COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

生活学科 食物栄養専攻 調理学実習Ⅲ

調理学実習Ⅲの2回目は『筍ご飯、高野豆腐とふきの炊き合わせ、若竹汁、柏餅』を作りました。
筍やふき、木の芽といった旬の食材と高野豆腐、米粉の扱いを学びながら、炊飯や出汁の取り方を復習しました。
旬の料理は香りがよく、とても美味しそうで、笑顔あふれる実習となりました。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻 調理学実習Ⅰ

調理学実習Ⅰの3回目は野菜の切り方と出汁について学びました。
野菜の切り方では大根を1人1本使用して、輪切り、半月切り、短冊切り、拍子木切り、千六本、桂むきなど
様々な切り方を行い、まずは包丁に慣れることを目標に練習しました。

出汁についてはだし汁の試飲を行い、身をもって旨味の相乗効果について学びました。
学生たちは堀知佐子先生の講義を熱心に聴き、練習に勤しんでいました。(R.M)

食物栄養専攻:給食管理実習Ⅰ(校内実習)その②

今日は1班DBクラスの厨房実習 初日でした!

メニューは、ライス、春のロールキャベツ、ミモザサラダ、ヨーグルトゼリー~ブルーベリーソース~です。

ロールキャベツは皆で協力し、160個包みました。八百屋さんから届いたキャベツも大量です!ミモザサラダは春に咲くミモザの花をゆで卵で表現したサラダです。

食券も早く完売しました♪ 提供時間ぎりぎりになってしまいましたが、自分たちで仕上げた料理をお客様に提供している時の表情はとても嬉しそうでした♪

次回の実習は5/1、5/2です!お楽しみに♪

A.I

 

食物栄養専攻:給食管理実習Ⅰ(校内実習)その①

給食管理実習Ⅰ(校内実習)のDAクラス1班の厨房実習が本日からスタートしました!

この授業では、自分たちで考えた献立を実際に大量に調理・販売をし、その一連のプロセスを学びます。

班員で献立を作成し、作業工程を考え、試作・手直し・・と様々な工程を踏んで今日の本番を迎えました。

本日のメニューは、桜ごはん、鰆のみそ焼き、新ごぼうの香り揚げ、春キャベツとスナップえんどうのサラダ、お吸い物(たけのこ、ほうれん草)、三色白玉の黒みつきなこでした♪春が旬の食材をたくさん使った季節の献立です。

実習初日でしたが、緊張しながらも一つ一つを確認し、丁寧に仕上げていきました。明日はDBクラス1班の初日です!お楽しみに♪

A.I

 

生活学科 食物栄養専攻 調理学実習Ⅰ

調理学実習Ⅰは本学客員教授の堀知佐子先生に教えていただいています。

1回目のガイダンスを終え、今回から実習が始まりました。

初めての調理学実習室での実習は、調理するために必要不可欠な包丁の取り扱いから学びます。

包丁の種類によって研ぎ方も違うことを勉強し、1人1本づつ包丁を研ぎました。

一般的な切り方も学び、次回からの実習に向け準備をしていきます。

M.S

 

 

 

生活学科 食物栄養専攻:栄養士フィールドトレーニング 『ママと赤ちゃんの栄養講座』

栄養士の専門性を深める初回の授業は、株式会社 明治の塚越律子先生による「ママと赤ちゃんの栄養講座」でした。妊娠期、授乳期における栄養について学ぶとともにミルク作りと試飲の体験。明治ほほえみとステップ。。。。それぞれの違いもわかりました。栄養教育の実際についても学ぶことができ、栄養士としても、今後の人生にも大きく役立つ学びの講座になりました。

5/2(火)の栄養士フィールドトレーニングは、「料理写真の上手な撮り方~スマホ編~」です。今からとても楽しみです♪(M.N)

『プロに学ぶ専門料理実習』が始まりました

4/13(木)より食物栄養専攻の2年生がプロの方のご指導を受けています。
今回の先生は全日本司厨士協会 東京地方本部 理事長で元京王ホテルの総料理長の鶴岡征夫先生です。
メニューは『オムライス、にんじんのグラッセ、ポム・リソレ、田舎風野菜スープ ピストー風』です。
西洋料理の基本であるトゥルネ切りやオムレツの作り方などを教えていただきました。
トゥルネ切りは包丁の持ち方や野菜を等分に切り分けるコツ、実際に切る際のポイントなど教えていただきました。
オムレツでは卵のほぐし方やフライパンの持ち方・振り方、卵を入れるタイミング、返すタイミングまで細かく指導していただきました。
学生たちは鶴岡先生に熱心に質問し、1人1人丁寧に取り組んでいました。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻 調理学実習Ⅲ

4/12(火)より食物栄養専攻2年生の『調理学実習Ⅲ』が始まりました。
今回はガイダンスと『ピザ、ハーブ入りのサラダ、カスタードプディング』を作りました。
ドウ生地の作り方やハーブ・チーズへの知識、卵液の熱凝固などを学びました。
学生たちは協力しながら、丁寧に取り組んでいました。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻: 2016年度 卒業研究発表会

1月31日(火)、食物栄養専攻2年生の2016年度卒業研究発表会が行われました。2年生が各自取り組んだ1年間の研究成果を、1グループ「10分間で発表」します。緊張しながらも、伝えたいたくさんのことをいかにわかりやすくまとめるか、何度も話し合いと練習を重ねての発表でした。発表している姿はとても頼もしかったです♪ M.N

今年度は9題の研究発表がありました。下記に発表テーマの一部をご紹介します。
「チョコレートの摂取がストレス緩和・集中力に与える影響に関する研究」「コーヒー抽出液のブレンド豆配合などが風味に及ぼす影響」「食物アレルギー対応のおやつ作り」「イベント食に向けた郷土料理の献立作成」「ファミリーレストランの比較」「米粉パンの研究」

生活学科 食物栄養専攻 栄養教育実習Ⅰ

今回は「栄養教育の実演」2回目。各クラス4グループが取り組みました。
今後、栄養士として子どもからお年寄りまで、対象者に応じた栄養の課題に
関わっていくために必要な力をつけることが実演の目的です。

「発表」ではなく「実演」
今回はこの点にもこだわりました。
対象者を前に、なるべく原稿を見ずに
自分の言葉で伝えることを各自が大事にしました。
それぞれのテーマや対象に適した媒体を準備し
各グループ20分の実演に熱が入りました。  
今までの学びを発展させる良い機会になりました。
KO

ページの先頭へ戻る