業の終わりには、学生たちが、堀先生が持ってきてくださった数々の絵本を手に取りながら、「これ知ってる。」「小さい時に読んだことがある。」など、絵本との思い出を口にしていました。

授業ではありますが、とても楽しいひと時でした。

(E.I)

 

専攻科 児童生活専攻:芸術鑑賞会「アラジン」

6月10日

劇団四季「アラジン」を汐留電通劇場「海」に観に行きました。

前期の授業「音楽表現の指導法」で取り掛かっているオペレッタ制作へ、大きな影響を受ける機会となりました。

学生からは・・・

「プロの素晴らしい演技で、その世界観に惹きこまれた。感動した。」

「オペレッタの授業を受けながら見ることができたので感動もひとおしだった。」

などの声があがっています

 

専攻科 児童生活専攻:保育実践演習(ゼミ)報告(幼児教育研究室より)

幼児教育研究室では、駐日クロアチア共和国大使館を訪問し、

ユネスコ無形文化遺産に登録されているザゴリエ地方の木製玩具や、クロアチア文化について学んできました。

ドラジェン・フラスティッチ大使より、玩具の由来やクロアチアの歴史、子どもを取り巻く文化についてお話をうかがいました。

昔から各家庭で手作りされている玩具はどれも味わいがあり、どこか「ほっとする」ようなものばかりでした。

また、民族衣装を見せていただいたり、クロアチアの美味しいパンをいただいたりと、素晴らしいひとときを過ごしました。

クロアチアの温かなおもてなしを受けるという経験も貴重で学びとなりました。

生活学科:食物栄養専攻 栄養士キャリアアップ講座『子どもも大人も楽しめる体操ゲーム』

今回の「医療と福祉」「健康と運動」コースの栄養士キャリアアップ講座は、斉藤美智子先生による『子どもも大人も楽しめる体操ゲーム』の授業でした。

健康を維持し生活の質を高めるための「あそびの必要性」を学びつつ、幅広い年代の方々とコミュニケーションをとるためのさまざまな体操ゲームを教えていただきました!

体を使ったたくさんのあそびに、つい熱中!!笑い声の絶えない楽しい授業となりました♪ CK

臨床検査学科:先輩が語る!就職ガイダンスを開催しました! 

6月11日 3年生を対象とした就職ガイダンスを実施しました。

 

講師には、今春卒業したばかりの方から卒後20年以上のベテラン先輩まで、8名の卒業生を迎えお話を伺いました。

大学病院勤務の方や、細胞検査士や胚培養士といった更なる資格をとって活躍している方など、様々な角度からの経験談をお話下さいました。

これから就職活動本格化する学生に向けて、どのような職種・分野があるか、就職試験に向けての準備、病院側が望む人物像などについて、また学生時代の勉強方法を伝授してくれた方も。

 

どなたも共通してお話されたのは、自分のやりたいこと、なりたい将来像を明確にすること。そしてそれに向けて努力するのは今だ!ということでした。

そして先輩方も就職がゴールではなく、更なるスキルアップを目指して今も勉強中なのでした。

 

 

今後のオープンキャンパスでは、本日登場してくれた卒業生を迎えたスペシャルコーナーも企画中です。

詳細や日程が決まり次第、ホームページやLINEでお知らせします!お楽しみに!!     Y.K

 

ページの先頭へ戻る