中国 重慶市にて開催(3月29日ー30日)された第10回 「中国検査医学会技術及び応用学術学会」にて、長年に渡る当該学会との交流による招聘にて宮地学長が講演を行いました。

記念公演は2024年3月29日に行われ、『臨床検査の国際標準化における日本の活動:国際標準規格 ISO 15189(臨床検査室の品質と能力)改定版の変更点と関連規格』というテーマでした。

参加者の方々からも高く評価され、第10回 の記念大会における講演に対して感謝状を頂きました。

今後も新渡戸稲造先生の意思の一つでもある『国と国、人と人の架け橋』になれるように、
国際化推進の一助になれればと思います。