COLLEGE BLOG キャンパスでの出来事をお伝えします!

 

学友会主催の学生交流パーティーが開催されました

 

今回は1年生も加わり、2017年新執行部としての初めての企画でした。

準備から実施まで、多くの先生方のご協力もいただきながら、

専攻や学年を超えての交流が和やか行われ、無事終了しました。

 

 

 

生活学科:食物栄養専攻 栄養士フィールドトレーニング 『ベジブーケ』を作りました♡

今回は、“ベジブーケ”作りに挑戦しました♪

こぶしの木 並木千明先生からブロッコリー、しめじ、カラーピーマン、なすなどの野菜を使ったブーケ作りを楽しく教えていただきました。栄養士として食育活動をすすめていく上で力になる講座でした。K.O

 

生活学科 食物栄養専攻:栄養士フィールドトレーニング「子どもも大人も楽しめる体操ゲーム」

栄養士フィールドトレーニングの「健康と運動」では、「子どもも大人も楽しめる体操ゲーム」を元新渡戸文化中学、高校、短期大学体育教員の斉藤美智子先生に教えていただきました。最近の遊びが、体を使わない手元だけのゲーム機やスマホなどになってきたことで、バランスをはじめとする運動感覚が身につかない子どもたちが増えていることを踏まえた身体活動や、高齢者のための体を使った頭の体操になるじゃんけんゲームなどたくさんのレクリエーションをとても楽しく学ぶことができました。違うクラス同士でも楽しく関われて、今日のテーマでもあったコミュニケーションの大切さを実感しました。RH

 

生活学科 食物栄養専攻:臨床栄養学実習

前回の「糖尿病」の実習に引き続き、今回の実習では「高血圧症」の食事療法を学びました。
食塩が制限されるので、1日分の実習の食事に何gの食塩が使用されているのかを計算し、実際作る時も食塩を少数第一位まで計量して使いました。
また減塩醤油の味をみたり、味噌の種類によって塩分の含有量の違いがあることも学びました。

M.S

食物栄養専攻 調理学実習Ⅲ

2年生の調理学実習の4回目は『韮菜炒鶏肝(にらと鶏レバーの炒めもの)、腰果鶏丁(鶏肉とカシューナッツの甘酢炒め)、
麻辣黄瓜(きゅうりの漬けもの)、西洋菜魚片湯(クレソンと白身魚のスープ)』を作りました。
鶏がらスープの取り方から中国料理特有の食材の扱いをしっかり学びました。(R.M)

食物栄養専攻 調理学実習Ⅰ

1年生の調理学実習の6回目は鯖を三枚におろしました。
今回は鯵よりも大きく、身も軟らかいのでおろすのが難しい鯖でしたが、
鯵をおろす時と同じ手順なので手早くおろすことができました。
魚の三枚おろしはとても大切な技術なので授業でも何度も練習することで、学生たちはしっかりと身に付けていきます。(R.M)

ソフトボールサークル 活動報告

5月28日(日)、ソフトボールサークルは、中野区ソフトボール大会に出場しました。

1年生の新規メンバーを加え、レベルアップしたソフトボールサークル。

一回戦は負けたものの、二回戦はみごとに勝利!

学生、顧問の先生が一緒になって試合をし、楽しい時間になりました。

 

おおおおおおおお

食物栄養専攻 栄養教育実習Ⅱ

食物栄養専攻2年生の栄養教育実習Ⅱでは、今回も幼児を対象とした実演を別のグループが行いました。
前回の実演の良い所を取り入れ、練習を重ね、グループで協力し合いながら良いものを作り上げていました。
緊張する学生も多く、まだまだ反省は見られましたが、楽しんで実演していました。(R.M)

生活学科:食物栄養専攻 栄養士フィールドトレーニング「美味しく食べるために~歯と口の役割について~」

今回は公益財団法人 ライオン歯科衛生研究所 診療健診事業部 診療事業推進室長 東京歯科診療所 副院長 黒川亜紀子氏による「美味しく食べるために~歯と口の役割について~」でした。
栄養士としても、自分自身のためにも、家族のためにも、知っておきたい歯と口の健康について学びました。乳歯と永久歯、前歯、小臼歯、大臼歯等の歯の種類と役割について講義と共におせんべいを用いて「食べる実験」も行いました。今回は赤ちゃんの誕生から成人期までの歯の成長、交換期、役割、歯みがきの基本をしっかりと学んだ90分でした。K.O

