現在、新渡戸文化短期大学では、政府から発令された緊急事態宣言及び東京都の要請を受けて、学内において集合して行う講義・実習ならびに学外実習を延期し、4月20日(月)より在宅学習を実施しています。

政府は今回の宣言の発令期間を5月6日(水)までとしておりますが、その後の授業方法については、政府及び東京都の方針に添って以下のとおり決定して参ります。

1、5/6までに緊急事態宣言が解除された場合

5/11(月)より学内において授業を実施します。
授業実施においての新型コロナウイルス感染症対応策についてはコチラ→ 「本学の新型コロナウイルス感染対策と、学生へのお願い」

2、5/6以降も緊急事態宣言が延期された場合

引き続き在宅学習を実施します。
次の課題を送付するとともに、前回の課題の提出をいただきます。
授業方法については、各科目の特性に応じて、以下の方法を併せて実施して参ります。
(1) 紙媒体での課題出題
(2) 新渡戸フォリオを用いた課題出題
(3) 動画配信
(4) zoomを用いた双方向授業
※(3)(4)のWebを用いた授業の受講にあたっては、インターネット環境等に制限のある学生ならびに情報機器の準備が困難な学生は、必ず事前に短大事務課までご連絡ください。

今後の決定事項については、ホームページにて発表していくとともに、詳細は新渡戸フォリオにて配信していきますので、随時確認してください。

本学としましても、4月より通常の授業が出来ず、学生の皆さんも期待されていた学生生活を過ごせないことに対し、苦渋の決断ですが、何卒ご理解いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
今後も教職員一丸となって皆さんの学修、資格取得に向けて授業を行っていきます。