COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

新渡戸祭2日目

新渡戸祭2日目も、朝から大勢の方にお越しいただきました。

「お弁当をあなたに」コンテスト、オペレッタ、オーガニックレストラン、など

日ごろ学んだ成果を見ていただくことができました。

 

 

 

 

新渡戸祭が始まりました

 

前日までの雨が上がり、爽やかなお天気で新渡戸祭初日を迎えました。

多くの方にご来校いただき、にぎやかな1日となりました。

 

 

 

 

 

明日からの2日間は学園祭です。

明日からの2日間は学園祭です。

本日は準備最終日です。準備が順調に進んでいます。

進学相談コーナーもございます。皆さまのご来校をお待ちしております。

H.N

 

「新渡戸保育フェスタ」開催

短期大学生活学科児童生活専攻および専攻科児童生活

「新渡戸保育フェスタ」開催

10月21日(金)に四谷区民ホールをお借りして第3回「新渡戸保育フェスタ」を開催ました。

日頃の学びの成果を発表する貴重な機会となりました。事前のご案内は、卒業生や在校生保護者、

実習先や就職先の幼稚園や保育園へお送りしました。当日は多くの方にお越しいただきました。

ありがとうございました。

専攻科のオペレッタと2年生のピアノ連弾の発表は、今月末の学園祭「新渡戸祭」でご覧いただくことができます。

お待ちしております。

オペレッタ公演 10月29日・30日 10:50~11:50、14:00~15:00

ピアノ連弾 10月30日 12:00開場 12:15開演

 

専攻科生 オペレッタ「にじうおのぼうけん」と「金のがちょう」

おおお

 

2年生ピアノ連弾23組  1年生合唱&ダンス

おおお

 

全員合唱「にじ」  新渡戸保育フェスタ実行委員

おおお

栄養士キャリアアップ講座 プロに学ぶ料理実習④

食物栄養専攻の2年生は、10月18日(火)に、全日本司厨士協会東京地方部理事長・元京王プラザホテル総料理長の鶴岡征夫先生にご指導を受けました。

メニューは、『カジキのポワレ、さつまいものサラダ・タルタルソース添え、農夫風ポタージュ、なめらかマンゴープリン』の4品です。

カジキの一切れ一切れに下味をつけてスチームオーブンで加熱し、ケッパーとバジルの風味豊かなソースを添えました。

サラダのさつまいもはマセドアン(角切り)にし、ポタージュの10種類の野菜はペイザンヌ(色紙切り)にしました。

大量の野菜の処理でしたが学生たちは丁寧に作業していました。

デザートはマンゴーの果肉をたっぷり使ったプリンです。なめらかな食感をだすために生地を長時間湯煎にかけながら泡立て、仕上げの見極め方を教わりました。

プロから学べる実習は学生たちにいい経験となり、お客様も満足していただけるフレンチランチを提供することができました。

 

【新渡戸祭準備】パウンドケーキを作成しました

新渡戸文化短期大学いは、50年以上作り続けている伝統のパウンドケーキがあります。

新入生歓迎会では、先輩が後輩の入学を祝って作り、卒業式では後輩が先輩の卒業生に

お祝いとして1本ずつプレゼントしています。

 

今年の新渡戸祭も学友会が伝統を守り、新渡戸祭に来ていただいた方々

(ご招待状を発送した実習先や非常勤、学友会OBOG)に差し上げるパウンドケーキを作りました。

 

 

 

東京都私立短期大学体育大会に参加しました

東京都私立短期大学 体育大会バレーボールの部が10月16日(日)に東京立正短期大学で行われました。

今年は男女とも、生活学科と臨床検査学科の学生合同チームで出場。男子は準優勝、女子は4位となりました。

 

男子はユニフォームを作るところから始め、練習を通して交流を深めるよい機会になったとのこと。

女子は全力を尽くしたが、練習不足が響いてしまったとのこと、男女ともに、来年に向けて、

今年の経験を生かし、より団結を深めていきたいと話してくれました。 WM

 

栄養士キャリアアップ講座 プロに学ぶ料理実習③

食物栄養専攻の2年生は、10月11日(火)に

ブルーノート東京・丸の内レゾナンスでシェフをされている長澤宜久先生にご指導を受けました。

メニューは、『サーモンのフライ・マッシュルームとシメジの白ワインクリームソース、

トマトとズッキーニのハチミツドレッシングのマリネ、サラダセザール、サフランライスのレモン風味、パンナコッタ』の5品です。

白ワインの風味豊かなソース、ハチミツの甘味が絶品のマリネ、レモンの香りがさわやかなサフランライス、濃厚で滑らかなデザートなど、多くのプロの技を教わり、専門店の味に感激の実習となりました。

おもちゃインストラクター養成講座

NPO法人日本グッド・トイ委員会が認定する「おもちゃインストラクター養成講座」が開催され本学、他大学の学生計18名が受講しました。
日本・世界の数々のおもちゃを目の前にした途端…眼をきらきらと輝かせながら「おもちゃの世界」に引き込まれていく学生たち。
画用紙を使った手作りおもちゃ、牛乳パックや新聞を利用したおもちゃ遊び、おもちゃを通したコミュニケーションのとり方やその意義等を学び、充実したプログラムに大満足の笑顔が見られました。