児童生活専攻 「子どもと表現」新聞遊び

子どもの活動にはさまざまな素材を使いますが、今日使用した新聞は万能ですね。

まずは筒状にしてチャンバラならぬ引っ張り合い。床にばらばらになったものを集めて「思いつきオブジェ」。

展覧会をした後、2,4,8,16枚とテープでつなぎ合わせてバルーンを作成。

2年生のアイデアが色々詰まった楽しい活動になりました。洋服づくりもしたかったな・・・。

 

おおおおおおおお

おおおおお

食物栄養専攻 栄養教育実習Ⅱ

食物栄養専攻2年生が受けている栄養教育実習Ⅱでは、学生が考えた指導案を基に実演を通して、
効果的な栄養教育方法を学んでいます。
1回目は幼児を対象に、題材の設定や媒体づくりに励みました。
幼児を対象としていたため、手遊びからの導入やイラストも手書きで可愛らしく、
子どもたちが引き込まれるように工夫していました。
初めての実演ではセリフや流れを忘れてしまう学生もいましたが、
この失敗を次回に繋げていきたいと振り返ることができました。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻1年 基礎ゼミ eルールについて

1年生の基礎ゼミでは、「SNSの使い方と注意」について、トレンドマイクロ株式会社 執行役員統合政策担当部長の
小屋晋吾氏に、ご講演いただきました。ニュースをにぎわせ、世界的に問題になっているランサムウェアの話から、
インターネットやSNSでの危険事例まで、幅広く伺うことができました。特に、ネット利用の買い物のセキュリティのトラブルやコンピューター上で実は匿名はありえないこと、気楽に使っているSNSも人ごみで大声で話しているのと同じであるなど、私たちには身近でわかっているつもりでもうっかりしていることを気づくよい機会になりました。アンケートではパスワードの管理やソフトウェアのアップデートを常に実施するなど今後気をつけなければいけないことがわかったという声が多くあがっていました。
(H.R)

生活学科 食物栄養専攻 プロに学ぶ専門料理実習④

食物栄養専攻の2年生は、5月11日(木)に、丸の内レゾナンス・コットンクラブでシェフをされている長澤宜久先生にご指導を受けました。

メニューは『鶏胸肉のカツレツ ラタトゥイユと温度卵添え、野菜のピクルス、メランジェサラダ、フロマージュブランのブランマンジェ』の4品です。

鶏胸肉はたたくことで柔らかいカツレツになること、ラタトゥイユは野菜の甘味とビネガーの酸味でバランスよく仕上げること、ピクルスは甘味、酸味、彩りよく作ること、ブランマンジェはチーズと生クリームを良く混ぜ滑らかにすることなど素材の味を生かした調理法や、お客様のことを考えて真心をこめて料理を作る姿勢を学ぶ実習となりました。C.S

 

生活学科:食物栄養専攻 「フードプロデュース実習」

今回の授業は冨澤ファームさんに伺い、農場の見学をさせていただきました!アスパラにズッキーニ、玉ねぎ、なす、きゅうり、いんげん、ゴーヤ、トマトなどなどたくさんの成長途中の野菜たちを見せていただきました♪ゴーヤはこれから背丈が伸び、支柱で支え3~4mにもなるそうです。驚きです!トマトもまだ青くて小さいものでしたがたくさん実をつけていました。暑い方が甘くなりそうなイメージですが25℃ぐらいが適温で、ハウスの中が熱くなり過ぎないよう毎日環境を整えているそうです!
最後に、前回みんなで植えつけた枝豆ととうもろこしを見に行き、成長具合に驚きと感動でした!残念なことに枝豆の芽の一部は鳩に食べられてしまったそうです…。とうもろこしは何とあと40日後には収穫できるそうです♪
次回は玉ねぎまたはじゃがいもの収穫です♪A.I

 

食物栄養専攻 調理学実習Ⅰ

1年生の調理学実習6回目は前回に引き続き魚の3枚おろしを学びました。
今回も鯵を1人2匹ずつおろしました。
前回の授業で一通りのおろし方を学んでいるので、今回は時間をかけずにおろすことができました。
前回よりもきれいにおろすことができた学生も多く、反復練習で技術の上達を実感していました。(R.M)

生活学科:食物栄養専攻 フルーツカッティング演習

この授業はフルーツカッティングの第一人者で、フルーツアーティスト®の 平野泰三先生、平野明日香先生にフルーツカッティング、カービング(タイの伝統工芸)をご指導いただいています。他の学校にはない、ワンランク上の技術・知識の習得を目指しています。

2回目となる今回は、スイカにバナナ、グレープフルーツ、キウイフルーツのカッティングを習いました。技術だけでなくフルーツについての知識も豊富な先生から、原産国や特徴、それぞれの良いものの選び方まで教わりました!

