COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

「カラーコーディネート講習会」開催しました。

カラーコーディネート講習会が11月12日(火)に開催されました。

 

「外見は一番外側の中身」とのお話があり、パーソナルカラーとは?

似合う色の効果など、講義とともに、実際、自分はどのカラーになるのかを

グループワークで学びました。先生が一人ひとりにアドバイスしてくださり、

みんな熱心に聴き、色見本を見比べ、自分に似合う色を見つけました。

近年は男性も美意識が高くなり、お洒落な男性増えています。

今年は、男子学生の参加もありたいへん盛り上がりました。

N.K

 

生活学科:食物栄養専攻2年生『食品化学実験』

食品化学実験では、日本食品標準成分表で実際に用いられている分析法で一般成分の分析を行っています。
かんぱん、押し麦、干しそば、きなこ中の水分、灰分、脂質、およびタンパク質を測定しました。
数週に渡る実験で行われたこれら4成分の結果をもとに、炭水化物量やエネルギーも算出しました。
学生は初めは慣れなかった機器の扱いも繰り返し実施することでスムーズにできるようになりました。
写真は大がかりな装置を使ってタンパク質の分析をしているところです。
その結果を日本食品標準成分表の数値と比較し、最後はレポート作成です。
M.S

生活学科:食物栄養専攻2年『給食管理実習Ⅰ(校内実習)』

今回のDAクラス2班のメニューは『きのこのリゾット・バジルチキンソテー・ブロッコリーのマリネ・コンソメスープ・グレープゼリー~コンポートのせ~』、DBクラス2班は『さんまご飯・揚げだし豆腐・キャベツの塩昆布和え、具だくさん味噌汁、茶巾しぼり』でした。

どちらのクラスも旬の食材をたくさん取り入れた秋のメニューです♪

DAクラスのきのこリゾットは、水分や調味料の調節など大量調理で作る難しさを感じながらも、おいしく丁寧に仕上げたい!という思いで作りました。グレープゼリーは、大粒のぶどうをコンポートにして添えました。

DBクラスのさんまご飯は、しそと生姜の香りがさんまに合い、食欲をそそる一品となりました。

どちらのメニューもお客様に喜んで頂けました。今回の反省点や課題も見つかった実習となりましたが、今後に繋げていきたいと思います。M.K

食物栄養専攻2年生「体の構造・機能学実習」

生活学科食物栄養専攻では、

2年生になると実習を通して理論を実践へ繋げていく学びが増えます。

栄養士が『食』について考えるとき、それを食べる『人』に対する

理解が大切となります。この実習では人の体のつくりや働きについて、

五感を通して体験します。写真は「人体模型」を手にして観察している場面です。

内臓の位置や大きさなども細かく観察しました。

消化管同士のつながり方も改めて目で見ると理解が深まります。

M.I

第9回 NITOBEレッスンを開催しました♪

11月5日(火)に「NITOBE LESSON」を開催しました。

 

今回は、東京No1フレンチとも評される

7年連続ミシュラン1ツ星獲得の『アムール』の後藤祐輔シェフに習う

「本気」の肉料理を2回連続で教えていただきます。

 

今回のメニュー

・鶏もも肉のポワレ

粒マスタードクリームソース  バケット添え

・じゃがいものムースリーヌを添えて

 

盛り付けも最後まで気を抜かずに行うことにより

見た目と食感の大切さを学びました。

 

次回の「本気」肉料理 パート2をお楽しみに。

N.K

 

生活学科:食物栄養専攻 フードプロデュース実習 『農業祭』に行ってきました!

