COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

臨床検査学科 臨地実習中間報告会

臨床検査学科の3年生は4月から5ヶ月間、病院での臨地実習をおこなっています。

実際の医療の現場で、学校だけでは学ぶことのできない多くのことを学び、臨床検査技師の仕事の重要さ、大切さを実感しています。
この期間は、学校に通う日も少なくなってしまいますので、実習先で学んだこと・同級生に伝えたいことを、報告会を開いて共有しています。
様々な実習先があるため、病院ごとの特色も異なっており、皆熱心に同級生の報告を聞いていました。
(TS)

臨床検査学科 生理機能検査学実習

臨床検査学科の1年生では、生理機能検査学実習が始まっています。
病院での生理機能検査である「心電図」「肺活量」の検査を学ぶほか、血圧の測定や聴力検査、視力検査までしっかりと実習し、学んでいきます。
実際の検査機器に初めて触れる学生も、しっかりと経験を積み重ねていきます。

臨床検査学科 顕微鏡実習

今日の臨床検査学科の実習は、(株)ニコンインステック様より講師の先生をお呼びして顕微鏡の実習をおこないました。
顕微鏡は、実際の医療の現場においても臨床検査技師の必需品です。
今回は非常に細かく、顕微鏡の仕組みから操作法、そして日常でのメンテナンスまで細かく指導していただきました。

臨床検査学科 1年生の実習がはじまりました

入学式から1週間。臨床検査学科 新入生の皆さんも実習が始まりました。
臨床検査技師への第一歩となります。
今日から始まったのは、臨床検査の基本ともなる「検査機器学」の授業と実習です。
検査機器の基本的な使い方を、今日はピペット操作から学び始めました。

今年度より、複数の実習室で同時に実習を行っています。
カメラで先生の手元を映し、実習操作を細かく見ることが出来ます。

平成29年度 入学式

まだ少し肌寒い朝でしたが、天候にも恵まれた本日、入学式が執り行われました。
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

生活学科134名、臨床検査学科90名の224名を新たに、新渡戸文化短期大学の仲間として迎えることとなりました。
多くの皆さんをお迎えすることができたことを非常に嬉しく思います。

新入生の皆さんは多くの期待と少しの不安があると思いますが、教職員、先輩たち一同が精一杯サポート・応援させて頂きます。
「夢」に向かって頑張っていきましょう。

臨床検査学科 実習室の改修中

春休みの臨床検査学科の校舎では、各実習室の改修工事が行われています。
全ての実習室に大型のモニターやスクリーンが新設され、より実習が理解しやすく、勉強しやすくなりそうです。
新年度の実習から使用することになります。(T.S.)

今日も早朝ボランティア!

新渡戸祭も終わり、日毎に寒さを増すなか、7:40 今朝も元気に清掃ボランティアが行われました。

毎週水曜日、小学校から短大生までが縦割りでグループとなり、東高円寺方面、新中野方面の歩道のゴミを集めます。

ボランティアの短大生達は、小中校生、高校生をしっかりリードしています。

そして通りすがる人達からは「ご苦労様!」、児童・生徒・学生から「おはようございます!」、今日も清々しい一日の始まりでした。

K.T

 

 

明日からの2日間は学園祭です。

明日からの2日間は学園祭です。

本日は準備最終日です。準備が順調に進んでいます。

進学相談コーナーもございます。皆さまのご来校をお待ちしております。

H.N

 

東京都私立短期大学体育大会に参加しました

東京都私立短期大学 体育大会バレーボールの部が10月16日(日)に東京立正短期大学で行われました。

今年は男女とも、生活学科と臨床検査学科の学生合同チームで出場。男子は準優勝、女子は4位となりました。

 

男子はユニフォームを作るところから始め、練習を通して交流を深めるよい機会になったとのこと。

女子は全力を尽くしたが、練習不足が響いてしまったとのこと、男女ともに、来年に向けて、

今年の経験を生かし、より団結を深めていきたいと話してくれました。 WM

 

臨検:臨地実習報告会

約5ヶ月間の臨地実習を終えた3年生による報告会が9月26日に行われました。
多くの3年生が5ヶ月間の実習で経験し学んできたこと、大変だったこと、感じたこと、勉強が足りなかった事などを報告し、来年の4月から臨地実習へ行くことになる2年生は熱心に話を聞いていました。
報告会の最後には、関谷学長より人間性も大切にするように、とのお話がありました。

A.S

ページの先頭へ戻る