「栄養士」になるには?
栄養士になるには、国が指定した栄養士養成施設に入学し、その課程を履修して、卒業すれば栄養士免許が取得できます。独学で栄養士免許を取ることはできません。養成施設を卒業することが栄養士免許取得の唯一の道となっています。
     
昼間の学校を卒業:栄養士資格を取得するには、厚生労働大臣から栄養士養成施設として指定された学校に入学して、規定の課程を修めて卒業する必要があります。卒業したうえで、都道府県知事に申請して栄養士の免許を受けなければなりません。養成施設には、修業年限4年の大学(管理栄養士養成施設と栄養士養成施設の2種類)、修業年限2年の短期大学、修業年限4年・3年・2年の専門学校があります。栄養士養成施設は昼間の学校のみで、通信教育で指定されている学校はないため、資格を取得するには必ず昼間の学校に通わなければなりません。栄養士は女性が取得する資格と考えている人が多いようですが、男女共学の栄養士養成施設もあり、男性の資格取得者も活躍しています。
学校の選び方:栄養士養成施設を選ぶにあたって何よりも大切なのは、将来、自分がどのように資格を活かして働きたいのか、そのために何をどのように学ぶのか、自分の目的に合わせて選択するという点です。栄養学の基礎と実践を大学で体系的に学んだうえで就職するか、または短大や専門学校で最短で必要な知識、技術を学んですぐにバリバリ働き、現場体験のなかで学習を重ねていくか、自分の性格やしたい仕事を踏まえて選択するとよいでしょう。
     
栄養士ってどんな仕事? 栄養士が活躍するフィールド 栄養士の一日


栄養士になるなら新渡戸文化短期大学
Photo 01 初代校長・新渡戸稲造博士の精神「いのち・やさしさ・思いやり」を大切にした教育で栄養士をめざします。
     

栄養士の資格(国家試験免除)を取得し、将来は指導的な立場で
"食と健康"を考えていく人材を育成します。

栄養士受験資格を目指します

「生活学科」の食物栄養専攻では栄養士免許受験資格が得られます。その他の資格として、フードスペシャリスト受験資格、ホームヘルパー2級の取得も可能です。また、キャリア支援として、ジュニア野菜ソムリエ、サプリメントコーディネーターなどの資格を取得した者に対し、受講料の50%を補助しています。

Photo 02
   
新宿からわずか15分で就活にも便利。クラブ活動も活発。

キャンパスは東京メトロ丸ノ内線・新宿駅から4駅、荻窪から3駅の「東高円寺駅」から徒歩で6分。都営大江戸線からの接続もスムーズです。新宿から約15分ほどでアクセスでき、周辺は閑静な住宅街で、勉学やクラブ活動に励むには最適の環境が整っています。また新宿、渋谷や吉祥寺にも近く、就職活動はもちろん、学外での活動やショッピングにも便利です。

Photo 03

本サイトは新渡戸文化短期大学が提供しています。栄養士に興味をお持ちの方は、以下のボタンよりご参照ください。

資料請求(無料) 新渡戸文化短期大学WEBサイト

Produced by 新渡戸文化短期大学