学生の皆さん
保護者様

政府から発出されていた新型コロナ感染症緊急事態宣言が6/20(日)をもって解除となり、6/21(月)からはまん延防止等重点措置が適用されることとなりました。
このことから本学としては、前期授業終了日までオンライン授業と対面授業を織りまぜた通常通りの授業を実施していく予定といたしました。

対面授業の実施については、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に対する活動指針及び対策ガイドラインに基づき、安全面を重視して慎重に対応してまいります。
現在、感染が拡大している新型コロナウイルスの変異株N501Yなどは、感染力が強く、今まで以上の注意が必要です。
学生の皆さんにおかれましては、新型コロナウイルス感染症に対する学生行動指針を遵守いただき、保健衛生の観点から、手洗い、手指消毒、うがい、マスク着用、ソーシャルディスタンシング等の励行をお願いいたします。自分自身を守り、家族や友人など大切な人の健康を守るためにも、以下の注意事項を守って、一人ひとりが自覚を持って感染予防に努めてください。

1.マスクの着用(鼻出しマスクは無効)、手洗い(20秒以上)・手指消毒をこまめに行うこと。特にドアノブ、パソコン、図書など共用の物品に触れる前後での手洗い・消毒。
2.少人数であっても、コンパ、パーティ、カラオケ、飲み会、友人宅での会食や宿泊など、密になって会話を伴う飲食を行わないこと(最も感染の危険性が高い状況である)。人との交流にはオンラインを活用してください。
3.屋内で会話をする際には、十分な換気を行い、距離を保ち、必ずマスクを着用すること。マスクを着けていない場合は、十分な距離(2m以上)を保ち、アクリル板などの遮蔽を利用し、長時間(15分以上)の会話は避けること。
4.対面での食事や食事中の会話は避け、昼休みや休憩時間にも三密を避けること。
5.不特定多数の人が集まる場所への外出やイベントへの参加は行わないこと。
6.感染の危険性が高いアルバイトに従事しないこと。
7.運動の際は、熱中症の危険性が高まるので、マスクを着用せず、人との十分な間隔(10m程度)を空けること。身体接触を伴うスポーツや掛け声、声援は行わないこと。
8. 通学途上や公共交通機関の利用に際しては、咳エチケットなどのマナーを守り、車内での飲食を避けること。つり革、手すりなどに触れた場合は、後で必ず手を洗うこと。
9. 十分な睡眠と栄養をとり、毎日、体温を測定するなど体調管理に努め、異状があった場合には、直ちに大学に連絡すること。万一の感染に備え、日記など毎日の行動の記録を残しておくこと。                            
本学は、学生の皆さんの学習機会の確保及び安全に対して最大の努力を払ってまいります。保護者様におかれましては、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先
新渡戸文化短期大学
食物栄養学科・専攻科  03-3381-0197
臨床検査学科 03-3381-0121