名前: 貝原 奈緒子
経歴:

【学歴】
女子栄養大学 栄養学部 実践栄養学科 卒業
お茶の水女子大学大学院 
人間文化創成科学研究科 博士前期課程 修了

【経歴】
東京家政大学 家政学部 期限付き助教
平成29年4月より新渡戸文化短期大学生活学科 助教

【資格・免許】
管理栄養士免許
博士(学術);東京家政大学

担当科目: 基礎栄養学、栄養学、ライフステージの栄養学、体の構造・機能学実習、運動生理学、栄養士フィールドトレーニング、栄養士キャリアアップ講座、基礎ゼミ
所属学会: 日本栄養改善学会、日本消化器病学会、日本食生活学会、日本消化吸収学会
教育研究実績: 【著書】
  1. 栄養科学シリーズNEXT 新・栄養学総論;2016年(共著)

【論文】

  1. 保育園児への食育介入および 保護者への教育介入の有効性に関する検討.日本栄養士会雑誌 第53巻 第3号 32-37,2010
  2. コレシストキニン1受容体ノックアウトマウスにおけるアルコール摂取行動の性差.消化と吸収Vol.36 No.3 372-376,2013
  3. プロゲステロンの胃排出速度に及ぼす影響とその効果.消化と吸収Vol.38 No.3 221-224,2016
  4. 雌マウスにおけるアルコール胃排出速度抑制効果.消化と吸収Vol.38 No.3 217-220,2016
    5マウスにおける胃排出速度の性差の存在と、CCK-1Rの関与の検討.消化と吸収Vol.37 No.3 202-206,2016
  5. The menstrual cycle influences the gastric emptying of alcohol. Biom Res 36, 411-415,2015
  6. 日本人の加齢に伴う食事摂取傾向の特徴.日本食生活学会誌Vol.27 No.2 p127-132,2016

【学会発表等】

  1. The menstrual cycle influences the gastric emptying of alcohol. International Society of Biomedical Research on Alcoholism (ISBRA) and the European Society for Biomedical Research on Alcoholism (ESBRA) Berlin 2016, 2016
  2. 雌マウスにおけるアルコール胃排出速度抑制効果. 第46回日本消化吸収学会総,2015年
  3. プロゲステロンの胃排出速度に及ぼす効果とその機序. 第46回日本消化吸収学会総会,2015年
  4. Evaluation of the psychological stress during the transient metal workload by mood alteration and physiological states. 12th Asian Congress of Nutrition 2015, 2015
  5. アルコールの胃排出速度に及ぼす効果とその機序. 第56回日本消化器病学会大会(JDDW神戸2014),2014年
  6. 唾液MHPG の測定によるストレスの客観的評価法の確立-ストループテストの条件設定と性格特性との関連-.第61回日本栄養改善学会学術総会,2014年
  7. 唾液MHPGの測定によるストレスの客観的評価法の確立. 第60回日本栄養改善学会学術総会,2013年


研究室名: 栄養学研究室