先生の華麗なカッティング技術に目を奪われながらも、少しでも先生の技術に追いつこうとみんな真剣に取り組んでいます。

次回はいよいよ、カービングに挑戦します♪A.I

 

スポーツ大会が行われました

あいにくの雨空となってしまいましたが、

それを吹き飛ばす熱気と歓声で

2017年のスポーツ大会が開催されました。

 

繰り広げられる熱戦と、大歓声の応援で

いつも以上にクラスが一体となった時間でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

生活学科 食物栄養専攻:栄養士フィールドトレーニング「オーガニックレストランにおける栄養士の可能性」

ape cuicina naturale シェフ 島田 伸幸先生

今日は野菜や調味料をオーガニックと通常のもので食べ比べてみました。

食べ比べてみることで、その違いがわかりました。

食材の違いが分かる栄養士を目指していきたいものです。

Y.A

生活学科 食物栄養専攻:臨床栄養学実習

今回は糖尿病の食事療法の実習を行いました。

食品交換表を使用し、分類や単位数も確認しながら1日分の食事がどのようなものか勉強しました。

実習で作ったものは検食を行い、検食簿も記入します。

患者さんの気持ちになり、日々の調理のしやすさなども検討しました。

M.S

生活学科:食物栄養専攻 栄養士フィールドトレーニング 『食育の実際①』

今日は、栄養士フィールドトレーニング 子どもと食育を選択している学生が、食育の実際として『アイシングクッキー』を作りました。食育活動での気をつけるポイントを学び、実際に子どもの立場にたって、机のセッティングから、アイシングの色作りに取り組みました!日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて、クッキーに似顔絵を書き、季節のクッキーには色鮮やかなアイシングを塗り、おもいおもいのアイシングクッキーができあがりました♪感謝のメッセージを添えて完成です♪学生は誰に渡したのか?明日楽しみに聞いてみることにします♪是非、皆さんも日頃の感謝をアイシングクッキーに添えてみてはいかがでしょうか?
8/9(水)のオープンキャンパスの体験授業では、夏らしい柄のアイシングクッキーを作る予定です♪興味のある方は、ぜひお越しください!お待ちしております♪M.N

専攻科 児童生活専攻 専門コース

児童生活専攻の専攻科に進んだ学生は、6つのコースに分かれて専門的理論と実践を身に付けていきます。
コースの一つである「造形表現コース」では、浅羽聡美先生の指導のもと、8人の学生が学びを深めています。
5月の作品は、鯉のぼりの由縁を題材に、薄墨を使って、手、ヘラ、スチールウール、刷毛など様々な道具を使って表現した作品です。
金粉も使い、個性豊かな「鯉の滝登り」が出来上がりました。子どもたちに様々な造形表現を伝えることのできる保育者へと育ってほしいと思います。

おおおおおおおお

学友会の選挙が行われました

学友会の総会が行われました。

議長が進行を行い、会計委員から2016年度決算報告、
予算委員長から2017年度予算の報告が行われました。

1年生の執行部員を選出する選挙も同時に行われ、
新しい執行部がスタートしました。

生活学科 食物栄養専攻 調理学実習Ⅲ

2年生の調理学実習の3回目は『コーンクリームスープ、ローストポーク、カッテージチーズのサラダ、マーブルゼリー』を作りました。
ローストポークは大きな塊肉の表面をフライパンで焼きつけてから、オーブンで中までしっかり火を通し、カッテージチーズは牛乳から手作りしました。
マーブルゼリーはゼラチンの調理性を活かしたデザートで、コーヒーゼリーとミルクゼリーを別々に作り、それぞれをひとつの型に入れた後に熱湯で少し溶かし、更に固めて3色のゼリーに仕上げました。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻 調理学実習Ⅰ

1年生の調理学実習5回目は魚のおろし方を学びました。
えらの取り方、頭の落とし方、3枚におろすコツ等丁寧に段階を踏んで教えていただきました。
1人2尾ずつしっかり練習し、技術の修得に励んでいました。(R.M)

生活学科 食物栄養専攻 プロに学ぶ専門料理実習③

食物栄養専攻の2年生は、4月27日(木)に、ブルーノート東京・丸の内レゾナンスでシェフをされている長澤宜久先生にご指導を受けました。

メニューは、『鶏のフリカッセ、バターライス添え、きのこのマリネ、サラダセザール、キャロットラペ、りんごのブランマンジェ』の5品です。

骨付きの鶏もも肉を焼き付けてからブイヨン、生クリームを加えたコクのあるソースで煮込みました。サラダセザールのソースはマヨネーズから作り、りんごのブランマンジェは口当たりよく仕上げました。

