新学長就任のお知らせ
新渡戸文化短期大学の学長に、医学博士 木村直史 が就任いたしました。

新入生の皆さんへ
この度は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、入学式を中止といたしました。
入学式で予定しておりました学長式辞を掲載いたします。

新渡戸文化短期大学学長 木村直史

 皆さん、入学おめでとうございます。ようこそ、新渡戸文化短期大学へ。歓迎いたします。
今回は新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、入学式を通常通りに行うことができません。
皆さんの晴れの入学式を楽しみにされていたご家族、関係者の方々に参列いただけないことは、まことに残念で申し訳ございません。
どうかご理解いただけますよう、お願いいたします。

 新入生の皆さんは、これから本学で学ぶことになります。
皆さんは「生徒」から「学生」になります。これからは「学ぶこと」が皆さんの生活の中心となり、自ら求め、自ら学ぶという主体的な姿勢が必要になります。
本学の建学の精神はラテン語でVeritas vos Liberabit(ウェーリタース・ウォース・リーベラービト)で、「真理はあなたがたを自由にする(解放する)だろう」という意味です。
これは、本学の初代校長新渡戸博士と創立者森本博士が学んだジョンズ・ホプキンズ大学をはじめとして、世界中の多くの大学でモットーとして使われている教育標語です。
人類の歴史において、健康や病気に対する誤った認識や迷信は、しばしば、人間を不安や恐怖へ落とし入れ、誤った行動や対処法に縛りつけてきました。科学が進歩した今日、インターネットの発達により多くの情報が蔓延していますが、その中には正しい情報もあれば、誤った情報も多くあります。
大切なことはその中から正しい情報を見極めて選択していくことです。
真理を知ることにより、病気を不必要に恐れることはなくなり、誤った対処法で健康を害することから解放されます。
それだけではありません。多くの正しい知識や考え方を学ぶことにより、皆さんの精神的世界は大きく広がります。
世界が広がるということはそれだけ自由になるということです。
皆さんもこれから大いに世界を広げてほしいと思います。

 本学の教育理念に3H精神というのがあります。Hで始まる3つの英単語 Head、Hands、Heartの略です。
Headは活く(はたらく)頭、Handsは勤(いそ)しむ双手(もろて)、そしてHeartは寛き(ひろき)心という意味です。
本学の教育は頭を活発に働かせるだけでなく、手に技術を持つことを目的としています。
手足を動かすことは、脳の活動も刺激することになります。
生活学科では、科学的に健康に良い献立を作成できるようになるだけではなく、それが実際においしく食べられる料理にする技術も身に付けます。

臨床検査学科では、単に国家試験に受かる知識を身に付けるだけではなく、実際の現場で臨床検査の技術を実践できるようになることを目指しています。
本学の教育では学外実習や臨床実習に多くの時間をかけており、手や体で技術を身に付けることを重視しています。
是非、それらの実習から体験的に学んでほしいと思います。
将来、皆さんが目指すのは、栄養士、臨床検査技師という人々の健康や命にかかわる専門技術職、プロフェッショナルです。
特に環境衛生や感染防止についても正しい知識を学び、細心の注意を払わなければいけません。
プロフェッショナルというのは生涯にわたって絶えず自分の知識と技術を磨き、頭と手を働かせていく必要があるのです。

 皆さんは将来、社会の中で自立して生きていかなくてはなりません。
社会の中で生きていくということは、人間関係の中で生きていくことです。
その際に大切なことは、広い心を持って多様な人間を理解しようとすることです。
これが3つ目のH、Heartです。
人には皆、個性があります。
得意なこともあれば、苦手なこともあります。
恵まれている人もいれば、そうでない人もいます。
世界には、肌の色も、言語も、文化も異なる多くの人々が生活しています。
しかし、人間は誰しも親や環境、国を選んで生まれてくることはできません。
ですから、そういったことによる違いで人を差別してはいけません。
お互いの存在、いのちを大切にし、やさしさと思いやりをもって人と接することが、人間関係を築く基本になります。
人間もまた動物ですので、様々な感情、怒りや嫉妬がこみあげてくることがあります。
特に自分が苦境に立たされた場合や余裕のないときは、なかなかこれらの感情を抑えることはできません。
他者に対するやさしさと思いやりも、実は訓練しないと身につかないのです。
今回の新型コロナウイルス感染症の世界的流行は、私たち人類にとって大きな試練ともいえます。
世界中の人々と助け合って、この試練を乗り越えようではありませんか。

 皆さんがこれから学ぶことは、皆さんの将来の職業や生活に直結することばかりです。
何一つ無駄なことはありません。学べば学ぶほど、自分の将来の糧になると思って積極的に学んで下さい。
皆さんが積極的に学ぶ限り、私たちも努力と協力を惜しみません。共に頑張りましょう。