COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

食物栄養専攻1年生対象  栄養教育実習Ⅰ

新渡戸祭を終えて、授業も折り返しとなり今回から献立作成に取り組んでいます。
小学生5・6年生を対象に課題は「食事作りに挑戦ー自分で昼食を作ろうー冬休み編」です。
冬休みに小学生が自分の昼食作りにチャレンジしてもらうためのメニュー提案になります。
最終授業では各班からのメニュープレゼンテーション、試食、相互評価を行う予定ですので
各グループ力が入っています。(KO)

  

 

食物栄養専攻 1年生

後期の製菓・製パン実習では、洋菓子・和菓子・パンの分野でそれぞれ活躍されているプロの先生方を講師にお迎えし、プロの先生方の技を実際に見て学ぶことができる授業です。

1回~6回までの授業の様子を紹介します。

初回はスイーツジャーナリストの平岩理緒先生から「パティスリー&スイーツ業界の現状と今後」についての講義を受けました。

2回、3回はグランドプリンスホテル高輪 佐藤一先生からショートケーキ等、4回、5回は(株)マッシュアップ 佐藤雅之先生にシュークリーム等を教えていただきました。

 

 

 

 

生活学科 食物栄養専攻:調理学実習Ⅳ

10月4日は食物栄養専攻2年生の調理学実習Ⅳを行いました。
メニューは『ピロシキ、ボルシチ、スイールニキ、ロシアンティー』とロシアの伝統的な料理を学びました。
ピロシキはドゥ生地を復習し、揚げたときに破裂しないようにあらかじめ炒めた具材をしっかりと包み、こんがりきつね色に揚げました。
ボルシチは生のビーツや骨付きの豚バラ肉を使い、本場ならではに仕上げました。
スイールニキはカッテージチーズを入れたロシア風チーズ菓子で、まるでチーズを食べているかのようなパンケーキです。
学生たちは本場の料理を再現できるよう、協力しながら実習に臨み、美味しい料理に満足していました。(R.M)
   

国立スポーツ科学センターの見学とアスリート食堂での昼食

2020年の東京オリンピックまであと2年を切りました。
国立スポーツ科学センターは日本のトップアスリートをサポートするためのあらゆる設備が整っています。
9/9(日)に栄養士フィールドトレーニングの授業で、「健康と運動」を選択している学生を中心に見学に行きました。
一流のトレーニング環境はもちろん、ドーピングに対応した処方をしていただけるメディカルセンター、
低酸素対応の宿泊施設などたくさんの特別な施設をご案内いただきました。
実際に選手が使用している施設なので、写真、握手、サインなどはもちろんNGですが、
スタッフの方が「ぜひご挨拶はしてください」といってくださり、ドキドキわくわくしながらオリンピック選手や、
パラリンピック選手に元気に挨拶をさせていただきました。
昼食は選手の皆さんも利用している栄養指導施設のあるアスリートレストランで、自分でご飯の重さを量ったり、
ドレッシングのエネルギーを気にしながら盛り付けて、美味しくいただきました。
有名選手のエピソードを交えたわかりやすい説明を聞きながら施設見学ができ、有意義な時間となりました。
丁寧なご案内をどうもありがとうございました。

栄養士フィールドトレーニング学外見学 日清オイリオ横浜工場と横浜中華街散策

8/30(木)に栄養士フィールドトレーニング学外見学で日清オイリオ横浜工場と横浜中華街散策に行ってきました!
日清オイリオ横浜磯子工場は横浜スタジアム9個分の敷地面積を誇り、植物油の工場としては日本最大です。
始めにビデオ学習を受けてから、広い敷地の半分をバスで案内していただきました。
ボトルに詰める工程を実際に見学し、厳しい品質のチェックと1日に1000トンものオイルが作られる迫力を近くで見ることができました。
工場内は環境に配慮し、都市ガスで電気を作り、汚泥は循環させるなど様々な工夫がされています。
スタッフの方には丁寧なご案内とわかりやすい説明をしていただき、ありがとうございました!

