COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

海外語学研修から帰国しました

新渡戸文化学園の創設者、森本厚吉先生は、まだあまり国際的に開かれていない日本の社会の中で、異文化を吸収する大切さを考え、文化的な生活を基礎に女子経済教育に尽力されました。また、初代学長の新渡戸稲造先生は、日本と国際社会を繋ぐ文化的な「太平洋の架け橋」を築いた日本を代表する偉人です。
現在、新渡戸文化短期大学では毎年、異文化体験から「いのち・やさしさ・おもいやり」を学ぶ科目として、「海外語学研修」を開講しています。
本年度は14名の学生が受講し、3月17日~3月23日の日程でオーストラリア・シドニーに研修に行ってきました。
オーストラリアの大地も森も空も海も広く雄大で、自然の威力に圧倒されました。
英語のレッスンは難しかったけれど、ちゃんとお店の人と会話をしてオージービーフを焼いて食べたり、買い物を楽しんだりしました。
異文化研修では、臨床検査学科は病院の医療現場を見学し、生活学科は人々の生活を支える大型スーパーで食材や流通についての解説を聞きました。今後の学びの糧となる充実した体験ができました。                                C,Y

桜咲く

本学の正門横に桜の木があります。本日咲き具合はどうかなと見に行きました。さすがにまだだなと思いきや、よく見るとなんと1つだけ咲いていました。

4月2日の入学式には、はたしてどの程度咲いているのでしょうか。楽しみですね。新入生のみなさんも楽しみにしていてください。H.N

 

 

 

 

 

 

卒業式(2014.03.13)

本日、卒業式が行われ無事に終了いたしました。卒業とは、ゴールではなくスタートです。みなさん、それぞれの道で頑張ってください。

ご健闘をお祈りいたします。H.N

介護職員初任者研修 修了式

介護職員初任者研修の修了式が行われ、受講生に修了証書が授与されました。

夏から始まった長い研修も本日で終わりです。筆記試験や実技試験にも一生懸命取り組んだ努力が実を結びましたね。本当におめでとうございます!!

介護の知識を得ることや、実習での体験はとても貴重なものだったと思います。

研修で学んだことをいかしてこれからも頑張ってください。

N.O

 

あの3.11から3年

本日は3月11日です。

東日本大震災より3年が経ちました。

明後日は、本短期大学の卒業式ですが、児童生活専攻専攻科(3年生)の学生は、あの震災の年に高校を卒業し、短大に入学した学年です。

甚大な被害を受けた被災地「ふるさと」の姿に後ろ髪を引かれながら、新しい生活のため上京して本学に入学した2名の学生に話を聞きました。

Eさんのふるさとは宮城県気仙沼市です。

「あの日から避難所生活を余儀なくされ、津波の被害で瓦礫の山を越えながら、何とか形を残した自宅の片付けに追われる毎日でした。また、高校の卒業式は延期されて行われたものの、震災後のガソリン不足の影響で学校に通うことができず、卒業式を欠席するしかありませんでした。まだ、電気も水道も復旧していない状態の最中、自分一人で短大入学のために上京することに不安と後ろめたさを感じながらの4月でした。あの日から3年、ふるさと気仙沼はまだまだ復興途上で、瓦礫が少なくなったり新しい建物が建設されてきたりと長い時間をかけて復興しつつあります。私は、4月から埼玉の保育園への就職が決まっています。気仙沼では、震災時の保育中だった園児の死亡者は0名でした。それぞれの園で保育者の素早く冷静な判断が園児を守ったと聞きました。これから自分も保育者になるので、子どもたちの安全を一番に考え行動できる保育者になりたいです。」

Kくんのふるさとは青森県八戸市です。

「あの地震が起きたとき、僕は地元のスーパーでバイト中でした。棚のものが全部落ちて瓶が割れたり物が倒れて散乱したり、一瞬で大変な状況になりました。地元の高齢者が買い物によく来るスーパーだったので、ぐちゃぐちゃの店内から高齢者の方々を外に避難誘導するのがとても大変でした。それから数日後、短大入学のため上京しましたが、祖父の家が津波の被害を受けたことがとても心配で、東京から毎日電話をしていました。11月には幼稚園実習を地元の八戸で行い、津波の水の痕が自分の頭より上のラインに残る祖父の家から実習園に通いました。実習園へ通う道には船が打ち上げられていたり、木くずや瓦礫の山がたくさんある状態でした。あの日から3年をかけて少しずつ道路上の船はなくなり、新しいお店なども建てられ始めた景色を見て、少し安心しました。震災の大変さを肌で感じた人間として、有事の際に人を支援できる人間になっていきたいです。この3年は色々なことがあったのに、とても早く感じました。」

これから社会に踏み出す2人ですが、このような経験が生かされて将来の自分の夢に向かう姿に感動します。

彼らの巣立ちに心からの拍手を送りたいと思います。                            C.Y

来年度へ向けて…

来年度に向けての準備が着々と進んでいます。

4月に新入生を迎えて行われる「新入生歓迎会」に向けて

学友会の新執行部のメンバーが朝から頑張っています。

内容は…当日をどうぞお楽しみに♪♪

もうすぐ卒業式!

本学正門の左手にある桜の木のつぼみが少しずつ膨らんできました。

あと3日で卒業式です。卒業し、社会に羽ばたいていく学生を見送ることは

嬉しいことですが、寂しくもあります。

卒業しても、本学の学生に変わりはありません。社会に出てからも、

活躍の様子や悩みなど、何でも話に来てくれると嬉しいです。

素晴らしい卒業式になるよう、準備を進めていきたいと思います。

A.I

 

 

 

 

 

リーダーストレーニングミーティング

生活学科の学友会の引き継ぎ「リーダーストレーニングミーティング」が行われました。

新旧の学友会執行部が集まり、2年生は学友会の仕事や1年間の成果を話し、1年生にしっかりと伝えました。

1年生の皆さん、2年生の思いをしっかりと引き継ぎ、より良い学生生活になるようにがんばってください。

皆さんの活躍を期待しています。

2年生の皆さん、お疲れ様でした。

 

3月3日 桃の節句(ひな祭り) 

本日、3月3日は桃の節句(ひな祭り)です。

女の子の健やかな成長を祈る節句の行事です。

一年の節目となる日を節句といいます。

中国から伝わった暦上の節目の日で奇数が重なる日に邪気を祓う意味で行われていたものが元になっています。

 

本日の学食は桃の節句にちなんだ献立でした。

 

-本日の献立-

◎押し寿司

◎はまぐりの潮汁

◎さわらの西京焼き

◎野菜のごま醤油かけ

◎いちご

 

ページの先頭へ戻る