COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

第19回 日本検査血液学会学術集会に参加しました。

7/22(日)第19回 日本検査血液学会学術集会(大宮ソニックシティ)に

血液検査学ゼミ学生1,2年14名で参加しました。

予め抄録集を読みそこから興味のある演題を聞いたり、血液標本観察をしたり、最先端の機械の説明を聞いたり

「とても楽しく、勉強になり充実した1日だった」と学生の感想です。

一流の病院で活躍されている卒業生ともお話することができました。   M.T

 

 

臨床検査学科: 平井徳幸教授が第37回 福見秀雄賞を受賞されました

本学園、新渡戸文化短期大学 臨床検査学科の平井徳幸教授が、大変栄誉ある第37回 福見秀雄賞を受賞されました。この表彰は、臨床検査ならびに衛生検査領域において多大なる業績をあげると共に、広く人材育成に貢献した斯界の模範者に贈呈されるものです。これを受けて、6月22日に浜松町東京會舘において表彰式が行われ、表彰状と記念メダルが授与されました。

教職員一同、今回の名誉ある受賞を大変嬉しく思うと共に、本学の学生が沢山のことを学び、後人として育っていくことを願っています。表彰式を終えた平井教授より、お言葉を頂きました。

 

福見秀雄賞受賞にあたり (臨床検査学科 教授: 平井徳幸)

平成30年6月22日、名誉ある福見秀雄賞をいただき、身に余る光栄と感謝の気持ちでいっぱいです。今回の受賞は、もとより私一人の力では頂けなく、本学の諸先生および東京慈恵会医科大学付属病院勤務時代に励まし、支え、導いて頂いた恩師の先生、諸先輩、同僚、さらには家族の多大な協力と支援があってのものです。この場をお借りし、関係者の皆様に、重ねて心より御礼申し上げます。

さて、「福見秀雄賞」は、小島三郎記念技術賞の創設15周年を記念して創設されたもので、臨床検査・衛生検査領域に半生をささげ、技術の開発、向上に向かって努力し、かつ後進の指導育成に貢献のあった技術者に進呈される賞です。臨床検査技師として検査技術の開発と後輩技師育成に携わる過程で、多くの方々と共に研究、学生への教育に関わることができたのは大きな幸せであります。

今後、臨床検査技師は増々チーム医療に参画する時代となり、より専門的知識と活躍が求められてきています。今回の受賞が学生の皆様にとっても、臨床検査を学ぶ上での励みと一助になれば幸いです。

 

 

 

 

臨床検査学科:豊川メディカルスカラーシップ授与式


6月16日豊川メディカルスカラーシップ授与式を行いました。
豊川メディカルスカラーシップは、豊川圭一第六代学園理事長の篤志のもとに、
本学臨床検査学科2年次、3年次に在学する学生のうち、学業、人物ともに優秀な者に対して給付し、
わが国及び世界の経済・社会の発展に貢献する人材を育成することを目的としています。
今年度は2名の学生に授与されました。

おめでとうございます。

臨床検査学科: オープンキャンパス

本学では、年間を通して定期的にオープンキャンパスを実施しています。6/2(土) は、今年度3回目のオープンキャンパスを行いました。内容は、本学の全体説明の他、キャンパスツアー、体験実習、入試説明会、個別相談などがあります。
今日の体験実習は、超音波検査と血液型検査でした。今日も数多くの方々が参加してくださり、臨床検査学科の様子を知って頂けたことと思います。これからもオープンキャンパスが定期的に開催されますので、是非ともご参加ください。

 

     

臨床検査学科: ベリタス伊藤賞授与式を行いました

 2017年度の臨床検査学科の学業優秀者を表彰する「ベリタス伊藤賞授与式」を行いました。ベリタス伊藤賞とは、人格および成績が共に優秀な学生を讃え、更なる向上を促し、臨床検査を通して国民のために寄与することを目的とした表彰です。今年度は、3学年から2名、2学年から2名の学生が選考され賞状が授与されました。

 

臨床検査学科: 春のスポーツ大会を開催しました

今年も臨床検査学科では、1、2、3年生合同によるスポーツ大会を開催しました。内容は、それぞれの学生が所属するゼミナール(臨床検査学科には、10のゼミがあります)毎にチームを組み、各種目をトーナメント形式で試合を行いました。競技種目は、バスケットボールとドッヂボールを行い、各ゼミが真剣に優勝を争います。
全学年が集まり競技に臨むため、日頃は交友が少ない学年を越えた団結力と親睦を深める機会となり、大変有意義な大会となりました。

     

臨床検査学科:クリスマスパーティー★彡

12/9 臨検学科でクリスマスパーティーが開かれました。

企画から準備、当日の進行まで学生が主体となって行います。

 

テーブルの上には美味しそうなお料理が並び、1~3年までの全学年が集いました。

音楽部によるバンド演奏、有志によるダンスが披露され、とても盛り上がりました。

みんなこの日のために忙しい勉強の合間を縫って、練習を重ねたようです。

最後にはケーキでしめくくり。

 

いつも授業や実習、レポート提出に追われている学生達も楽しいひとときを過ごしました。

k.y

新渡戸祭1日目終了

新渡戸祭の1日目が無事に終了いたしました。
少し雨に見舞われる場面もありましたが、予定どおりのメニューをこなすことができました。写真はゼミ対抗ダンスの模様です。

臨床検査学科 臨地実習中間報告会

臨床検査学科の3年生は4月から5ヶ月間、病院での臨地実習をおこなっています。

実際の医療の現場で、学校だけでは学ぶことのできない多くのことを学び、臨床検査技師の仕事の重要さ、大切さを実感しています。
この期間は、学校に通う日も少なくなってしまいますので、実習先で学んだこと・同級生に伝えたいことを、報告会を開いて共有しています。
様々な実習先があるため、病院ごとの特色も異なっており、皆熱心に同級生の報告を聞いていました。
(TS)

臨床検査学科 生理機能検査学実習

臨床検査学科の1年生では、生理機能検査学実習が始まっています。
病院での生理機能検査である「心電図」「肺活量」の検査を学ぶほか、血圧の測定や聴力検査、視力検査までしっかりと実習し、学んでいきます。
実際の検査機器に初めて触れる学生も、しっかりと経験を積み重ねていきます。

ページの先頭へ戻る