 

その後は中華街へ電車で移動。中華街では、中華料理はもちろん食材や道具、
中国茶など中国の食文化が溢れており学びを深めました。
その後はグループそれぞれに別れ、横浜のトレンドスポットを楽しむことができ、
学びあり、美味しさあり、楽しさありの充実した1日になったようです。(R.H)

生活学科:7ルールに細野恵美先生ご出演!

栄養士フィールドトレーニング」の授業でご講演をいただきました、森永製菓(株)ウイダートレーニングラボの細野恵美先生の様子が
9月4日(火)23:00フジテレビ 7ルールで放送になります。ぜひご覧下さい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

食物栄養専攻:こどもパートナー認証資格講座を開催しました

7月31日(火)「こどもパートナー認証資格」講座が開催されました。
今回は、食物専攻科の学生25名が受講しました。講師陣は児童生活専攻の教員です。

   

「こどもパートナー」とは、地域子育て支援センターや放課後児童クラブなど、地域で子どもの育ちを支える活動に参加する時に有用な資格です。

講座では、子どもの発達過程や、子どもとのかかわり方、言葉のかけ方、そして食事時における援助のポイントなどを学びました。

中でも、自分を動物に例え、相手に伝えるという演習では、こどもと接する上で大切な非言語的コミュニケーションを悪戦苦闘しながらも楽しげに学んでいました。
 
   

保育所や児童福祉施設等で子どもたちの健康と栄養を担当する場合には、子どもに関する深い理解と知識を身につけた上で職務と向き合う必要性を理解した様子の学生たちでした。

生活学科:食物栄養専攻 8/18(土)オープンキャンパス

夏の間、特別なプログラムのオープンキャンパスを実施しています。食物栄養専攻の体験授業は、「スポーツ選手の栄養管理」と「アイシングクッキー」です♪
8/18(土)10:00~15:00も、食物栄養専攻の学生による手作りランチの提供や2つの模擬授業など、夏だけのプログラムになっています!食物栄養専攻の模擬授業では、アイシングクッキーを作ります♪貝の形のクッキーをかわいらしく、夏らしく仕上げます。
皆様のご来校をお待ちしております♪

生活学科:食物栄養専攻2年生 栄養士フィールドトレーング『築地場外市場見学&だしセミナー』

今年も猛暑の中でしたが行ってきました!「食の台所」築地!今年は『築地場外市場見学&だしセミナー』です。場外では一足早い季節の食材、普段見ることの少ない大容量の食材料から包丁などの器具類まで、様々なものを見学しました。そして、焼きたての玉子焼きの食べ比べです!
   

そして、午後には、築地食街スタジオで「だしセミナー」です。講師は株式会社秋山商店 秋山久美子先生です。目の前に並んだ、だしの種類に驚き、香りや味のそれぞれの違いを試食&試飲して学ばせていただきました。かつをぶしの歴史や日本の食文化、血合いあり、無し、メジマグロ、宗田かつを、さば等々の旨味の特徴や料理との合わせ方や食材の活かし方も交えてのセミナーでした。最後は各自がかつお節を削り、削り立ての味を味わいました♪だしの魅力を存分に教えていただいた盛り沢山の時間でした♪ M.N
   

生活学科 食物栄養専攻:ライフステージの栄養学実習

食物栄養専攻2年生が履修している「ライフステージの栄養学実習」では、乳児期、幼児期、学童期、思春期、
成人期、高齢期といったライフステージに応じた栄養管理を、実習、演習、講義を通して学んでいます。
前期最後の実習は成人期のメタボリックシンドローム予防を目的としたお弁当をグループごとに作りました。
各自が考えた献立から、一つを選びコンビニエンスストアで販売することを目標に設定し、栄養バランスを整えることはもちろん、
企画書やポスター作りまで行い、全員で評価をしました。
チームワークもよく、野菜たっぷりでボリューム満点、彩りもいいお弁当が完成し、
どのグループも納得のいく美味しい仕上がりになりました。(R.M)
   

ページの先頭へ戻る