COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

我が家のあまりにも美味しい(おいしい)「あまりものレシピ」優秀レシピ表彰式 !

中野区との連携事業「我が家のあまりにも美味しい『あまりものレシピ』」の優秀レシピが決まりました。

これは中野区と本学が「食品ロス」対策事業として、食材を無駄にしないで食べきるためのレシピを各家庭から応募していただいたものです。

 

10/13(土)に本学Nitobe Kitchenにて行われた最終審査では応募のあった33レシピの中から13レシピを再現調理・実食しました。

最終審査の様子はこちらから

そして本日「なかのエコフェア」で最終審査で優秀レシピに選ばれた3 作品の表彰式が行われました。

 

会場となった中野四季の森公園にはエコに関するブースがいくつも立ち並んで、区民の方で賑わっていました。

 

暖かな日差しの中、中央のステージで表彰式が行われ、酒井  直人中野区長から優秀レシピ受賞者の内、ご出席いただけた2名の方に表彰状が贈られました。

 

続いて、審査委員長の本学教授・原より「どの料理も「あまりもの」というイメージとは違うおいしい料理ばかりで、捨てられてしまう部分を有効活用し、工夫された料理ばかりでした。」と審査についてのコメントをいたしました。

 

 

優秀レシピは以下の3作品です。

◆シイタケの石づきdeご飯のおとも

シイタケの石づきを冷凍保存して少しずつためておき、ある程度の量になったら出汁を取った後の昆布やこんにゃくと佃煮風に煮込んだレシピです。

◆かぶの皮と葉っぱの炒め物

かぶの皮と葉っぱをベーコンと一緒に炒めたレシピです。

◆野菜の皮のかき揚げ&トウモロコシ出汁天つゆ

普段の調理で出る野菜の皮を冷凍保存して、一定量たまったところで解凍してかき揚げにします。かき揚げの具に使うトウモロコシの芯も天つゆの出汁に有効活用したレシピです。

 

 

「シイタケの石づきdeご飯のおとも」のレシピ考案者の方にお話を伺うと、作りおき出来るので、夏は冷や奴の上に、冬は里芋と一緒に煮ても美味しいのだそう。

みなさんもぜひご家庭でお試しください。美味しく楽しく「食品ロス」について考えてみましょう!

 

中野区のHPでは優秀レシピと最終審査に進出したレシピをご覧になれます。

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/473000/d026466.html

 

新渡戸祭ミニセミナー開催!

10/27(土)新渡戸祭が開催されました。

その中から、毎年開催している「新渡戸祭ミニセミナー」の様子をお知らせいたします。

 

第1日目の今日は、本学の教授らによる講演。

 

「日々変化していく私たちの食環境 ~時短料理は食卓の主役になれるのか~」生活学科 食物栄養専攻 教授 大島恵子

最近の私たちのまわりには便利な食品が増えてきました。カット野菜やあえるだけのパスタソース、冷凍食品などなど…

確かに便利で簡単に作れます。でも、たまには大切な家族に、少し手間をかけて作ってあげたい。そんな気になるお話でした。

 

「ハタラク夫婦を応援!プチ両親学級 夫婦でこれからの育児を考える ~こんなにも違う男女の視点」生活学科 児童生活専攻 准教授 榊原久子

家族が仲良く暮らしていくためには、夫婦のパートナーシップがとても大切。育児に対する男女の視点の違いから、衝突することも多いはず。今日の講演を機に、これからのこと、2人のこと、家族のことを話してみてほしい。そして言葉で伝えて、最後に「ありがとう」が言えたら、きっと良い家族になっていけるんだろうな、と思える講演でした。

 

「腸の中から健康を!」生活学科 食物栄養専攻 教授 加藤久宜

腸の中には、500種以上、約100兆個の腸内細菌が存在し、様々な細菌が種類ごとにまとまって腸内フローラを形成しています。一般的に、腸内の環境を良くするには善玉菌を増やすことと考えられています。生活環境や食生活の変移から、腸の環境を良くする方法を考えました。

食生活の欧米化によって、私たちの腸内環境も昔とは変わってきており、そこからかかる疾病にも変化が出てきていると言います。

まずは自分の食生活を見直していきたい、と考えさせられるお話でした。


 

 

 

 

新渡戸祭ミニセミナー  2日目の明日10/28(日)は…

「食と音楽による未病改善と認知症予防」臨床検査学科 非常勤講師 埼玉医科大学短期大学名誉教授  和合 治久 氏による《特別講演》です。

10/28(日)13:30~14:30

有効な食物や音楽を活用すると、バランスを失った自律神経が正常化します。現代社会においてストレスは逃げられないものですが、免疫力をあげることや日々簡単にできる音楽療法を取り入れ、脳がリラックスをすることで認知症予防にもつながります。
ぜひ、ミニセミナーにご参加いただき、健康増進にお役立てください。

当日は講演参加者のお子様のお預かりをいたしますので、ゆっくりと聴講いただけます。

ぜひ、ご参加ください!

