COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

専攻科 児童生活専攻:保育実践演習 報告 (保育学研究室)

「多文化保育」の学びを深めることを目的に、日本で子育て中の外国人をお呼びしてお話を聞きました。

今回は、シリアから来日中のお母さんに、幼稚園や子どもの風習、そして現在の状況も含めて語っていただきました。

シリアが少し身近に感じられたひとときでした。

 

生活学科 食物栄養専攻:基礎ゼミ 「2年生に学ぶ」

本日の基礎ゼミは病院や特別養護老人ホームでの校外実習を終えたばかりの2年生、6名から話を伺いました。

1年後に経験することになる実習についての課題や取り組み、来週から始まる前期試験にむけてのアドバイスや今後の学生生活の過ごし方など、温かな気持ちいっぱいのメッセージでした。1年生、2年生共にいい時間になりました。

K.O

専攻科 児童生活専攻:保育実践演習 報告 (教育学研究室)

 

本日(7月18日)、教育学研究室の教員・ゼミ生で、練馬区にある「ちひろ美術館」に行ってきました。

いわさきちひろさんは、「子ども」を生涯のテーマとして描き続けた人です。

彼女の生涯、たくさんの絵、解説、絵本に触れ、「学び」が深まりました。

 

 

臨床検査学科:先輩に学ぶ

7月9日  3年生の『検査総合管理学』の講義がありました。

 

本日の講師は、獨協医科大学病院・感染制御センター 奥住 捷子 先生をお招きしました。

奥住先生は本学(当時は東京文化医学技術学校)を昭和37年に卒業された私たちの大先輩です。

 

東京大学医学部附属病院にて勤務され、現在でも獨協医科大学病院にて、研究や検査、後進の指導にとご活躍されています。

そんなパワフルな奥住先生の本日の講義テーマは「臨床微生物検査学の面白さ・やり甲斐」

 

まずは先生の学生時代のお話からです。

 

現在は5か月間の病院実習ですが、その当時は1年間にわたり行っていました。

それぞれの検査室には変わった先生もおられたようで、病理学教室の真夏の解剖などでは、ステテコに下駄という出で立ちの先生が解剖を行っていたそうです。今では考えられませんが、まるでドラマに出てくる名物先生のようですね。

 

そんな中、微生物検査学に興味を持たれた奥住先生はその道に進むことになられた様子です。

 

当時は何から何まで手作業でしたし、危険性がまだ認識されていないことも多かったようです。

ピペットを口を使って吸引する作業などでは感染する事故も起きたそうですが、諸先輩方が敷いてくださったレールがあればこそ、現在ではその危険性を認識して安全に注意した検査が行われています。

 

最後には「失敗にくじけず、自分の仕事に自信を持って」と締められました。

現在、病院実習で日々がんばっている学生たちにはとても心強いお言葉だったのではないでしょうか。

 

普段はなかなかお会いすることのない、大先輩から貴重なお話を伺うことができました。

学生たちもこのような大先輩に続いてほしいものです。        Y.K

 

専攻科 児童生活専攻 オペレッタ公演

本日7月14日(木) 近隣のW保育園にてオペレッタ公演を行いました。

0歳から6歳の100名近い子どもたちが、指をさしながら「あれ?」「うわー!!」と声を上げながら45分間程、びっくりするほど集中して観てくれました。

園長先生はじめ先生方からもお褒めの言葉とエールを送っていただきました。このオペレッタは、専攻科生たちのアイデアがたくさん詰まったオリジナル作品です。

本日を皮切りに幼稚園や10月の新渡戸祭(学園祭)など全7公演を予定しています。ぜひ、多くの方々にご覧いただきたいです。

 

 

 

 

生活学科:夏のオープンキャンパス ランチメニューを試作しました!