J.H

 

児童生活専攻:授業報告「教職実践演習」②

今回の教職実践演習の授業では、模擬遠足に向けて「遠足のお知らせ」を作成しました。

幼稚園教諭として、遠足のお知らせを2種類(保護者への配布用と園内掲示用)、グループに分かれて作成しました。

 

次回はいよいよ模擬遠足の実施です。

模擬遠足を通して、幼稚園における「行事としての遠足」の意義を明確にします。

 

 

食物栄養専攻:栄養士キャリアアップ講座 学外見学 ~国立スポーツ科学センター~

東京都北区にある国立スポーツ科学センター(JISS)の見学に行ってきました!JISSは、日本の選ばれたトップアスリートの皆さんがトレーニングを行ったり、フィジカル面、メンタル面、生活面などさまざまなサポートを受けている施設です。

 

スタッフの方に丁寧にご説明いただきながら、最先端の設備を見学させていただきました。めったに出入りのできない施設の見学に、はじめは緊張の面持ちでしたが、実際に選手がトレーニングに打ち込む姿や、リオオリンピックでも活躍された著名なコーチが熱心に指導されているところを間近で見ることができ、皆興奮していました!

 

見学の最後には、アスリートの皆さんも利用されるレストランR3(アールキューブ)でランチをいただきました。スポーツ選手を支えるレストランならではの食事の提供の仕方や雰囲気づくり、効果的な卓上メモやリーフレット、栄養サポートシステムなど、アスリートを食の面からどのように支援されているのかということも見せていただくことができ、将来、このようなところで活躍できる栄養士になりたい!と、奮起する機会となりました☆ C.K

 

 

専攻科 児童生活専攻:保育実践演習 報告(保育学研究室)

保育実践演習(保育学ゼミ)の校外学習として、「JICA地球ひろば」を訪問しました。

世界が直面する多くの課題や発展途上国の子どもたちの置かれている現状を学ぶことを目的に訪問しました。

アフリカブルキナファソの小学校の様子を再現したコーナーに座り、現地の子どもの気持ちを味わったり、

水汲みがどれほどの重労働なのかを体験してみたり、各国の民族衣装に触れてみたりと数々の体験型展示で世界と日本、世界と自分のつながりを深く体感するひと時となりました。

また、保育者の活動体験談として、難民キャンプの子どもたちの様子や支援の意義を聞かせていただきました。

それぞれの研究課題の理解を深めると同時に、保育者として広い視野を持つことの重要性に気づかされた学生たちでした。

児童生活専攻 授業報告「教職実践演習」①

教職実践演習の授業では、幼稚園教諭としての専門性向上に向けて、「模擬遠足」を実施しています。

学生は、幼稚園教諭として子どもを遠足に連れて行くという設定のもとで、

遠足を企画・計画・実行します。

その中で、学生は様々なことに気づき、反省し、遠足という保育行事の意義を理解していきます。

今は、グループで計画を立て、どこに遠足に行くことが妥当か、どのようなねらいを設定するべきかなど、話し合いを重ねている段階です。

はたして遠足はうまくいくのでしょうか。何より、計画・検討が大切です。

 

栄養士キャリアアップ講座 プロに学ぶ料理実習②

食物栄養専攻の2年生は、10月4日(火)にプロの方のご指導を受けランチを作りました。

今回の講師は、ブルーノート東京・丸の内レゾナンスでシェフをされている長澤宜久先生です。

メニューは、『鶏のフリカッセ バターライス添え・きのこのマリネ・キャロットラペ・サラダセザール・りんごのブラマンジェ』です。

骨付きもも肉の下処理、やわらかく煮込む方法、ソースの作り方、マリネやラペの作り方などたくさんのことを教えていただきました。

通常のランチとは違うボリューム満点で素敵な盛り付けのランチにお客様も大満足。カフェテリアは笑顔にあふれていました。

中野区民ソフトボール秋季大会

ソフトボールクラブは10月2日(日)中野区民ソフトボール秋季大会スローピッチの部に参加しました。

久しぶりの好天に恵まれて、たくさん打って走っての好ゲームとなりました。

結果として9チーム中 準優勝となりました。次回は優勝を目指して頑張ります。

K.S

 

 

 

食物栄養専攻:製菓・製パン実習②

第2回となる今回の製菓・製パン実習では、丸の内resonance 長澤宜久先生に『かぼちゃプリン』『人参パウンドケーキ』を教えていただきました。

パウンドケーキは卵の泡立て方、生地の混ぜ方のポイントを教えていただき、プリンは蒸し焼きで作る方法を学び、カラメルソース作りにチャレンジしました。

ケーキはしっとりとしていて、プリンはとろっとした濃厚なおいしさでした。

次回はパンの実習です。

上級救命講習が行われました

中野消防署のご協力により、専攻科児童生活専攻の「小児保健特講」受講生及び食物栄養専攻の希望の学生が、上級救命講習を受けました。この講習は、普通救命講習の内容に加えて、小児・乳児の心肺蘇生、傷病者管理、外傷の応急手当、搬送法など学ぶコースです。本学の教育理念である「いのち、やさしさ、おもいやり」の一環として毎年行われています。受講修了者には、「上級救命技能認定証」が交付されます。  K.T

ページの先頭へ戻る