沿革・歴史

初代校長新渡戸稲造博士の意志を受け継ぎ、「心の教育」を続ける新渡戸文化短期大学 初代校長、法学博士・農学博士 新渡戸 稲造

昭和2(1927)

東京市本郷区元町(現文京区本郷2丁目)に女子文化高等学院を創立。

文化アパートメント

文化アパートメント

昭和3(1928)

専門学校令により、女子経済専門学校と改称。

初代校長:新渡戸稲造博士、副校長・理事長:森本厚吉博士。

昭和6(1931)

東京市豊多摩郡中野町(現中野区本町:現在地)にあった成美高等女子学校を引き継ぎ、経専附属高等女学校と改称。

校長は新渡戸稲造が兼任。

附属高女

附属高女

昭和8(1933)

新渡戸稲造校長逝去により、森本厚吉が校長に就任。

昭和9(1934)

女子経済専門学校、東京都中野区の現在地に移転。

昭和12(1937)

新渡戸記念館(1号館)完成。

新渡戸記念館(1号館)

新渡戸記念館(1号館)

新渡戸記念館(1号館)

新渡戸記念館(1号館)

昭和19(1944)

東京女子経済専門学校と改称し、経済科・育児科・保健科を設置。

昭和21(1946)

英文科を設置。

附属幼稚園を開設。

昭和22(1947)

学制改革により、附属高等女学校は東京経専中学校・同高等学校に改組。

昭和23(1948)

東京経専小学校を開設。

小学生

小学生

昭和25(1950)

森本厚吉校長逝去により、森本静子が校長・園長に。

学校教育法の公布により、東京文化短期大学(家政科)を設置、学長:森本静子。

東京文化高等学校・東京文化中学校・東京文化小学校・東京文化幼稚園と改称。児童研究所を新たに設置。

森本静子

森本静子

昭和26(1951)

私立学校法公布により学校法人東京文化学園を設立。理事長:橋本寛敏。

昭和27(1952)

短期大学内に医学技術研究室を開設。

医学技術研究室

医学技術研究室

昭和30(1955)

東京文化医学技術学校を開設。医学技術研究室は発展的に解消。

昭和37(1962)

森本厚吉博士の銅像を学園に設置。

森本厚吉博士の銅像

森本厚吉博士の銅像

昭和51(1976)

東京文化医学技術学校を東京文化医学技術専門学校臨床検査学科(3年制)に昇格。

昭和56(1981)

中野区本町(本校敷地内)に体育館を建設。

体育館

体育館

昭和62(1987)

桃園校舎(現・中野校舎)を新築、医学技術専門学校を移転。
専門学校東京文化学園ビジネスアカデミーを開設。

桃園校舎

桃園校舎
(現・中野校舎)

平成8(1996)

新渡戸稲造博士の銅像を学園に設置。

新渡戸稲造博士の銅像

新渡戸稲造博士の銅像

平成12(2000)

東京文化短期大学50周年。

平成14(2002)

東京文化短期大学家政科を生活学科へ名称変更。

東京文化医学技術専門学校を共学に変更。

平成15(2003)

東京文化短期大学生活学科を共学に変更。

東京文化短期大学に生活福祉専攻を新設。

平成16(2004)

東京文化短期大学に児童生活専攻、専攻科児童生活専攻を新設。

平成17(2005)

新渡戸・森本研究所を開設。

平成18(2006)

東京文化短期大学に臨床検査学科を新設。

平成19(2007)

東京文化学園80周年記念式典挙行。

平成20(2008)

法人名を新渡戸文化学園と変更。
東京文化医学技術専門学校を閉校。

平成22(2010)

東京文化幼稚園を新渡戸文化幼稚園へ名称変更。

東京文化小学校を新渡戸文化小学校へ名称変更。

東京文化中学校を新渡戸文化中学校へ名称変更。

東京文化高等学校を新渡戸文化高等学校へ名称変更。

東京文化短期大学を新渡戸文化短期大学へ名称変更。

新渡戸文化小学校、2クラス化のため杉並区和田から中野区本町へ移転。

平成23(2011)

新渡戸文化子ども園(幼稚園)、園舎を新築。杉並区和田から中野区本町へ移転。

新渡戸文化アフタースクール開校。

幼稚園舎

幼稚園舎

アフタースクール

アフタースクール

平成24(2012)

新渡戸文化子ども園(幼稚園)、二歳児保育開始。

オープンキャンパス

生活学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【食物栄養】システム制御:投稿タイトル呼び出し
【児童生活】システム制御:投稿タイトル呼び出し

臨床検査学科詳しくはこちら

システム制御:日付呼び出し
【臨床検査学科】システム制御:投稿タイトル呼び出し

キャンパスでの出来事をお伝えします COLLEGE BLOG

システム制御:日付呼び出し
Blog最新投稿タイトル呼び出し

新渡戸文化子ども園のすごい給食

ページの先頭へ戻る