「保育士」の一日
朝早くから夕方まで子どもを預かる保育園では、一日8時間以上という長い時間を園内で過ごす子どももいます。そのため、遊びや学びだけでなく、家庭同様の環境で過ごせるように、食事やおやつ、お昼寝といった生活面のケアが非常に大切となります。
     
一日のスケジュール(2歳児保育のケース)
8時30分   出勤
    ↓
9時00分   遊び・活動:好きな遊び、おやつ、お散歩 など
    ↓
11:30   昼食の準備
    ↓
12:00   昼食
    ↓
13:00   午睡(お昼寝)
    ↓
14:00   会議・事務処理:職員会議、連絡帳の記入、お迎えの準備、イベントの準備など
    ↓
15:00   おやつ
    ↓
16:00〜   随時降園
    ↓
20:00   帰宅:保育士の勤務時間は1日8時間。8時間以上の保育を行う施設なら、早番、平常番、遅番というように少しずつ勤務時間帯をずらして勤務します。
       
     
保育士ってどんな仕事? 保育園と幼稚園はどこが違うの? 保育士になるには?


保育士になるなら新渡戸文化短期大学
Photo 01 初代校長・新渡戸稲造博士の精神「いのち・やさしさ・思いやり」を大切にした教育で保育士をめざします。
     

「こころの教育」を第一に考え、人間性に溢れ、子ども達の目線で考えられる
質の高い保育士や幼稚園教諭を目指します。

保育士受験資格取得を目指します

「生活学科」の児童生活専攻では幼稚園教諭二種免許、保育士資格(専攻科修了者)が得られます。その他の資格として、ホームヘルパー2級の取得も可能です。また、キャリア支援として、幼児体育指導者2級などの資格を取得した者に対し、受講料の50%を補助しています。

Photo 02
   
新宿からわずか15分で就活にも便利。クラブ活動も活発。

キャンパスは東京メトロ丸ノ内線・新宿駅から4駅、荻窪から3駅の「東高円寺駅」から徒歩で6分。都営大江戸線からの接続もスムーズです。新宿から約15分ほどでアクセスでき、周辺は閑静な住宅街で、勉学やクラブ活動に励むには最適の環境が整っています。
新宿、渋谷や吉祥寺にも近く、就職活動はもちろん、学外での活動やショッピングにも便利です。

Photo 03

本サイトは新渡戸文化短期大学が提供しています。栄養士に興味をお持ちの方は、以下のボタンよりご参照ください。

資料請求(無料) 新渡戸文化短期大学WEBサイト

Produced by 新渡戸文化短期大学

オープンキャンパス参加を申し込む