COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

生活学科 食物栄養専攻:給食管理実習Ⅰ

今回の2年生の給食管理実習Ⅰの献立は『ごはん、エビとチンゲン菜の炒め物、中華風サラダ、きのこの中華スープ、焼き柿』です。
エビとチンゲン菜の炒め物はにんにくをきかせ、中華風サラダはラー油でピリッと辛味をつけた料理に仕上げました。
きのこの中華スープは、きのこと生姜が入ったあっさりスープに仕上げました。
焼き柿は旬の甘い柿を焼くことで、さらに甘さを引き出し、仕上げにシナモンをかけました。
味にメリハリのある本日の献立を食べてくださったお客様から「美味しかったです!」とお声をいただき、
学生たちは嬉しそうに大きな声で「ありがとうございます!」と答えていました。(R.M)

臨床検査学科:クリスマスパーティー★彡

12/9 臨検学科でクリスマスパーティーが開かれました。

企画から準備、当日の進行まで学生が主体となって行います。

 

テーブルの上には美味しそうなお料理が並び、1~3年までの全学年が集いました。

音楽部によるバンド演奏、有志によるダンスが披露され、とても盛り上がりました。

みんなこの日のために忙しい勉強の合間を縫って、練習を重ねたようです。

最後にはケーキでしめくくり。

 

いつも授業や実習、レポート提出に追われている学生達も楽しいひとときを過ごしました。

k.y

東京逓信病院クリスマス会

12月8日(金) 飯田橋にある東京逓信病院クリスマス会において、

授業「声楽」受講者+有志のメンバーで、トーンチャイム演奏も交えたクリスマスソング数曲と、日本の唱歌メドレーを演奏しました。

会場には200名の病院利用者や医師や看護師などが集い、

時には微笑んだり、涙を浮かべたり、リズムを取りながら耳を傾けてくださいました。

 

おおおおおお

ラッピング講習会を実施しました

12月5日 ラッピング講習会を実施しました。

ラッピングによって贈り物のイメージは大きく変わります。

今回の講習では、基本の包み方やリボンの結び方などを学びました。

ラッピングチャンピオンの武田真理恵先生が、難しい作業も一人ひとりを丁寧に教えてくださり、素敵にラッピングをすることができました。

学生たちも自分の作品を手に笑顔に。楽しい講習会になりました。

N.O

 

生活学科 食物栄養専攻:体の構造・機能学実習⑨

今回の体の構造・機能学実習は血液及び尿に関する実験を行いました。
血液の実験では、顕微鏡で人の血液を観察し、赤血球や白血球の大きさや形の違いを学びました。
また、ABO式血液型検査や血液凝固現象の観察を行い、血液の機能や役割を改めて認識する機会となりました。
尿の実験では試験紙を用いて、たんぱく質や塩分濃度を調べ、健康状態を知る上で重要な指標となる尿について知識を深めました。
座学の授業で学んだ知識が実験でも活かされ、学生たちは1つ1つ確認し、理解しながら実験を進めることができました。(R.M)

生活学科:食物栄養専攻 食料経済(選択科目)

今日の食料経済は米や野菜の流通を中心に学びました。
今話題の業務米の不足はどうしておこってしまったのか。またその一方で「新之助」(新潟)
「くまさんの輝き」(熊本)「だて正夢」(宮城)等々の新しいブランド米が次々に誕生する経緯。
そして学生からのプレゼンテーションとなりました。今回はローソンの低糖質食品から「ブランパン」

「北海道チーズのふんわりサンド」を紹介。次はカルビーの「フルーツグラノーラざく切りさつまいも」

そして最後は千駄ヶ谷の「ル・リール」みなさんご存じ堀知佐子先生が手がける「食べて健康・美味しく・

楽しく・美しく」がテーマのお店です。ぜひ一度は行ってみたいお店の夢リストに。。。。
K.O

 

生活学科:食物栄養専攻 「食料経済」

 

今回はフードスペシャリスト試験にむけての総まとめを終えて、学生のプレゼンテーションになりました。

今回学生がおすすめの商品1つ目は、ロッテの「シャルロッテショコランタン」特別感のあるパッケージの中からは、

カリッとした食感の一口サイズのチョコレート。

2つ目は、不二家の「おつまみホームパイ チーズ&ペッパー」大人向けのおやつ、おつまみとしても食べやすく、

つまみやすい工夫がぎっしりのパイ。

3つ目は、AGFの「ブレンディ」ボトルタイプからスティックタイプまで幅広いラインナップ。消費者の生活スタイルに

対応したポーションの提案に納得の商品。

4つ目は、ヨックモックの「シガール」クリスマス限定パッケージでロングセラー商品を味わい、最後は今、話題の

ファミリーマートの新商品の数々が紹介されました。

各々の商品のターゲットや販売方法など、年末を意識した商品展開が学べました。K.O

 

生活学科 食物栄養専攻:給食管理実習Ⅰ

今回の2年生の給食は『バターライス、真鱈のフィレンツェ風、シーザーサラダ、オニオンスープ、りんごゼリー』です。
真鱈のフィレンツェ風はソテーした真鱈にパセリやバジルの風味を活かしたトマトソースをかけ、
イタリアのフィレンツェの郷土料理をアレンジしました。
オニオンスープは玉ねぎをじっくりと飴色になるまで炒め、玉ねぎの甘さを十分に引き出した旨味のあるスープができました。
この献立は野菜を200g以上使用し、見た目が鮮やかで食欲が増すように仕上げることができました。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻:体の構造・機能学実習⑧

今回の体の構造・機能学実習は寒冷刺激や運動負荷を行ったときに、血圧、脈拍、体温、呼吸数が
どのように変化するのか調べました。
血圧、脈拍、体温、呼吸数が変化するには交感神経、副交感神経と呼ばれる自律神経が大きく関わっています。
片手を氷水に浸けた寒冷刺激と、縄跳びや踏み台昇降を行った運動負荷による刺激とでは
血圧、脈拍、体温、呼吸数の変化の仕方や安静状態への戻り方が違います。
どう変化するのか、なぜ戻り方が違うのか、学生たちは疑問を抱えながら実験を行い、先生に質問し、文献を調べ、
レポートを仕上げていきます。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻 プロに学ぶ専門料理実習⑧⑨

食物栄養専攻の2年生は、11月7日(火)に北島亭の大石義壱シェフにご指導をいただきました。
メニューは、『牛ほほ肉の赤ワイン煮 じゃが芋のピュレ、ラタトゥイユ・ポーチドエッグ添え、マッシュルームのスープ、リンゴのクレームブリュレ』の4品です。本格的なフランス料理に指導を受けた学生たちも召し上がったお客様も大感激の一日でした。
      

11月14日(火)は、szechwan restaurant 陳 の料理長の井上和豊先生にご指導をいただきました。
メニューは、『青椒肉絲炒麺(チンジャオロースあんかけ焼きソバ)、焼売(特製シュウマイ)、酸辣湯(スーラータン)、椰香西米露(タピオカ入りココナッツミルク)』の4品です。
中華包丁の使い方、中華鍋を使った肉や野菜の炒め方、麺の焼き付け方、焼売の包み方など中華料理の基本を学ぶことができました。
      

ページの先頭へ戻る