生活学科
児童生活専攻

生活学科児童生活専攻は
2020年度以降の学生募集を停止いたしました

授業紹介Child Life Speciality

都心の豊かな環境で在学中から
本物の保育にふれる実践教育が学べます!

子どもと表現

保育者には、子どもたちが想像力を伸びやかにはたらかせ、喜んで表現できる環境や活動をつくり出すことが求められます。授業では歌や手遊び・絵本の読みきかせ・人形劇・パネルシアターなどを経験し、レパートリーを増やしていきます。
そのなかで、保育という営みの面白さ・ふしぎさ・重要さについて様々な角度から学んでいきます。

子どもの保健演習

赤ちゃんの人形を使って、衣服の着脱や沐浴の方法を学びます。食事、排せつ、身体測定…赤ちゃんの安全で健康な生活を守るためには「専門家としての関わり方」が必要です。みんなで名前を付けた赤ちゃんはひとりひとり丁寧に扱われます。

器楽Ⅰ

教育現場で歌われている曲を中心に、ピアノの基礎的な技術を学びます。それぞれのレベルにあった個別指導なので、初心者でも大丈夫。姿勢や指の形などの基本から始まり、授業ごとにレパートリーを増やしていきます。練習室も充実しています。

就業力育成演習(専攻科)

授業の中で、併設子ども園(幼稚園)の預かり保育、運動会、納涼会などの活動に保育補助として参加します。
保育には計画、準備、実施、評価、改善などたくさんの行程が必要です。また、保育者同士の協力も重要。
実際に子どもたちや保護者の方々とも触れあう機会を持ちながら、自分の知識や技術を現場で生かせる実践力へと高めていきます。
Top