「保育士」になるには?
保育士になるためには、「保育士養成校で学ぶ」と「保育士試験を受ける」の2つの方法があります。保育士養成校では卒業と同時に保育士の資格を取得することができ、もう1つの方法では、国家資格である保育士試験で資格を取得することになります。
     
保育士養成校で学ぶ―保育士養成校とは、保育士を養成する施設として厚生労働省の認可を受けた学校や施設のことで、大学、短期大学、専門(専修)学校とその他の養成施設があります。これらの学校の保育士養成課程では、厚生労働省が示すカリキュラムに基づいて授業が行われ、所定の単位を取得することで、卒業と同時に保育士の資格を得ることができます。
保育士試験を受ける―保育士養成校で学ばなくても、国家試験である保育士試験を受験して合格すれば、保育士資格を取得できます。保育士試験は、厚生労働省の基準に基づいて年1回、全国の都道府県で実施され、試験科目は筆記8科目と実技1科目となります。全科目で60%以上得点することが合格の条件となり、1科目でもそれに達しない場合は不合格となってしまいます。「社会人で学校に通う時間がない」「学校に通う金銭的余裕がない」といった事情がある場合には保育士試験の受験してみましょう。
     
保育士ってどんな仕事? 保育園と幼稚園はどこが違うの? 保育士の一日


保育士になるなら新渡戸文化短期大学
Photo 01 初代校長・新渡戸稲造博士の精神「いのち・やさしさ・思いやり」を大切にした教育で保育士をめざします。
     

「こころの教育」を第一に考え、人間性に溢れ、子ども達の目線で考えられる
質の高い保育士や幼稚園教諭を目指します。

保育士受験資格取得を目指します

「生活学科」の児童生活専攻では幼稚園教諭二種免許、保育士資格(専攻科修了者)が得られます。その他の資格として、ホームヘルパー2級の取得も可能です。また、キャリア支援として、幼児体育指導者2級などの資格を取得した者に対し、受講料の50%を補助しています。

Photo 02
   
新宿からわずか15分で就活にも便利。クラブ活動も活発。

キャンパスは東京メトロ丸ノ内線・新宿駅から4駅、荻窪から3駅の「東高円寺駅」から徒歩で6分。都営大江戸線からの接続もスムーズです。新宿から約15分ほどでアクセスでき、周辺は閑静な住宅街で、勉学やクラブ活動に励むには最適の環境が整っています。
新宿、渋谷や吉祥寺にも近く、就職活動はもちろん、学外での活動やショッピングにも便利です。

Photo 03

本サイトは新渡戸文化短期大学が提供しています。栄養士に興味をお持ちの方は、以下のボタンよりご参照ください。

資料請求(無料) 新渡戸文化短期大学WEBサイト

Produced by 新渡戸文化短期大学