食品学研究室

准教授
荒木葉子
Yoko Araki
プロフィール
■研究室概要
食品学研究室では、海洋資源の有効利用の観点から、まだ私たちの食卓に供されていない海藻の食品としての利用を試みています。卒論ではこれらの未利用海藻を調理に応用するだけでなく、様々な形態に加工するための試作検討を行うとともに、風味などに影響を及ぼす海藻のエキス成分に関する実験やアルギン酸のカプセル料理への応用についても行っています。平成22年から東京ガス(株)との共同研究により、エコ・クッキングに関する研究も取り組んでいます。
■研究テーマ
1.「食品素材としての未利用海藻の成分と利用」
2.「未利用海藻の抗酸化成分の測定」
3.「未利用海藻の抗酸化成分の生体内におよぼす影響」
4.「未利用海藻の調理による成分の変化」
5.「エコ・クッキングに関する研究」
卒業研究実習風景
卒業研究実習風景