COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、12/6に7回目の『親子レストラン』を実施しました。
『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。
メニューは、鶏肉のフリカッセ、野菜のバター煮、グラタンドフィノワ、グリーンサラダ、田舎風ポタージュ、バゲット、かぼちゃのプリンを提供しました。
今回は、総勢57名のお客様にお越しいただき、カフェテリア内はいつものように子供たちの楽しそうな笑い声であふれていました。
お客様に満足いただくためにより腕を磨き、次回の親子レストランも喜んでいただけるよう頑張ります。


 

専攻科 調理専攻 カフェ・レストラン実習

11/29のカフェ・レストラン実習はフランス料理の実習を行いました。
メニューは、コック・オ・ヴァン(鶏肉の赤ワイン煮)とメカジキのエスカベッシュという伝統的な料理です。
コック・オ・ヴァンは、表面を焼き上げた骨付きの鶏もも肉とたっぷりの赤ワイン、玉葱、人参、セロリ、にんにくなどを入れ、やわらかくなるまで煮込みました。付け合わせにはヌイユと呼ばれる手打ちのパスタなどを添えたボリュームのある料理です。
メカジキのエスカベッシュは、カラッと揚げたメカジキを野菜たっぷりのマリネ液につけた、さっぱりとした料理です。
これまで多くの実習を積み重ね、専攻科生たちの調理技術や料理人としての自覚は確実に向上しています。
より一層のレベルアップを目指し、今後も取り組んでいきます。

 

 

 

専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、11/22に『親子レストラン』を実施しました。

『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。

メニューは、鶏と野菜のトマト煮込み、たこと白いんげん豆のサラダ、きのこのタルト、グリーンサラダ、コーンスープ、バゲット、紅茶風味のパンナコッタを提供しました。

今回は、総勢56名のお客様にお越しいただきました。

今回の親子レストランで6回目の実施となり、経験を積むことで専攻科生たちは調理や提供の手際がどんどん良くなってきています。

カフェテリア内はいつもと同様に、子供たちの楽しそうな笑い声であふれていました。

次回の親子レストランもお客様に満足いただけるよう頑張ります。

専攻科 調理専攻 『日本料理実習』

今回の日本料理実習はカフェテリアにて実習を行い、学内の先生方や学生に昼食の提供をしました。

献立は、豚しゃぶ蕎麦・豚しゃぶうどん、蒸し鶏サラダ、炊き込み御飯(さつま芋)、茶碗蒸し、旬の果物(柿、巨峰)です。蕎麦かうどん、お客様にお好きな方をお選びいただきました。

食材の下処理を丁寧に行うことで美味しさを引き出すことが出来ます。学生たちは一つ一つの作業に対し“基本に忠実に”を心がけ調理を行いました。

温かい茹でたての麺と旬の食材をふんだんに使用した献立でお客様に喜んでいただくことが出来ました。


専攻科 調理専攻 カフェ・レストラン実習

11/15のカフェ・レストラン実習はフランス料理の実習を行いました。

今回はドイツとの国境に位置するアルザス地方の料理です。

メニューは、シュークルートガルニと玉葱のタルトアルザス風です。

シュークルートガルニは、鶏肉、ベーコン、ソーセージなどを、たっぷりのシュークルート(キャベツの酢漬け※ドイツではザワークラウトと呼ばれます)と白ワインを入れ煮込んだボリュームのある料理です。

玉葱のタルトアルザス風は、たっぷりの玉葱に卵や生クリームをあわせてパイ生地に流してサクサクに焼き上げた、玉葱の甘みが特徴のタルトです。※別名タルトフランベとも呼ばれます。

後期の実習も、間もなく折り返し地点となります。

これからも実習を通して経験を積み上げ、調理技術の向上を目指して頑張ります。

専攻科 調理専攻 『製パン特別実習』

今回は、トリコロールとシナモンレーズンロールの2種類のパンを教えていただきました。

渦巻状のパンの成形は、生地を均等な厚さに伸ばし端から具を巻き込み、高さを揃えて切っていきます。学生たちは生地の特性を考えながら、出来上がりを想像しながら成形していました。初めての成形方法でしたが、見栄えよく仕上がりました。
    

専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、11/8に5回目の『親子レストラン』を実施しました。

『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。

メニューは、かにクリームコロッケ、スペイン風オムレツ、鶏肉のエスカベッシュ、グリーンサラダ、コーンスープ、バゲット、フレッシュフルーツのゼリーを提供しました。

今回は、総勢24組66名のお客様にお越しいただきました。

専攻科生たちは、みんなで協力をして盛り付けの流れを考え、お客様をお待たせすることなく料理を提供することが出来ました。

カフェテリア内は子供たちの楽しそうな笑い声であふれていました。

次回の親子レストランもお客様に満足いただけるよう頑張ります。

専攻科 調理専攻 カフェ・レストラン実習

10/18のカフェ・レストラン実習は伝統的なイタリア料理の実習を行いました。

メニューは、鶏肉の煮込み猟師風、リングイーネのジェノヴァペスト和え、カントゥッチとアマレッティです。

鶏肉の煮込み猟師風は鶏肉といろいろなきのこを白ワイン酢、トマトソース、数種類のハーブ等と共に煮込んだ料理です。

リングイーネのジェノヴァペスト和えはバジルや松の実、パルメザンチーズをペーストにしたソースを絡めた、色鮮やかで香り高いパスタです。

カントゥッチは別名ビスコッティ(2度焼くの意味)といい、しっかりと焼き込んだ歯ごたえのある焼き菓子、アマレッティはアーモンドパウダーをたっぷり使用し、外はサックリ中はしっとりとした食感の焼き菓子です

専攻科生たちは日々の実習を通し、確実にレベルアップをしています。

今後もお客様に満足していただけるよう、技術向上を目指して頑張ります。


専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、10/11に4回目の『親子レストラン』を実施しました。

『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。

メニューは、イタリア風ミートボールのトマト煮、野菜のオムレツ、マッシュポテト、パルメザンチーズのおせんべい、グリーンサラダ、ミネストローネ、ライス、黒ゴマのパンナコッタを提供しました。

今回は、総勢25組78名と今までで一番多くのお客様にお越しいただきました。

お食事を提供してる間、厨房はまさに戦場!?となりましたが、カフェテリア内は子供たちの楽しそうな笑い声があふれ、親御様たちにもご満足いただけたようで専攻科生達も一安心です。

お客様に満足いただくためにより腕を磨き、次回の親子レストランも喜んでいただけるよう頑張ります。

専攻科 調理専攻 『製パン特別実習』

製パン特別実習では、手捏ねでパン生地を作り、1人で20~30個程のパンを仕上げます。

今回は、セサミハニーパンとバジルトマトパンの作り方を学びました。捏ねる作業、発酵、成形それぞれの工程で変化していく生地の状態を見極めながら、毎回美味しいパンを作れるよう奮闘しています。

 

  

 

 

 

ページの先頭へ戻る