COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

食物栄養専攻:就業力育成プラン

今回の就業力育成プランは「高齢者施設の献立-4月編-」でした。

卒業間近の2年生対象に高齢者福祉施設が4月に展開する献立を一足早く実習しました。

受け継いでいきたい「和食」を学びました。

<メニュー>

鯛めし

いり豆腐

わけぎのぬた

小松菜と油揚げの煮びたし

車麩と打ち豆の煮物

 

栄養士キャリアアップ講座:フランス料理テーブルマナー

東京駅から徒歩3分

丸の内にあるフランス料理レストラン「レゾナンス」で

フランス料理のテーブルマナーを勉強してきました。

 

レゾナンスは製菓製パン実習で講師を務めてくださっている

長澤宜久先生がシェフをされているレストランです。

一面ガラス張りの光溢れる空間で

季節の「旬」を感じながら華やかなコース料理をいただいてきました。

社会人になる前にテーブルマナーの基本を学び

とても貴重で有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

-Menu-

 

豆乳と湯葉のムースと和からしエスプーマ

人参のポタージュ オレンジのオイル

 

和牛イチボ肉のカルパッチョ 旬野菜のサラダ仕立て

 

サワラのポワレ レモンの香るセロリのヴィネグレットソース

 

ミカンのグラニテ

 

和豚もち豚・ロースのポワレ 生ハムとモッツァレラのサンド

シェリーヴィネガーソース

 

金柑のタルト

レモングラスとジンジャーのアイス

座談会

先日2/24(月)に食物栄養専攻の学生対象に座談会が行われました。

座談会とは、就職・進学等の進路が決まっている2年生を囲み1年生が先輩の成功体験談を聞き、さらに会話形式でその場で質問ができるというものです。今後の活動に向け、大いに参考になったことと思います。

今後の1年生の活動が楽しみです。HN

 

 

 

新渡戸検定 開催!(臨床検査学科)

本日は2年生を対象とした臨床検査学科の新渡戸検定が行われました。分野は、病理部門と微生物部門の2分野で病理14名、微生物10名の受験者で行われました。病理部門では細胞診のスライド試験や組織の鏡検試験、微生物部門では培地を選択しての分離培養および菌の同定など両部門とも専門的な知識と技術を問う試験でした。SN

   

栄養士キャリアアップ講座:学外見学

栄養士キャリアアップ講座の学外見学で、東京ビッグサイトで行われた

「フード・ケータリングショー」に行って来ました!

大量調理に欠かせない、厨房機器がたくさん展示されており、

最新機器を使用したクッキングセミナーにも参加しました。

最新の技術に驚きながらも、将来こういった機器と関われることが

楽しみになりました♪

A.I

 

 

2学年特別授業 2

本日は朝から2年生が対象の特別授業が行われました。1限目は本学の臨地実習病院先である東京都済生会中央病院 臨床検査科 技師長の武田裕子先生をお招きし、『病院における接遇・マナー』についてご講演頂きました。病院実習中の立ち振る舞いや態度等、頭では分かっていても意識付けして行動に移して行かなければなりません。また言葉遣いなども同様です。2限目は伊藤昭三学科長による『臨地実習における臨床化学』をテーマした講義が行われました。学生が苦手とする臨床化学のポイントを講義していただきました。3限目は本学の教授で東京慈恵会医科大学附属第三病院の技師長の経験のある平井徳幸先生による『臨地実習の心構え~その2~』でお話頂きました。前回の上道先生と本日の武田先生の内容を総括したような内容でした。先に行われた特別講義ともども、2年生には4月からの臨地実習を円滑に進めて貰うためにお話頂いた内容を意識して行動して欲しいと思っております。SN

 

専門性スキルアップ研修が行われました

新渡戸文化短期大学では、こども教育研究所・社会人教育実施委員会の取り組みとして、社会人保育者を対象に講座を行っています。
第4回目の今日は「保育における遊びと保育環境の再考」として、実際に自分たちが遊びながら、保育環境の基礎に立ち戻って考えてみました。
今日、自分で作った吹き独楽は、さっそく保育でやってみよう♪

臨地実習の準備は着々と進行中

今日は進級発表後、藤田教務主任による『臨地実習ガイダンス』と尾形先生による『臨地実習ノートの記載方法』の話がありました。臨地実習開始まであと1か月ちょっと、気持ちが高まってきているのではないでしょうか。SN

介護職員初任者研修 実技試験

介護職員初任者研修もいよいよ終わりが近づいてきました。
学生たちは実技試験の練習に励んでいます。
写真はベッドから車いすへ移動するための動作を練習している時のものです。
できるだけ力をいれずに効率良く、移動できるよう技術が必要となります。
介護するには体力がいりますよね。練習は疲れると思いますが、成果が発揮できるよう頑張ってください!
                                                               N.O

