COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

教職実践演習~模擬遠足と振り返り発表~

教職実践演習の授業で模擬遠足を実施しました。
学生自身が行く場所を選定し、計画を立て、保護者向けお便りを作成し、
振り返りを実施しました。
模擬遠足の振り返り発表では、様々な反省と気づきがあり、非常に有意義なものになりました。

 

おおおおおお

 

おお

 

クッキーアート講習会

クッキーアート講習会が9月26日(火)に実施されました。

「カボチャ」・「魔女の帽子」・「お化け」のクッキーを砂糖や卵白で作った色鮮やかなアイシングでデコレーション。

学生達は夢中になって取り組みました。

できあがったクッキーを入れるBOXも色紙などを使って、思い思いのデザインに。

お互いの作品を見せ合いながら会話も弾み、楽しい講習会となりました。

N.O

専攻科児童生活専攻「音楽表現の指導法」

前期も終盤を迎え、試験や実習準備、就職活動と専攻科生は忙しい毎日を送っています。その中で今年度もオペレッタに取り組んでいます。

近隣の杉並区立W保育園にて公演させていただきました。

2歳児から5歳児までの元気なお子さんたちを前に、練習以上のエネルギーを発揮することができました。来週はM幼稚園にて発表させていただきます。

写真:「しろおおさまとくろおうじょさま」「ホシガリ姫の冒険」

 

おおおおおお

おお

専攻科 児童生活専攻 プーク人形劇場

専攻科生は芸術鑑賞会として6月24日(土)に新宿の「人形劇団プーク公演」を観てきました。

学生は、巧みな人形の動きに驚きの声をあげ五味太郎さんの「いっぽんばしわたる」「さる・るるる」ではことば遊びの世界の楽しさを堪能し、新美南吉の「てぶくろを買いに」では情緒豊かな世界にふれ、思わず涙する学生も・・・自身の心に響いた体験になった事は言うまでもありませんが、客席に同席した親子連れの様子を見たりや子どもたちの声を聴きながら観覧できたことは、これから保育者となる学生には何よりの学びになったのではないでしょうか。

 

おおおおおお

 

児童生活専攻 基礎ゼミ

基礎ゼミでは、小西貴士氏をお招きし、「子どもと出会う」ことをテーマにご講演いただきました。

自ら育とうとする子どもの姿や、野の花・虫など小さな命のスライドショーをたっぷり味わった学生からは、「日常のささやかな変化・細やかな成長に気づくことができる大人になりたいと思った」という言葉がありました。

 

おおおお

 

児童生活専攻 1年生 SLP実技試験

6月20日(火)午後4時から児童生活専攻1年生の入学を初めてのSLP実技試験が実施されました。

試験内容は、「手遊びと紙芝居の読み聞かせ」でした。子ども役の多くの学生が見守る中、人前で演じるのが初めての学生もいて、試験前から緊張気味。

しかし、いざ演じ始めるとみんな楽しそうに手遊びをし、しっかりと紙芝居を読み聞かせていました。

後期に実施予定の入学後初めての実習(幼稚園)に活かしてください!

児童生活専攻2年 器楽Ⅱ

本日の授業は、全員が歌唱と伴奏の両方の発表を行いました。

曲目は、赤とんぼ、おはなしゆびさん、まっかな秋、大きな古時計、

ふしぎなポケット、グリーングリーンなどなど。

ふたりのテンポ感やブレスのタイミング。曲想をどのように付ける?

音程やリズムは?来週からの実習で弾く曲の準備も並行しながら挑みました。

子どもたちとの楽しい音楽活動の担い手として!!!

 

おおおおおお

 

おおおお

 

児童生活専攻 基礎ゼミ「専門家に学ぶパネルシアター」

乳幼児から高齢者までの幅広い年齢の方々を対象に、パネルシアターや表現遊び・活動を実践されている

菅野清子先生をお招きし、児童生活専攻の1年生が実際にパネルシアターを体験しました。

様々な童謡やお話をパネルシアターで演じ、歌い、表現することの楽しさや面白さ、また

その経験によって促される子どもの育ちを体感することができました。

 

おおおおおお

 

おおおお

 

専攻科 児童生活専攻 ゼミ活動報告

教育学研究室では、上野の森美術館で開催されている絵本原画展「いもとようこの世界」に行きました。

かわいらしい独特の絵が印象的な、いもとようこさんの膨大なる原画に触れ、

学生たちは、絵本の魅力を再認識したようでした。

楽しみながら学びを深める時間となりました。

 

おおおおおお

 

おお

 

専攻科 児童生活専攻 ゼミ報告

心理学研究室では、学外学習活動として、国立国会図書館に行ってきました。
各人の研究テーマに沿って文献を検索し、時間を忘れて熱心に資料を集めました。

ページの先頭へ戻る