短期大学生のみなさんへ

週明けの1/12(火)に降雪の予報が出ています。
対面授業の実施については、「通学交通機関不通や自然災害の場合の措置」に準じ、休講は遠隔授業に変更して行います(一部の授業を除く)。

~通学交通機関不通や自然災害の場合の措置~

通学に関する交通機関が、不測の事故や自然災害のために不通の場合は、次の通りとします。本件に関しては、自らの安全確保を第一に行動してください。
自然災害とは、台風、地震、大雪、大雨、暴風、洪水、落雷などの不可抗力によるものを指します。

台風等自然災害時について、気象庁より東京23区に警報が発表された場合の授業・試験・資格取得講座等の実施に関する取り扱いは、以下のとおりとします。
1.午前6時までに警報が解除された場合は1時限から開始します。
2.午前6時から午前10時までに警報が解除された場合は3時限から開始します。ただし、午前・午後に分かれている実験実習は午前から休講の場合は午後も休講とします。
3.午前10時の時点で警報が継続されている場合は全日休講します。

〇上記1.の警報解除が無かった場合は、休講とせず遠隔授業として実施します(一部の授業は、上記2.の警報が解除された場合でも遠隔授業で行います)。
〇上記1.の警報が解除された場合は、予定通り対面授業で行います。
〇既に1/12(火)が遠隔授業で予定されている場合は、警報の有無に関わらず遠隔授業を受講してください。
〇当日の状況、各授業の詳細については、新渡戸フォリオ(manaba)の配信に注意してください。