保育者スキルアップ講座を実施しました

児童生活専攻では、卒業生支援・社会貢献の一環として、現役の保育士さんや幼稚園の先生方に向けた講座も開設しています。
今回の保育者スキルアップ講座は、「おもちゃ」をテーマにした内容です。
木のおもちゃを通しての「木育」や、子どもの感性を養う上でのおもちゃの働きなどを、
実物に触れながら学びます。講座は今後も続きます。ご興味のある方は是非大学までご連絡ください。  H.O

栄養教育実習Ⅰ:小学校給食見学

栄養教育実習Ⅰでは、グループごとに小学生を対象にした、献立作成にも取り組みました。

本学園の給食部の栄養士の先生方に、献立を選んでもらい、実際に給食に提供していただきました!

給食の配膳方法や喫食の様子など、各教室に伺って見学し、子どもたちにも声掛けをさせていただきました♪

実際に目で見て、行動することでたくさんの気づきや学びがありました。

最後に学生たちもおいしい給食を食べさせていただきました。

貴重な経験をし、栄養士の先生方からも講義も受け、栄養士に一歩近づいた一日となりました。

 

<DAメニュー>             <DBメニュー>

キャロットライス             捨てないで!大根の葉っぱご飯

野菜たっぷりミネストローネ       沢煮椀

チキンカルボ                豆腐とツナのハンバーグ

レモンサラダ                柚子香る白菜和え

ぎゅっと凝縮みかんゼリー       なめらかピーチババロア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2/15(土)生活学科オープンキャンパスは中止です。

2/15(土)に開催を予定しておりました生活学科(食物栄養専攻・児童生活専攻)のオープンキャンパスですが、

降雪のため、皆様の安全を考慮いたしました結果、やむなく中止とさせて頂きます。

次回、オープンキャンパスは3/15(土)です。皆様のご参加をお待ちしております。

学校見学・入試相談は随時開催しております。(月~土 10:00~16:30)

ご希望の方はお電話またはメール等でお問い合わせください。

■新渡戸文化短期大学 生活学科 入試広報課

■TEL 0120-387-002

■E-mail j-nyushi@nitobebunka.ac.jp

キャンパス内も雪景色へと変わりました。中庭も、芝生グラウンドも真っ白です。

サルスベリの木には白い花が咲いたようにきれいに雪が積もっています。

2学年特別授業 1

本日は午後から2年生が対象の特別授業が行われました。3限目は本学の臨地実習病院先である東京医科大学病院 中央検査部 技師長の上道文昭先生をお招きし、『臨地実習に向けての心構え、就職活動に際して医療機関が求める人物像』について講演頂きました。現役の技師長先生のお話をお聞きする滅多にない機会でしたし、4月から臨地実習に出る2年生にとっても有意義なものになったと思います。また就職活動についても4限目に『SPI(総合適正検査);就職試験で用いられる適性検査』も行い、今後の就職活動に備える気持ちが芽生えたのではないでしょうか。SN

2月の壁面が出来上がりました。

2013年度もいよいよ最後の2か月を迎えました。
2月の壁面は、前半と後半に分けて2種類作成しました。
寒さの厳しい時期ではありますが、そこには人間のいろいろな営みがあります。
子どもたちにメッセージの伝わる出来となっているでしょうか・・     H.O

漢字検定・秘書検定試験

2月8日(土)は漢字検定、2月9日(日)は秘書技能検定試験が本校を会場として行われます。

本学の学生も受験予定です。申し込まれた学生は勉強をしていることと思います。ご健闘をお祈りいたします。

写真は秘書技能検定試験問題の一例です。分かりますか。  H.N

実践スポーツ栄養「ロンドン五輪までの全日本女子バレーボールチームの取組」 講師:株式会社 明治 高梨 淳子氏

 ロンドンオリンピックまでの全日本女子バレーボールチームにおける栄養サポートについての講演でした。

 オリンピックで結果を求められるトップアスリートの心身のストレスは高く、緊張状態が続く中、ベストコンディションを維持するための食事について学びました。

栄養士特別セミナー 第2日目

 給食受託会社7社の人事担当者の方にご協力をいただき、学内就職セミナーを実施しました。

 会社概要、仕事内容、採用にむけて等々、具体的なお話をたくさん教えていただきました。


 

専攻科生が自然体験研修会(in 清里)に行きました②

専攻科生の自然体験研修会(in 清里)の二日目は、森の中での体験です。
遊びだけでなく、火おこしや簡単な調理などもして、
自然の中での生活経験や感性を磨く経験を重ねます。
インストラクターの方が見せてくださる森の「命」の数々は、保育者として成長する上でのこの上ない糧となったことでしょう。  H.O

ページの先頭へ戻る