close

授業紹介

おいしい料理でみんなが笑顔になれる。そんな栄養士をめざします。

調理学実習

丁寧で素早い包丁技術、食材の正しい扱い方を十分に身につけてから、専門的で高度な調理技術の習得へと進みます
包丁の持ち方や立ち方、食材の切り方、出汁の取り方から学びます。丁寧で素早い包丁技術、食材の正しい扱い方を十分に身に付けてから、日本料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理などの専門的で高度な調理技術の習得へと進みます。

栄養教育実習

健康でいきいきと暮らすための食生活を目的に、栄養教育の方法を学びます
「ピーマンにはカロテンという栄養素が入っています!」大きな声でゆっくりと。子どもに食べ物や、食べることの大切さを教えられるようになるための練習です。健康でいきいきと暮らすための食生活を目的とした、栄養教育の方法を学びます。

給食管理実習

100食分の給食づくりをすべて学生たちで行います
グループに分かれ、100食分の給食づくりに挑戦!献立作成から材料の発注、品質管理、調理、提供、喫食調査まで、すべてを学生たちで行います。大量の食材を効率よく調理するにはチームワークも重要。技術も心も磨かれます。

食品学実験

様々な食品やその成分の特性について学んできた理論を検証し、体感することができます
醤油の塩分濃度の測定、新しい卵と古い卵の見分け方、ゲル形成による人工イクラ試作、野菜色素に対するpHの影響など、様々な食品やその成分の特性について学んできた理論を実験を通じて検証し、体感することができます。

体の構造・機能学実習

ヒトの身体のはたらきを体験を通して学ぶことができます
人体模型や組織標本の観察を行ない、ヒトの身体の成り立ちについて学びます。また、自らが被験者となって、身体計測や体温・血圧測定の正しい方法の習得や、感覚や神経に関する実験などを通して、ヒトの身体のはたらきを、体験を通して学ぶことができます。

カリキュラム

●栄養士免許取得必修科目 ★栄養士免許取得選択必修科目

Copyright 2019© Nitobebunkagakuen All Rights Reserved.