臨床検査技師の活躍場所

臨床検査技師の仕事って...役目って...

臨床検査技師は「人間の医療行為に関係する検査」を行う職業です
「人間の医療行為に関係する検査」を臨床検査と呼びます.
検査の対象は、人体そのもの、また人体から採取した血液など様々です.
基本的な職場としては病院の臨床検査室がもっとも多いですが、その他の広い分野でも活躍しています.
臨床検査技師は国家試験を合格した者のみに与えられる国家資格であり、この資格を持った者以外は臨床検査技師の名称を使うことはできません.
また、患者さんに直接測定装置を取り付けて行う生理機能検査(脳波、心電図、超音波検査など)の実施は、法律で臨床検査技師のほか、医師や看護師といったごく限られた医療職にしか認められていない仕事です.

臨床検査技師が扱う検査内容は大きく3つにわけられます

  • 1.血液や尿などに含まれる成分を調べる検査
  • 2.人体の細胞を調べる検査
  • 3.人体の機能を調べる検査
1.血液や尿などに含まれる成分や物質を調べる検査
血液検査といえば「コレステロール」や「中性脂肪」の検査などがよく知られていますが、そのほか赤血球や白血球の数を調べたり、ウイルスや細菌の検査、アレルギーや花粉症の検査などを行います。
2.人体の細胞を調べる検査
身体を構成している組織や臓器などの細胞の形を顕微鏡で観察して検査します。 腫瘍ができてしまった場合にその一部を採取して標本をつくり、それを顕微鏡で観察して悪性の腫瘍か良性の腫瘍かを調べたりします.また、痰に含まれる細胞を観察して肺癌の診断をしたりもします。
3.人体の機能を調べる検査
患者さんに直接測定装置を取り付けたり触れさせたりして行う 検査を生理機能検査と呼びます。 種類は様々なものがあり、 心臓の機能を調べる心電図検査、脳の活動を調べる脳波検査、 肺の機能を調べる呼吸機能検査、胎児や心臓の動きを調べる 超音波検査などがあります。各臓器に、病気がないかを直接調べる検査と言えます。 どの臨床検査も医師の指示によって行われます。

医師は臨床検査の結果から様々な判断をします

病気の診断や進行状況、治療の効果や回復の状況などです。
つまり、どのような治療をすべきか?手術を行うべきかどうか?もう退院させてもよいか?薬の投与はこのままでよいか?などは検査結果によって判断している部分が大きいのです。
よって臨床検査技師が報告する検査結果は、治療に直接反映されることになり、その責任は重大です。
言い方を変えれば、そのような重大な任務を任されているのが臨床検査技師であると言えるのです。

オープンキャンパス

生活学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【食物栄養】システム制御:投稿タイトル呼び出し
【児童生活】システム制御:投稿タイトル呼び出し

臨床検査学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【臨床検査学科】システム制御:投稿タイトル呼び出し

学外進学相談会

キャンパスでの出来事をお伝えします COLLEGE BLOG

システム制御:日付呼び出し
Blog最新投稿タイトル呼び出し

新渡戸文化子ども園のすごい給食

ページの先頭へ戻る