先輩インタビュー

アットホームな雰囲気で、
何でも相談しやすい環境です。

YKさん

神奈川県立大磯高等学校

Q1.この専攻を志望した理由
以前から好きだったお菓子作りだけではなく、栄養の知識や調理の技術を身につけたいと思い、栄養士を目指すようになりました。
新渡戸文化は実習や実験の授業が豊富で、知識や技術を基礎から応用までしっかりと学ぶことができるのが魅力でした。
Q2.授業・実習はどうですか
好きな授業は「製菓・製パン実習」です。世界各国のお菓子やパン作りを学ぶことができるのでとても楽しいです。作るのが難しいものでも、先生がやさしく、丁寧に教えてくれます。
Q3 少人数制のメリットをどんなときに感じますか
先生方はフレンドリーで接しやすいです。一人一人をきちんと見てくださるので、安心して勉強に取り組むことができます。
Q4.受験生へのメッセージを!
自分が信じた道を諦めずに進んでください。そして、夢に向かって頑張ってください!私も美味しい治療食が作れる栄養士を目指して頑張ります。

食の楽しさ・大切さを伝えられる栄養士に

NTさん

東京都立農産高等学校

Q1 この専攻を志望した理由
高校(食品科)に通っている中で、もっと食について学びたいと思ったことがきっかけでした。
また、オープンキャンパスに行った時に、先生や学生スタッフのみなさんが丁寧に説明してくださったことが嬉しく、学校の落ち着いた雰囲気が好きだなと感じたからです。
Q2. 授業・実習はどうですか
「プロに学ぶ専門料理実習」ではイタリアン・フレンチ・日本料理など有名店のシェフから直接指導を受けることができます。専門的な技術を勉強し、プロの「味」を知ることができる貴重な機会です。
Q3 就職について
学校給食が好きだったので、学校の栄養士として多くの人に食の楽しさ・大切さを伝えたいと考えるようになりました。
就職活動では、悩むことも多くありました。それを乗り越えた時はきっと自分が成長できた時だと思いながら頑張り、食育にも携わることのできる給食受託会社に内定をいただくことができました。
Q4.先生、友だち、クラブ・サークル活動はいかかですか
先生や友達は皆優しくて、接しやすいので学生生活はとても楽しいです。
サークルはクッキングサークルに入っています。月2~3回の活動で自分たちの好きな料理やお菓子を作ります。

たくさんの人の役に立てる
栄養士になりたい!

RHさん

埼玉県立久喜高等学校

Q1.この専攻を志望した理由は
認知症のため食事をとることも難しくなっていたご近所の方が、施設に入居後、「美味しい」と笑顔をみせて食事をしたという話を聞き、人を笑顔にする料理が作れるようになりたいと考えるようになりました。
Q2.少人数制のメリットはどんな時に感じますか
新渡戸文化の少人数制でアットホームな雰囲気が好きです。
授業中にわからない事があっても、すぐに質問して解決できることや、友人との仲を深めることができるのも良い点だと思います。
Q3. 就職について
入学して一年後には、就職活動を始めなくてはなりません。まず、「自分がどんな人間かを知り、方向を決めること」が重要だと感じます。友人や家族、学校の就職係の方に相談することで、自分自身を深く知ることができました。
また、学校では言葉遣い、履歴書の書き方、面接の指導も個別に対応してくれるので、とても分かりやすいです。
Q4 受験生へのメッセージを!
受験への不安や焦りを感じると思いますが、頑張って自分から行動を起こしてください。オープンキャンパスに参加することもお勧めです。納得できる進路が決まるよう応援しています!

オープンキャンパス

生活学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【食物栄養】システム制御:投稿タイトル呼び出し
【児童生活】システム制御:投稿タイトル呼び出し

臨床検査学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【臨床検査学科】システム制御:投稿タイトル呼び出し

キャンパスでの出来事をお伝えします COLLEGE BLOG

システム制御:日付呼び出し
Blog最新投稿タイトル呼び出し

新渡戸文化子ども園のすごい給食

ページの先頭へ戻る