野菜の切り方や加熱の仕方で食感よく仕上げる方法、段取りのよい調理、きれいな盛り付けの仕方等を学びました。C.S

生活学科 食物栄養専攻 プロに学ぶ専門料理実習②

食物栄養専攻の2年生は、4月20日(木)に客員教授の堀知佐子先生にご指導を受けました。

献立は、口取はだし巻き卵、小松菜の胡桃和え、サーモン幽庵焼き、酢れんこん、お造りは鯛のお造り、焚き合わせは南瓜、小芋、椎茸、海老の艶煮、絹さや、ごはんは筍御飯、香の物は柴漬け、お碗は海老真薯のお吸い物。料理ごとに盛り付け松花堂弁当に仕上げました。

全体の流れを考えながら協力して作業を行うこと、出汁を取る、野菜や魚を切る、煮る、焼く、盛り付けるすべての工程で料理の仕上がりが美味しく美しくなるように意識しながら調理することの大切さなど堀先生にご指導を受けました。C.S

 

 

 

生活学科:食物栄養専攻 栄養士フィールドトレーニング「食の世界でお金をいただくこと」

今回は森永製菓(株) ウィダートレーニングラボ 管理栄養士 細野恵美氏による講演でした。錦織圭選手、浅田真央選手、高梨沙羅選手など、一流アスリートの躍進を支える管理栄養士としての仕事について、教えていただきました。社会人として食の世界でお金をいただきつつ、自分の夢をかなえるために、今、何をすべきなのか。。。思いのこもった先生のメッセージから、今の自分、これからの自分を考える機会となりました。K.O

 

臨床検査学科 顕微鏡実習

今日の臨床検査学科の実習は、(株)ニコンインステック様より講師の先生をお呼びして顕微鏡の実習をおこないました。
顕微鏡は、実際の医療の現場においても臨床検査技師の必需品です。
今回は非常に細かく、顕微鏡の仕組みから操作法、そして日常でのメンテナンスまで細かく指導していただきました。

専攻科 児童生活専攻 ゼミ報告(教育学研究室)

5月7日(日)、教育学研究室 所属の学生・教員で 「ちひろ美術館(東京)」 に行きました。
いわさきちひろの生涯、絵本に対する想い、戦争と子ども、独特の水彩技法など、多くのことを学びました。
特に、ちひろ独特の水彩技法は、子どもと一緒に楽しめる描画方法であり、学生の保育実践力向上につながりました。

 

おおおおお

生活学科 食物栄養専攻:ライフステージの栄養学実習

今回の授業では乳児期の調理実習を行いました。

調乳体験では哺乳瓶の殺菌方法から学び、各自でミルクを作ったあと様々なミルクの飲み比べを行いました。

また離乳食も作成し、市販品との比較を行い乳児期に向いている味付け、硬さなどを確認し乳児期に必要な栄養を学びました。M.S

生活学科:食物栄養専攻 栄養士フィールドトレーニング 『料理写真の上手な撮り方』

今回は『料理写真の上手な撮り方~スマホ編~』をスタイリストの曲田有子先生に教えていただきました。ランチプレートのアレンジやケーキ、サンドイッチなどを光や背景、角度などをかえて撮影しました。先生に撮影の技を教えていただきながら、スマホで撮った写真は、どれもステキな一枚に仕上がりました!思い思いの写真に笑顔があふれる授業でした♪M.N

生活学科 食物栄養専攻 調理学実習Ⅰ

1年生の4回目の授業は前回に引き続き、切り方を学びました。
今回は『均一に剥く』ことを意識して、大根の桂むき、じゃがいもの皮むき、キャベツのせん切りを行いました。
均一に剥くことの難しさを感じながら、技術を向上させるためのコツを学びました。(R.M)

食物栄養専攻:給食管理実習Ⅰ(校内実習)その③

今日は1班DAクラス2回目の実習日でした!

メニューは、チキンライス、ポテトサラダ、ジュリエンヌスープ、いちごミルクプリンです♪ジュリエンヌスープの「ジュリエンヌ」とはせん切りを意味します。きゃべつや人参、玉ねぎをせん切りにしました。チキンライスは具材たっぷりで昔懐かしい味に、いちごミルクプリンは生の苺をミキサーにかけて作り、フレッシュに仕上げました。

作業工程通りに進まない場面もありましたが、その原因や、どうしていればよかったかなど反省会で確認し、理解を深めました。1班のDAクラスは次回が前期の最後の実習となり、次回への意気込みを新たにしていました♪

A.I

ページの先頭へ戻る