新渡戸祭ミニセミナー

 

 

2018年度 公開特別講演を開催いたしました

2018年9月27日(木)16:30より公開特別講演を開催いたしました。

いのち・やさしさ・おもいやり

「地球を這って気づいたこと、感じたこと」

世界中のあらゆる人類の足跡を辿る旅「グレートジャーニー」の著者

関野 吉晴氏をお迎えして人類の成り立ちや、地球のあるべき姿などをお話しいただきました。

 

2018公開特別講演_写真.pdf

専攻科 調理専攻 親子レストラン

専攻科 調理専攻は、9/21に『親子レストラン』を実施しました。

『親子レストラン』はこども園、アフタースクールの子供たちと、その親御様がお迎えに来られた後に、学内のカフェテリアで一緒に食事ができるレストランです。

提供したメニューは、鶏肉のソテ カレー風味、ミックスサラダ、マセドワーヌサラダ、人参のポタージュ、カスタードプリンです。

今回は、総勢25組71名のお客様にお越しいただき、カフェテリア内は子供たちの楽しそうな笑い声があふれ、とても賑やかになりました。子どもたちの「ごちそうさま!」の声に専攻科生も笑顔になりました。

お客様に満足いただくためにより腕を磨き、次回の親子レストランも喜んでいただけるよう頑張ります。

第19回 日本検査血液学会学術集会に参加しました。

7/22(日)第19回 日本検査血液学会学術集会(大宮ソニックシティ)に

血液検査学ゼミ学生1,2年14名で参加しました。

予め抄録集を読みそこから興味のある演題を聞いたり、血液標本観察をしたり、最先端の機械の説明を聞いたり

「とても楽しく、勉強になり充実した1日だった」と学生の感想です。

一流の病院で活躍されている卒業生ともお話することができました。   M.T

 

 

生活学科:食物栄養専攻2年生 『フードプロデュース実習』

今回はワークショップをしました!規格外の野菜を使用した加工品と内藤とうがらしを使った商品のアイデアをグループに分かれ出し合います。進行係、タイム係、発表係を決め、どこで売るのか、ターゲットは誰かを決め、それぞれ意見を出し合い、最後に発表です。各グループさまざまなアイデアが出ました!学生が考えたアイデア商品の内容は後期のブログで発表します♪お楽しみに♪M.N
   

笹の葉さらさら


もうすぐ七夕ですね!
学生のみなさんがお友達と一緒に
色とりどりの短冊に願い事を書いて、
飾り付けをしてくれました。
7日の夜のお天気が良いことを祈っています。

食物栄養専攻:食品学実験

食物栄養専攻1年生対象科目の「食品学実験」は、食品学総論で学んでいる各種栄養素の構造およびその性質に関する理論について身近な食材を試料として検証を行うことを目的としています。
ソモギー・ネルソン法(比色法)とヨウ素法(滴定)を用いて、飲料水中の糖質の定量を行いました。
比色法では、それぞれの清涼飲料水中に含まれる糖質の量が、試薬と反応した色の濃さの違いで含量を正確に機器で読み取ることが出来ます。ヨウ素法では、ヨウ素に吸着した糖質量を滴定で測定することが出来ます。
ある程度目視で確認もできることから比較的理解しやすい実験方法です。
学生は測定した結果を見て、自分たちが普段口にしている身近な清涼飲料水の糖量の多さに驚きを隠せないようでした。
  

平成30年度 入学式

平成30年度入学式が4月3日に執り行われました。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

新入生のみなさんは、期待と不安でいっぱいと思いますが、

教職員一同、全力でサポートいたしますので安心してください。

共に、「夢」に向かってがんばっていきましょう。

 

おおおお おお

短期大学 卒業式

2018年3月13日
卒業式・修了式が執り行われました。
2年間、3年間を共に過ごした仲間、
学び舎から旅立ちます。
4月から、それぞれの分野で新たな生活が始まります。
新渡戸で培った精神を忘れず頑張ってください。

おめでとう

 

おおおおおお

 

おおおお

ページの先頭へ戻る