今年も『三鷹市農業祭』に行ってきました。野菜を使った大きな『宝船』や小学生が書いた『農のある風景画(食育カレンダー)』の展示に、きれいに並べられた農産物の品評会の様子を見ることができました。また、三鷹の野菜をたっぷり使用したムーちゃんコロッケや餃子を試食し、三鷹祭を満喫しました♪天気もよく、食育活動の様子を見学することができ、栄養士の学びの一つとなりました!明日も開催しています。皆さんも是非、足を運んでみて下さい。三鷹産ブルーベリーのわたあめもおすすめです!M.N

 

食物栄養専攻 1年生 『製菓・製パン実習』

今回は、南青山にある UN GRAIN 昆布智成先生にローズ、ミントが香るベリーのグラスデザート、「ヴェリーヌセゾン」と「タルトフリュイセック」の2品を教えていただきました。

ゼラチンの異なる食材との組み合わせ方、美しく見せる盛り付け方、珍しいタルト生地の作り方などを教えていただき驚きと学びの多い実習となりました。

食べてしまうのがもったいないほど見た目にも美しく美味しいデザートに思わず、拍手が沸きあがっていました。C.S

新渡戸祭ミニセミナー2日目

10/27(日)昨日に引き続き、新渡戸祭が開催されました。

毎年恒例で大好評の「新渡戸祭ミニセミナー」の様子をお伝えいたします。

新渡戸祭スペシャルセミナー「今日から変わる!若返り食生活~今すぐ老化にブレーキをかける~」

客員教授 管理栄養士 堀 知佐子

 

食生活アドバイザーやアンチエイジング料理スペシャリストの資格もお持ちの堀先生による講演です。

若返り食生活ということですが、まずは健康になること、とのお話しで始まりました。

栄養素の効率の良い摂取のしかたを実例を交えての説明では、野菜の皮や外側の葉など普段は捨てがちな所こそ栄養価が高いとのこと。上手に摂取する調理方法などを教えて頂きました。

また、組み合わせると良い食品、悪い食品や、一日の中でも朝食時に食べる方が良いものなど、様々な食事術を披露してくださいました。

商品開発アドバイザーとしてのご経験談も交えながら、大変興味深いお話の数々でした。

そして最後には「楽しく食べることが大切」と締めくくられました。

 

また、講演後には参加者の方からいくつも質問の手が挙げられ、大変盛況なセミナーとなりました。

 

新渡戸祭ミニセミナー開催!

10/26(土)新渡戸祭が開催されました。

その中から、毎年開催している本学の教員らによる「新渡戸祭ミニセミナー」の様子をお伝えいたします。

それぞれの講師の専門分野に、新渡戸祭のテーマ『食』を絡めた講話が繰り広げられました。

 

「子どもと一緒に絵本を通して食を楽しもう!」生活学科 児童生活専攻 准教授 小山 玲子

現在、子ども向けの「食」をテーマにした絵本はたくさんあります。

野菜など素材そのものを扱ったもの、料理がテーマになっているもの、様々な種類があり、月齢に合わせた絵本を紹介されました。

絵本を通して食への興味が芽生え、世界が広がっていくことでしょう。

 

「世界に誇る日本の醸造商品と臨床検査」客員教授 医学博士 山舘 周恒

日本には味噌、醤油、酒など麹菌が活躍する発酵食品がたくさんあります。

そんな食品を臨床検査の観点から分析して、効果を説明されました。

優れた日本の食品を知って、上手に日常の食事に取り入れていきたいものです。

 

 

明日は新渡戸祭スペシャル「今日から変わる!若返り食生活~今すぐ老化にブレーキをかける~」客員教授 管理栄養士 堀  知佐子

10月27日(日)13:30~14:30 お気軽にお立ち寄りください。お楽しみに♪

2019年度 公開特別講演を開催いたしました。

2019年10月11日(金)16:00より

公開特別講演を開催いたしました。

 

演題

「山の頂はますます高く、山の裾野はますます広く」

~東京2020オリンピック・パラリンピックまであと9ヶ月~

 

今年は、日本陸上競技連盟会長で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事であり、新渡戸文化学園理事でもある横川 浩 氏をお招きして東京2020オリンピックに向けて最新の準備の状況など興味深い講話をしていただきました。

 

感動的なシーンをまとめた映像

実際に使われる公式バトンに触れる体験

普段なかなか知ることが出来ない情報など

たいへん貴重な時間でした。

 

また、この講演会は中野区の後援で近隣の方へも参加を募っていました。

当日は雨という天候にもかかわらずご参加いただきまして誠にありがとうございました。

K.N

 

 

 

 

 

 

ページの先頭へ戻る