新渡戸文化短期大学では、新型コロナ感染拡大防止を踏まえ、文部科学省から発表された「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」に則り、授業開始に向けた以下の対策を遵守してまいります。学生の皆さんにおかれましても、以下の事項の励行をお願いいたします。
 

1、検温と風邪の症状などの体調確認について

・学生・・・登校前に各自検温し、登校した際に、検温記録簿に記入してから授業を受けるようにしてください。
37.5℃以上の熱がある場合または風邪の症状(咳、喉の痛み、鼻水等)がある場合は登校を控えてください。(※短大事務課へ必ず電話連絡してください。)
登校前の検温を忘れた場合は、保健室にて検温をしてください。
学内で体調不良となった場合は、保健室で検温を行い、看護師の指示を受けてください。

・教職員・・・出勤前に各自検温し、出勤の際、検温記録簿に記入する。37.5℃以上の熱がある場合または風邪の症状(咳、喉の痛み、鼻水等)がある場合は出勤を控えます。
 

2、手洗いと咳エチケットについて

・学生・・・手洗い、うがいを徹底してください。
3つの咳エチケット(マスク、ティッシュ・ハンカチで覆う、袖で覆う)を守ってください。    
登校時、飲食前、教室入替前等はアルコール消毒液で手指の消毒を行ってください。
アルコール消毒液は学内各所に設置しています。(建物入口、短大事務課、各教室、カフェテリア等)

・教職員・・・手洗い、うがいを徹底します。
3つの咳エチケット(マスク、ティッシュ・ハンカチで覆う、袖で覆う)を徹底します。
出勤時、飲食前、教室入替前等はアルコール消毒で手指の消毒を徹底します。
 

3、保健室看護師との連携と清掃による環境衛生管理について

・学生・・・体調が悪い場合には保健室にて看護師の指示を受けてください。

・教職員・・・清掃職員により、教室各所(照明スイッチ、ドアノブ、入口取っ手)は毎日消毒液で消毒します。
 

4、抵抗力を高めることの重要性について

・学生・・・抵抗力を高めるためには、きちんとした食事習慣、睡眠時間の確保が大切です。
また、繁華街やイベントなど、人が密集する所への外出は控えるようにしてください。

・教職員・・・不要不急な外出は控えます。
 

5、3つの密を避けるための対策(換気の悪い密閉空間、人の密集、近距離で密接した会話や発声)について

・学生・・・全員マスクまたはマスクに準ずるもの(手作りマスク、タオル、ハンカチ等)を着用してください。
手作りマスクの紹介を参考にしてご用意ください。
教室、カフェテリアでは、密接して座らないよう座席指定をします。指定された配席に着席してください。

・教職員・・・全員、常時マスクを着用します。教室は原則、常時換気をします。
密接して座らないよう間隔をあけて、教室、カフェテリアの配席を決定します。    
 

6、昼食における感染防止の工夫

・学生・・・カフェテリアの配席を制限し、密接して座らないよう座席指定をします。
指定された配席に着席してください。また、教室も昼食場所として開放しますので、分散して利用してください。
     
・教職員・・・なるべく多くの学生が利用できるよう、昼食時のカフェテリアの利用は自粛します。

何かご不明なことがありましたら、下記までお問い合わせください。
 

(お問い合わせ)
新渡戸文化短期大学
生活学科 短大事務課  TEL 03-3381-0197
臨床検査学科 短大事務課 TEL 03-3381-0121