COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

専攻科 児童生活専攻 「保育実践演習発表会」

12月、専攻科児童生活専攻では、授業「保育実践演習」の中で

研究してきた成果として、発表会が実施されました。

個人テーマとして、保育に関する幅広いテーマ・内容の研究発表がありました。

先行研究を踏まえた、理論的・実践的研究の成果です。

終了後は、写真を撮ったり、指導教員とざっくばらんに話したりしました。

ここでの成果は、学生にとって、非常に意味のあるものであったといえます。

(写真は濱中ゼミ【濱中啓二郎 専任講師】)

 

 

食物栄養専攻 1年生

最後の製菓・製パン実習の授業で、ウェディングケーキ作りにチャレンジしました!

今まで習ったお菓子を参考に、各自でデザインしたケーキのデザインを持ち寄りました。その後それぞれのアイデアをまとめて班のケーキを考え、最終日の授業で形にしました。

初めての作る大きいケーキに戸惑いながらも一生懸命各々の飾りつけをしました。もちろん、飾りのシューやクッキー、マジパンすべて学生たちの手作りです!

それぞれの想いが込められたケーキが出来上がり、学生たちの笑みも溢れていました。

専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、12/20に8回目の『親子レストラン』を実施しました。

『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。

今回のメニューは、ハンバーグステーキ デミグラスソース、ラタトゥイユ(野菜のトマト煮)、マカロニグラタン、グリーンサラダ、かぼちゃのポタージュ、バゲット、クレームダンジュ(ふわふわなチーズのムース)ラズベリーソースです。

今回はクリスマスを意識し、子供たちの大好きなメニューにして星形に抜いた野菜をトッピングしました。

今回は、総勢68名と多くのお客様にお越しいただき、カフェテリア内はいつものように子供たちの楽しそうな笑い声であふれていました。

来年も親子レストランは続きます。次回もお客様に喜んでいただけるように腕を磨き、満足いただけるよう頑張ります。

食物栄養専攻1年 栄養教育実習Ⅰ(必修)

今回は各班による栄養教育の実演を行いました。

小学生(低・中・高学年)、中学生を対象とし

「朝ごはんを食べよう」「五感を使ってよく噛もう」「おやつのとり方」などをテーマに

指導方法や媒体等を話し合い、今日に向けて準備を進めてきました。

 
どの班も熱心な取り組みで、栄養士の仕事の専門性がさらに理解できたことと

思います。次回の実演は1月10日になります。

KO

     

生活学科 学友会主催 「2018Xmasパーティー」 

昨日、毎年恒例の

学友会主催の「Xmas パーティー」を第2カフェテリアで開催いたしました。

学友会1年生のデビューでもあり、初めて1年生だけで企画から準備、運営を行います。

楽しい交流の時間となるよう、みんなで考え悩みながら準備を進めてきたかいがあって、

今年は、色んなアイデアが取り入れられたパーティーとなりました。

サンタやトナカイ、そして笑顔で元気な子サンタ達が素敵なホストを務め

ゲストを楽しませてくれました。

N.K

 


食物栄養専攻 1年生 必修 栄養教育実習Ⅰ

授業も12回目になりました。
来週からの栄養教育の実演に向けて、今日の実習では各班ラストスパートです。
指導目標の達成をめざしアプローチの方法に力が入ります。
k.o

       

 

専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、12/6に7回目の『親子レストラン』を実施しました。
『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。
メニューは、鶏肉のフリカッセ、野菜のバター煮、グラタンドフィノワ、グリーンサラダ、田舎風ポタージュ、バゲット、かぼちゃのプリンを提供しました。
今回は、総勢57名のお客様にお越しいただき、カフェテリア内はいつものように子供たちの楽しそうな笑い声であふれていました。
お客様に満足いただくためにより腕を磨き、次回の親子レストランも喜んでいただけるよう頑張ります。


 

食物栄養専攻 1年生

11月28日の製菓製パン実習では、パティシエの佐藤雅之先生からブルッティ マ ヴォーニ(イタリアのメレンゲ菓子)と洋ナシのキャラメルソテーを使用した皿盛りのデザートを教えていただきました。

先生がデザートの盛り付けをする際には、学生たちの目は先生の動きに釘付けになり、歓声が起こりました。

学生たちも各々のデザートのデザインを考え盛り付けていました。

 

専攻科 調理専攻 カフェ・レストラン実習

11/29のカフェ・レストラン実習はフランス料理の実習を行いました。
メニューは、コック・オ・ヴァン(鶏肉の赤ワイン煮)とメカジキのエスカベッシュという伝統的な料理です。
コック・オ・ヴァンは、表面を焼き上げた骨付きの鶏もも肉とたっぷりの赤ワイン、玉葱、人参、セロリ、にんにくなどを入れ、やわらかくなるまで煮込みました。付け合わせにはヌイユと呼ばれる手打ちのパスタなどを添えたボリュームのある料理です。
メカジキのエスカベッシュは、カラッと揚げたメカジキを野菜たっぷりのマリネ液につけた、さっぱりとした料理です。
これまで多くの実習を積み重ね、専攻科生たちの調理技術や料理人としての自覚は確実に向上しています。
より一層のレベルアップを目指し、今後も取り組んでいきます。

 

 

 

ページの先頭へ戻る