COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

新渡戸祭ミニセミナー開催!

10/27(土)新渡戸祭が開催されました。

その中から、毎年開催している「新渡戸祭ミニセミナー」の様子をお知らせいたします。

 

第1日目の今日は、本学の教授らによる講演。

 

「日々変化していく私たちの食環境 ~時短料理は食卓の主役になれるのか~」生活学科 食物栄養専攻 教授 大島恵子

最近の私たちのまわりには便利な食品が増えてきました。カット野菜やあえるだけのパスタソース、冷凍食品などなど…

確かに便利で簡単に作れます。でも、たまには大切な家族に、少し手間をかけて作ってあげたい。そんな気になるお話でした。

 

「ハタラク夫婦を応援!プチ両親学級 夫婦でこれからの育児を考える ~こんなにも違う男女の視点」生活学科 児童生活専攻 准教授 榊原久子

家族が仲良く暮らしていくためには、夫婦のパートナーシップがとても大切。育児に対する男女の視点の違いから、衝突することも多いはず。今日の講演を機に、これからのこと、2人のこと、家族のことを話してみてほしい。そして言葉で伝えて、最後に「ありがとう」が言えたら、きっと良い家族になっていけるんだろうな、と思える講演でした。

 

「腸の中から健康を!」生活学科 食物栄養専攻 教授 加藤久宜

腸の中には、500種以上、約100兆個の腸内細菌が存在し、様々な細菌が種類ごとにまとまって腸内フローラを形成しています。一般的に、腸内の環境を良くするには善玉菌を増やすことと考えられています。生活環境や食生活の変移から、腸の環境を良くする方法を考えました。

食生活の欧米化によって、私たちの腸内環境も昔とは変わってきており、そこからかかる疾病にも変化が出てきていると言います。

まずは自分の食生活を見直していきたい、と考えさせられるお話でした。


 

 

 

 

新渡戸祭ミニセミナー  2日目の明日10/28(日)は…

「食と音楽による未病改善と認知症予防」臨床検査学科 非常勤講師 埼玉医科大学短期大学名誉教授  和合 治久 氏による《特別講演》です。

10/28(日)13:30~14:30

有効な食物や音楽を活用すると、バランスを失った自律神経が正常化します。現代社会においてストレスは逃げられないものですが、免疫力をあげることや日々簡単にできる音楽療法を取り入れ、脳がリラックスをすることで認知症予防にもつながります。
ぜひ、ミニセミナーにご参加いただき、健康増進にお役立てください。

当日は講演参加者のお子様のお預かりをいたしますので、ゆっくりと聴講いただけます。

ぜひ、ご参加ください!

新渡戸祭ミニセミナー

 

 

明日から新渡戸祭!(2019.10/27.28)

いよいよ、明日は新渡戸祭です!

昨日、今日の準備期間、学生達は飾り付けや準備に動き回っていました。

各企画の教室も出来上がり、あとはお客様をお迎えするだけです。

みなさまのご来校をお待ちしております♪

 

       

 

2018年度 新渡戸祭

10月27日(土)・28日(日)

10:00~16:00

 

【生活学科】

『Hey!Say!Festival!~平成最後の新渡戸祭』

・詳細はこちらをご覧ください。

 

【臨床検査学科】

『PREMIUM 新渡戸DAY』

・詳細はこちらをご覧ください。

 

【新渡戸祭ミニセミナー】

・詳細はこちらをご覧ください。

会場:新渡戸文化学園 図書館2階 ライブラリーラウンジ

10/27(土)
○13:00~13:30「時短料理は食卓の主役になれるのか~」
○13:45~14:15「ハタラク夫婦を応援! プチ両親学級」
○14:30~15:00「腸の中から健康を!」

10/28(日)
○13:30~14:30「未病の改善と認知症の予防を目指して」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食物栄養専攻 1年生

後期の製菓・製パン実習では、洋菓子・和菓子・パンの分野でそれぞれ活躍されているプロの先生方を講師にお迎えし、プロの先生方の技を実際に見て学ぶことができる授業です。

1回~6回までの授業の様子を紹介します。

初回はスイーツジャーナリストの平岩理緒先生から「パティスリー&スイーツ業界の現状と今後」についての講義を受けました。

2回、3回はグランドプリンスホテル高輪 佐藤一先生からショートケーキ等、4回、5回は(株)マッシュアップ 佐藤雅之先生にシュークリーム等を教えていただきました。

 

 

 

 

専攻科 調理専攻 カフェ・レストラン実習

10/18のカフェ・レストラン実習は伝統的なイタリア料理の実習を行いました。

メニューは、鶏肉の煮込み猟師風、リングイーネのジェノヴァペスト和え、カントゥッチとアマレッティです。

鶏肉の煮込み猟師風は鶏肉といろいろなきのこを白ワイン酢、トマトソース、数種類のハーブ等と共に煮込んだ料理です。

リングイーネのジェノヴァペスト和えはバジルや松の実、パルメザンチーズをペーストにしたソースを絡めた、色鮮やかで香り高いパスタです。

カントゥッチは別名ビスコッティ(2度焼くの意味)といい、しっかりと焼き込んだ歯ごたえのある焼き菓子、アマレッティはアーモンドパウダーをたっぷり使用し、外はサックリ中はしっとりとした食感の焼き菓子です

専攻科生たちは日々の実習を通し、確実にレベルアップをしています。

今後もお客様に満足していただけるよう、技術向上を目指して頑張ります。


専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、10/11に4回目の『親子レストラン』を実施しました。

