COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

栄養士キャリアアップ講座

今日はクリスマスイブです♪

先日の栄養士キャリアアップ講座は、数々の料理本を出版されている料理家 坂田阿希子先生に

お越しいただき、クリスマスにぴったりのクッキーオーナメントを教えていただきました♪

坂田先生からアイシングの適度な硬さや、デコレーションの技法などを教えていただき、

みんな思い思いの作品を作りました!

A.I

12月後半の壁面が掲示されました!

児童生活専攻、今年最後の壁面が掲示されました。
前回は窓の外を飛んでいたサンタクロースが、今回の壁面では眠っている子どもたちにプレゼントを届けにきました。
1年生製作の壁面もだんだん中身に思いが込められるようになってきました。
みなさんにもよいクリスマスが訪れますように。                                 H.O

もうすぐクリスマス!

もうすぐクリスマスですね!

カフェテリアや図書館、学生ホール。学内はクリスマスの装いです。

本日のランチはクリスマスメニューのデザートバイキングが!

学生たちも笑顔がこぼれます。

図書館ではクリスマス特集コーナーにお菓子作りの本が展示されています。自分で作るのも楽しそうですね。

N.O

 

 

 

保育実践演習発表会が行われました!

専攻科児童生活専攻では、1年間を通して1つのテーマに取り組む「保育実践演習」の授業があります。
各自がそれぞれの研究室(ゼミ)に所属し、自分自身の興味・関心があるテーマについて研究・製作・実演などを行います。
本日はその成果の発表会が行われました。
パワーポイントを使用しての研究発表、手作りのパネルシアターやしかけ絵本公演、歌・劇・楽器演奏といった、多彩な内容が並びます。
それぞれの特技を生かして専門性を深めることができるのが本専攻科の特徴です。
先輩たちの成果発表を見て、短大生も将来の自分の姿に思いをはせることができた日となりました。               H.O 

フルーツ倶楽部

今日は、一人一台、クリスマスケーキを作りました♪

苺をサンタクロースに見立てたカッティングをし、ケーキに飾りました。

フルーツアーティストの平野先生に教わりながら、それぞれ思いの詰まった

ケーキに仕上がりました♪

A.I

 

 

生活学実習Bの様子!

今回の生活学実習Bはクリスマス料理を作りました。

作ったものは『ミートローフ、マッシュポテト、いんげんとパプリカのソテー、クリスマスケーキ』です。

ケーキのデコレーションは班ごとに考えて行いました。どの班も綺麗にデコレーションし、一足早いクリスマス気分を味わいながら試食しました!

M.S

食物栄養専攻 給食管理実習Ⅰの様子

給食管理実習Ⅰでは、厨房で大量調理に挑戦し、安全でおいしい食事をどのように提供するかを学びます。今週4班の実習が始まりました。ここ数日寒さが一段と厳しくなり、野菜を洗う水もとても冷たくなりました。大量の野菜をきれいに洗うのは大変な作業です。そんな中、お互いを思いやる気持ちやチームワークも学びます。今回のメニューは、体を温めてくれるカラ辛の『坦々麺』と体に優しい和食の『鶏もも肉の塩こうじ焼き』の定食でした。麺料理はお客様がいらっしゃる時間に合わせ、いかに速く温かい状態で美味しく提供できるのか、学生は頭を悩ませていましたが、お客様からの「美味しかった」の一言で少しだけほっとした様子でした。次回もがんばるぞと気合を入れた4班でした!

新渡戸文化子ども園で絵本公演を行いました

12月6日(金)、新渡戸文化子ども園のお誕生日会のお楽しみの時間に、幼児教育研究室の学生が作成した大型しかけ絵本「パクモーぐんの森」を上演してきました。
子どもたちは、大きく広がるページや飛び出す鳥に大きな歓声をあげていました。ちょっぴり怖くて本当は優しいオバケの「パクモーぐん」が絵本から出てきたときにはビックリ!の子どもたちのお顔がとてもかわいかったです。
幼児教育研究室では、この大型しかけ絵本ができあがるまでに、いろいろな勉強をしました。
11月11日には、武蔵野美術大学図書館で開催されていた「しかけ絵本の歴史と技法展」を見に行き、世界中の仕掛け絵本から技法を学びました。12月2日には元幼稚園教諭で絵本作家への道に転身した大宮加奈子先生をお迎えし、具体的なしかけを手直ししたり、演じ方へのアイデアをいただきました。12月3日には、実際に子ども園のホールでリハーサルを行い、園の先生方から具体的なアドバイスをいただきました。
頑張って作って上演した絵本公演会、子どもたちの心に残ってくれたら、とてもうれしいです。                       C,Y

調理学実習Ⅱ

今回は中華料理を学びました!
メニューは
・菜飯(炊き込みおこわ)
・芙蓉蟹(かにたま)
・八宝菜(五目うま煮)
でした♪
菜飯と八宝菜は材料を同じ大きさにそろえて切り、いかは飾り切りをし、見栄えが美しくなるよう、
丁寧に仕上げました。芙蓉蟹は加熱し過ぎず、ふわふわの半熟のときに、中華鍋を振って卵をひっくり返します。
中華鍋を勢いよく振り、きれいに仕上げました♪
A.I

介護職員初任者研修(後半)

11月から介護職員初任者研修の後半研修が始まりました。

前半は講義を主としていましたが、後半は介護実技について学びます。

写真は、「移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護」の授業風景です。アイマスクをつけて目の見えない世界を体感した学生達は、視力障害のある高齢者への理解を深め、接し方について話し合いました。 

後半研修では介護施設と同行訪問での校外実習があります。学んだことを介護の現場でいかせるよう頑張ってください!

N.O

 

地域の保育園でパネルシアター公演を行いました!

児童生活専攻の保育実践演習では、それぞれのゼミ(研究室)に分かれて様々な活動をしています。
保育実習研究室(伊澤ゼミ)では、手作りのパネルシアターを使って、保育園での公演を行いました。
子どもたちの前で行う実演は何よりの学びを学生たちにもたらしてくれます。
楽しみや工夫を詰め込んだパネルシアターに、子どもたちも大喜びでした。          H.O

食物栄養専攻:製菓・製パン実習

Fermentation(フェルマンタシオン)の茂木恵実子先生に
ハードパンを教えていただきました。1週目は基本となる小さなフランスパンを教わり、
2週目は雑穀入りのハードパンを教わり、一人一人が自分のパンを作りました。

粉・イースト・塩・水分で作ったパンは、香りが良く、とてもおいしく焼き上がりました。

茂木先生のハードパンに対する熱心な思いが伝わり、学生たちは感激していました。

教育実習報告会(第1弾)を行いました。

児童生活専攻では、1年生の第1グループが教育実習を終えて帰ってきました。
教育実習を行った幼稚園でどんなことがあったのか、やりがいはどこに感じたか、
大変だったこと、楽しかったことなどを報告するのが教育実習報告会です。
すでに実習を終えた方も、これから実習に出向く方も、熱心に耳を傾けていました。
個人の体験が皆に共有されることによって、それは新しい財産になっていきます。
これからの学びにつなげていってください。                    C.Y

12月の壁面が掲示されました!

児童生活専攻1年生が製作している壁面が12月バージョンに新しくなりました。
テーマは「クリスマス」。ですが、まだ12月前半ということで、
窓の外のサンタクロースの影や、ツリーを用意する子どもたちの姿を描くことで、
「これからやってくるクリスマス」「子どもたちの楽しみな気持ち」を表現しているとのこと。
新渡戸館においでの際はぜひ見てみてください!                  H.O

ページの先頭へ戻る