OBOGインタビュー

栄養士の仕事は、学校や病院以外にも、スポーツの現場など活躍の場を広げています。

卒業後の就職・進路実績を紹介します。

夢に向かって頑張っています。

シダックス株式会社

ROさん 2014年 卒業

私は現在、現場業務・食材の発注業務などを行いながら、パートの皆さんと協力し合って楽しく仕事をしています。私は小学生のころからバレーボールをやっていました。バレーボールを通してスポーツと栄養に深い繋がりがあることを知り、栄養士に興味を持ちはじめました。シダックスに入社することを決めたのも、スポーツ栄養に力を入れていることを知ったからです。シダックスには、トップアスリートへの食事提供をして活躍された新渡戸文化の卒業生もいますので、私もゆくゆくはそのような栄養サポートを行う仕事ができたらと考えています。大学時代の思い出は、先生方がとても親切で、包丁の使い方など基本的な事から丁寧に指導していただきました。授業の内容は現在の仕事でも大いに役立っています。校外実習では、介護老人福祉施設で本当に貴重な体験をたくさんさせていただきました。サークルはバレーボールで、練習や大会に参加して、大切な親友も出来、充実した学生生活を過ごすことができました。

新渡戸文化短期大学で学んだ基礎と応用が
園児の笑顔につながっています

社会福祉法人 はとの会 鳩の森愛の詩保育園

NIさん 2009年 卒業

「先生おいしい!」と言ってくれる子どもたちの笑顔が元気の源!アレルギーを持っている園児でもみんなと同じものが食べられるように、いろいろとメニューを工夫しています。日々の献立づくりや大量調理といった栄養士としての基礎はもちろん、"食"に関する多くの学びを新渡戸文化で教わりました。学園祭でバンドを組んだのもいい思い出。学校で得た一つ一つの経験が、いま目の前にいる子どもたちの笑顔につながっています。

オープンキャンパス

生活学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【食物栄養】システム制御:投稿タイトル呼び出し
【児童生活】システム制御:投稿タイトル呼び出し

臨床検査学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【臨床検査学科】システム制御:投稿タイトル呼び出し

学外進学相談会

キャンパスでの出来事をお伝えします COLLEGE BLOG

システム制御:日付呼び出し
Blog最新投稿タイトル呼び出し

新渡戸文化子ども園のすごい給食

ページの先頭へ戻る