7/24(日)、31(日)、8/6(土)、9(火)、19(金)、20(土)に行われる夏のオープンキャンパスでは様々な内容を企画しております!その1つとして、この期間中は学内のカフェテリアにて、手作りランチを無料で提供させていただきます♪

初回の7/24(日)のメニューは、

☆えびとアボカドのタルタルサンドイッチ、ツナとキャロットラペのサンドイッチ

☆フレッシュコーンの冷製スープ

☆夏野菜のチーズ焼き

☆マンゴー&ココナッツプリン~パインソース~

☆ドリンクバー

です!サンドイッチは野菜たっぷり、スープは生のとうもろこしを蒸して使い、とうもろこし自体の甘味が効いています。デザートは夏にぴったりなマンゴーとココナッツの二層プリンに手作りのパイナップルソースを添えます♪

現在オープンキャンパスに向けて試作、準備中です!この他にも様々な企画がありますので、ぜひ、オープンキャンパスにご参加いただき、ランチも召し上がっていただけたらと思います!

皆様のご来校をお待ちしております!

※他の日は別のメニューとなります。随時、ホームページに掲載していきますのでご覧ください。また、数に限りがあります。先着順となりますので、ご希望の方はお早めにお越しください。

生活学科 食物栄養専攻 フードコーディネート論

今回のフードコーディネート論では有名女性誌のオンライン版などでご活躍のフードライフコンサルタント金子祥子先生にお越しいただき「想いが伝わる“コンテンツ”を作る方法」と題して「伝わるフード写真」の撮り方のコツを教えていただきました。野菜一つ、コンビニのサラダやシュークリームでも、お皿選び、盛り付けの工夫、クロス選び、自然光や厚紙で作った手作りのレフ版を使ってスマホやデジカメでも素敵な写真が撮れることを学びました。教室のあちこちにミニスタジオができ、楽しい撮影会を体験することができました。

R・H

 

専攻科 児童生活専攻 芸術鑑賞会

今年度3回目の芸術鑑賞会に国立劇場まで出かけました。

会場は、他大学生や高校生で満席の中、坂東新悟さんによる「歌舞伎のみかた」の解説が始まり、伝統芸能の世界に誘われていきました。

 

 

専攻科は7月14日(木)、21日(木)に近隣の保育園にてオペレッタの公演を実施します。

生活学科:食物栄養専攻 基礎ゼミ『自分のキャリアプランを考える』

今日の基礎ゼミは、「キャリアプランを考える」をテーマに、保育園、病院、社員食堂の栄養士として活躍されている3名の卒業生にご講演をいただきました。

 

皆さんの今の仕事内容、栄養士の仕事のやりがいや大変なことばかりでなく、学生時代の過ごし方や勉強の仕方、就職活動などについてもたくさんのアドバイスをいただきました。

1年生は、一言たりとも聞き逃さないように、まさに真剣そのもの。90分間、集中して耳を傾けていました。

 

入学してから3か月半。やっと授業や勉強に慣れてきたところですが、素敵な先輩方のとても立派な姿に、自分が栄養士として働く将来の姿を重ね、あらためて「がんばろう!!」と気を引き締める機会となりました。C.K

 

生活学科:食物栄養専攻 栄養士キャリアアップ講座「保育園の離乳食・アレルギー除去食」講習会

今年も杉並区立保育園の栄養士の先生にお越しいただき、「保育園における離乳食・アレルギー除去食」の調理実演を含む実習指導をしていただきました。保育園での食事への細やかな配慮に学生達は驚きの声!学生の感想を一部分をご紹介します。「離乳食の作り方などを教えていただき、圧力鍋で軟らかくしたり、じゃがいもやにんじんをすりつぶしたり、とても大変だと思いました。試食では味がとても薄く、はじめて食事をする赤ちゃんの味付けがよくわかりました。」「食材の大きさを少し変えるだけでその子に合わせた食事提供ができたり、もっと学んでいきたいと思いました。」「この一食がその子のはじめての食事、食べ物だったりするので、丁寧に心を込めて作りたいと思いました。」などなど、家城先生、安田先生、今年も貴重な体験をありがとうございました。M.N

ページの先頭へ戻る