「栄養士」の一日
栄養士の勤務時間はその職場ごとに違います。病院や老人ホームのように朝・昼・晩3食を土曜・日曜や祭日も提供する施設では、早番・通常勤務・遅番の3交代制が多いようです。学校や保育園など昼食やおやつを提供する施設では、一般の会社とあまりかわらない時間帯の勤務になります。
     
一日のスケジュール(学校勤務のケース)
8時00分   出勤
    ↓
8時30分   調理前のチェック、点検:届いた食品、調理器具などの確認
    ↓
9時00分   調理:調理法の説明、作業手順の打ち合わせ、給食人数の確認、調理作業、献立のサンプル展示
    ↓
12:00   各クラスへの配食
    ↓
12:30   各クラスの喫食指導
    ときには食事をしている教室を訪れ食事をしている様子を見たりすることも
    ↓
13:00   返還された食器や残飯の確認:残量チェック、献立の反省
    ↓
13:30   昼食・休憩
    ↓
14:30   事務処理:栄養価・経費計算、食材業者への注文など、調査研究など、書類整理
    ↓
16:30   調理員との打ち合わせ
    ↓
17:00   帰宅
       
     
栄養士ってどんな仕事? 栄養士が活躍するフィールド 栄養士になるには?


栄養士になるなら新渡戸文化短期大学
Photo 01 初代校長・新渡戸稲造博士の精神「いのち・やさしさ・思いやり」を大切にした教育で栄養士をめざします。
     

栄養士の資格(国家試験免除)を取得し、将来は指導的な立場で
“食と健康”を考えていく人材を育成します。

栄養士受験資格を目指します

「生活学科」の食物栄養専攻では栄養士免許受験資格が得られます。その他の資格として、フードスペシャリスト受験資格、ホームヘルパー2級の取得も可能です。また、キャリア支援として、ジュニア野菜ソムリエ、サプリメントコーディネーターなどの資格を取得した者に対し、受講料の50%を補助しています。

Photo 02
   
新宿からわずか15分で就活にも便利。クラブ活動も活発。

キャンパスは東京メトロ丸ノ内線・新宿駅から4駅、荻窪から3駅の「東高円寺駅」から徒歩で6分。都営大江戸線からの接続もスムーズです。新宿から約15分ほどでアクセスでき、周辺は閑静な住宅街で、勉学やクラブ活動に励むには最適の環境が整っています。また新宿、渋谷や吉祥寺にも近く、就職活動はもちろん、学外での活動やショッピングにも便利です。

Photo 03

本サイトは新渡戸文化短期大学が提供しています。栄養士に興味をお持ちの方は、以下のボタンよりご参照ください。

資料請求(無料) 新渡戸文化短期大学WEBサイト

Produced by 新渡戸文化短期大学