『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。

メニューは、イタリア風ミートボールのトマト煮、野菜のオムレツ、マッシュポテト、パルメザンチーズのおせんべい、グリーンサラダ、ミネストローネ、ライス、黒ゴマのパンナコッタを提供しました。

今回は、総勢25組78名と今までで一番多くのお客様にお越しいただきました。

お食事を提供してる間、厨房はまさに戦場!?となりましたが、カフェテリア内は子供たちの楽しそうな笑い声があふれ、親御様たちにもご満足いただけたようで専攻科生達も一安心です。

お客様に満足いただくためにより腕を磨き、次回の親子レストランも喜んでいただけるよう頑張ります。

第59回東京都私立短期大学体育大会(テニス)優勝

昨日(10/14)東京都私立短期大学体育大会(テニス)に
臨床検査学科テニス部が参加いたしました。

青山学院女子短期大学、東京立正短期大学
戸板女子短期大学、新渡戸文化短期大学の
4校、14名が出場し
新渡戸文化短期大学は3名の学生が出場し、
個人女子シングルス優勝・準優勝・3位となりました。
さらに、団体戦も優勝という
最高の成績を収めました。

今後は、他校との合同練習・試合や合同合宿など企画していきたいと、
学生の会話が盛り上がっていました。

『あまりものレシピ』の最終審査開催!

10/13 中野区との連携事業「我が家のあまりにも美味しい『あまりものレシピ』」の最終審査が行われました。

これは中野区が「食品ロス」対策事業として、食材を無駄にしないで食べきるためのレシピを各家庭から応募していただいたものです。

最終審査では応募のあった33レシピの中から13レシピを実食!
本学教員や学生がレシピを再現し、特別審査員の方に召し上がっていただきました。

特別審査員・酒井区長

厳正なる審査の様子

調理をお手伝いした学生も交えて記念撮影

 

【特別審査員】
中野区長 酒井  直人 様

環境部長 白土  純 様

ごみゼロ推進担当副参事 千田 真史 様

 

新渡戸文化短期大学学長 関谷 透

新渡戸文化学園事務局長 鈴鹿 勇二

新渡戸文化短期大学教授 原 たつえ(審査委員長)

新渡戸文化短期大学准教授 堀 理佐

 

 

 

最終審査まで残ったレシピは、どれも美味しく出来上がっていましたが、中でも普段は捨ててしまいがちのものがとても美味しく大変身していたことに驚きの声が多かったです。

最終審査の結果は11月17日に開催される「なかのエコフェア」で発表されるとのこと。
お楽しみに!

専攻科 調理専攻 『製パン特別実習』

製パン特別実習では、手捏ねでパン生地を作り、1人で20~30個程のパンを仕上げます。

今回は、セサミハニーパンとバジルトマトパンの作り方を学びました。捏ねる作業、発酵、成形それぞれの工程で変化していく生地の状態を見極めながら、毎回美味しいパンを作れるよう奮闘しています。

 

  

 

 

 

生活学科 食物栄養専攻:調理学実習Ⅳ

10月4日は食物栄養専攻2年生の調理学実習Ⅳを行いました。
メニューは『ピロシキ、ボルシチ、スイールニキ、ロシアンティー』とロシアの伝統的な料理を学びました。
ピロシキはドゥ生地を復習し、揚げたときに破裂しないようにあらかじめ炒めた具材をしっかりと包み、こんがりきつね色に揚げました。
ボルシチは生のビーツや骨付きの豚バラ肉を使い、本場ならではに仕上げました。
スイールニキはカッテージチーズを入れたロシア風チーズ菓子で、まるでチーズを食べているかのようなパンケーキです。
学生たちは本場の料理を再現できるよう、協力しながら実習に臨み、美味しい料理に満足していました。(R.M)
   

専攻科 調理専攻 カフェ・レストラン実習

10/3のカフェ・レストラン実習のメニューは、ローストポークのエグルドゥースソース(エグルドゥースとは、甘酸っぱいという意味)と、アスパラガスとポーチドエッグのオランデーズソース(オランデーズソースとは卵を湯煎にかけながら溶かしたバターを乳化させたもの)でした。

ローストポークは低温でじっくりと焼き上げることでしっとりと仕上げ、1枚1枚丁寧にスライスをして盛り付け。

ポーチドエッグは温度と時間を徹底し、茹で上げました。

実習を終えた専攻科生たちは、当日の実習の振り返りと次の実習に向けた作戦会議を行います。

今後もお客様に満足していただけるように励みます。

 

専攻科 調理専攻 カフェ・レストラン実習

調理専攻の学生たちが提供するメニューは、実習の回が増すごとにクオリティが高くなっています。

9/26の実習メニューは、鯛のプロヴァンス風(プロヴァンス風とは、にんにく・トマト・オリーブ油などを用いた料理)と、じゃがいもと挽肉のグラタン仕立て。

9/27の実習メニューは、すずきのパイ包み焼き(パイ生地ですずきと帆立のムースを包み、さっくりと焼き上げた料理)と、レンズ豆とキャベツのスープでした。

すずきのパイ包み焼きは、すずきと帆立のムースを重ねてパイ生地で包むという細かい作業でしたが、皆で協力し、手順良く調理作業ができるようになりました。

お客様に満足していただけるよう、今後もみんなで切磋琢磨し、技術向上を目指して頑張ります。

 

ページの先頭へ戻る